C-HR LEDエディション、モデリスタの最大値引きや目標値引きは?

【車・査定】30万円~80万円の差!なぜ?

なぜ車を売るときにこんなに差が出るのか?

なぜ【一括査定】が楽・かんたん・お得なのか?

↓その理由はこちらをクリック!↓↓

CH-Rは、今までたくさんの特別仕様車やカスタマイズカーを展開してきました。

トヨタのオプションはもちろんのこと、他社のカスタム技術を使用して、見た目に大きな変化与え、C-HRがとてもかっこよく、上質な車へと変化しました。

モデリスタというと、かなり前からトヨタのオプションとして存在していましたが、2018年から別会社となり、「株式会社 トヨタカスタマイジング&ディベロップメント」という子会社になりました。


引用:http://www.toyota-ttc.co.jp/

C-HRのなかでも人気のあった、特別仕様車LEDエディションとカスタマイズカーモデリスタの値引きについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

C-HR LEDエディションの最大値引きと目標値引きは?

LEDパーツを標準装備させることで、人気が爆発したLEDエディションですが、装備以外にも低価格で、LEDパーツが装備されているということも要因の一つでした。


引用:https://cobby.jp/chr-specialmodel.html

現在では、LEDエディションは販売していませんが、発売当時の値引きについて調べてみました。

LEDエディションのような各特別仕様車の値引き額を知ることで、今後の特別仕様車が発売された際に、交渉データとして使用できるかもしれません。

発売当初は多少渋いかなという雰囲気はありましたが、通常のC-HRと同じ値引き額と考えて良いです。

LEDエディションは特別仕様車ということで、格安パッケージという印象があり、値引きは難しいと考える人が多いですが、値引きは可能でした。

C-HRだけに限らないですが、特別仕様車を発表するということは、販売台数が伸び悩み、起爆剤としてお得な装備や特別感をだし、市場を活性化させるのが狙いです。

そういうメーカー側の思惑があるので、売りたいという気持ちがとても強いわけです。

なので、やり方によっては大きな値引きができる可能性もあります!

なかには、LEDエディションが約50万円という値引きの情報もありました。

でも、そこまでの大幅な値引きはなかなか難しいと思います。

初めて買いに行って、50万円の値引きなんて正直ありえないです。

何かを組み合わせることで、50万円という値引きなら実現できなくはないでしょう。


引用:https://www.lifehacker.jp/2017/07/170721-4-mental-tricks.html

50万円の値引きを引き出すのは、とてもハードルが高すぎるので、LEDエディションの値引き額としては、20万円程度を目標にすると良いと思います。

売りたいけど、安売りしないという感じが、最近のトヨタは感じられます。


引用:https://www.suv-lab.com/column/toyota-harrier-quality/

知人がハリアーの新型が発表された際に、ディーラーで値引き交渉をしたら、たったの5万円だったそうです。

その金額の理由は、発表したばかりだからということだったそうです。

このように、数十年前のトヨタと比較すると、本当に値引き額が減ったと思います。

世界のトヨタですから、ブランド価値を落としたくないという気持ちの表れかもしれませんね。

それだけの技術は投入されているということです。

スポンサーリンク

C-HR モデリスタの最大値引きと目標値引きは?

10年以上トヨタのオプションブランドとして、数々の車をカスタマイズしてきたモデリスタですが、C-HRでは、3種類のカスタマイズを展開しています。

・BOOST IMPULSE STYLE


引用:https://www.modellista.co.jp/product/c-hr/special/boost_impulse.html

・ELEGANT ICE STYLE


引用:https://www.modellista.co.jp/product/c-hr/special/elegant_ice.html

・MODELLISTA SELECTION


引用:https://toyota.jp/c-hr/customize/m_selection/
「感性」「創造性」「喜び」を追求するモデリスタらしいデザインとなっています。

値引き額の相場や最大値引き額は、LEDエディションと同じだと思ってください。

ただモデリスタは、オプション品をつけるということなので、特別仕様車とは全くの別物となります。

全てモデリスタの装備をつけた、コンプリートカーというものを選ぶ方も多いですね。

モデリスタも別会社となり、売りたいという気持ちがとても強いでしょうね。


引用:https://cobby.jp/chr-aero.html

モデリスタのエアロパーツをつけるとなると、ノーマル状態のC-HRから約11万~約18万円のプラスとなります。

社外品のエアロをつけたとしても、モデリスタに近い価格にはなってしまうので、純正の保証があるモデリスタのほうが断然安心感があります。

モデリスタをつけて得するのは、車を売却する時です。

通常社外品のエアロとなると、マイナス査定となることが多いですが、モデリスタはプラス査定になります。


引用:https://www.aichi-toyota.jp/u-car

中古車市場の価格で比較してみました。

平成29年~30年式のモデルでGグレードで比較します。

・モデリスタエアロ装着モデル 300万円前半

・通常モデル 290万円後半から300万円前半

となっていました。

通常モデルのほうが、価格の幅があり、モデリスタエアロ装着モデルのほうが、安定した価格推移でした。

価格の幅が安定しているということは、あまり時期や車両状態に問われずに査定がプラスに働きやすいのです。

このように、中古車市場でも安定した価格で販売されているということは、査定でもプラスされやすいということになります。

モデリスタなどのカスタマイズカーは、値引きだけにとらわれずに、リセールバリューというのも期待できるということを忘れないでください。

買い替えることまでトータルで考えると良いと思います。

 

この記事が動画でご覧になれます。

スポンサーリンク

C-HR 値引きのコツと交渉術

値引き交渉についてですが、C-HRだから何か特別なことがあるわけではありません。

通常の値引き交渉と同じです。

・購入時期

・複数の販売店で競わせる

・他メーカーのライバル車と競わせる

・トヨタ車の他の車種で競わせる

以上の4つの方法しかありません。


引用:https://www.webcartop.jp/2016/11/54854

C-HRの値引き額は安定しているので、そんなに交渉を頑張らなくても、値引き目標額に近づけると思います。

飛び抜けて値引きができたという話も聞きませんし、今の自動車業界は、トヨタを筆頭に安売りしないのが特徴となっています。

C-HR LEDエディション、モデリスタ値引き まとめ

C-HRの値引き額は、特別仕様車LEDエディションだから、カスタマイズカーモデリスタだからということで値引き額が変わるということはほとんどなく、安定した値引き額をキープしています。

値引きが少ないということは、人気があり、中古車市場でもある程度在庫があるということになります。

なかでもモデリスタは人気があるので、多少高くてもリセールバリュー(売るときの価格)も高いのでオススメします。

どのモデル、グレードを購入しても、値引き額はほとんど変わらないので、ご自身の予算、欲しい装備などに合わせて、納得のいく車を購入してほしいです。

欲しかったSUVを値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

「SUVが欲しいけど予算オーバーだ…」

「新型SUVをなるべく安く買いたい…」

「もう少し上のグレードが欲しいけど高い!」

「値引き交渉がどうも苦手で…」

「今の愛車を高く売りたい!」

など、SUVの購入を検討してるけど、悩みが尽きない…

車を購入するときは、いろんな悩みが出てきますね。

家族や友達に相談しても、どうにもならないし、クラウンには手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使わないと損します!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

一括査定サイトを使うと、大手買取会社が最大10社であなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的にあなたの車の価格が吊り上がるのです!

車の査定は後回しにすると損・損・損!!