SUVファン

人気SUVについての総合サイト

C-HRの値引き情報と相場はいくら?限界値引きと交渉術!!

C-HRの値引き情報と相場はいくら?限界値引きと交渉術!!

【車・査定】30万円~80万円の差!なぜ?

なぜ車を売るときにこんなに差が出るのか?

ディーラーは安く下取りするので絶対ダメです!

完全無料、1分ほどであなたの愛車の査定額がわかります!

コンパクトSUVの中では好評な売り上げを見せるトヨタC-HR。

ハイブリッドモデルは高額になるので値引き情報や値引きの相場が気になります。

さらに限界値引きを引き出せる交渉術に関しても触れてみます。
それではご覧ください。

スポンサーリンク

C-HRの値引き情報リポートと相場はいくら?

C-HRの値引き情報と相場はいくら?限界値引きと交渉術!!

画像転載:https://www.aichi-toyota.jp/

C-HRの値引き情報を調べると、だいたい似たような金額となっています。

まず最初の値引き額が15万円。

そこから交渉を重ねていき、20万円から25万円辺りが値引きのラインになります。

このような値引き額の話になると、

『そんな値引きをしてもらったことがない』
『値引きは一律10万円でそれ以上は出来ないと言われた』

といった意見が出てきます。

それは間違っていません。

 

値引き額を引き出すには、ディーラーの営業マンが、

『このお客様にはC-HRを売りたい』

と思わせないとダメです。

営業マンとの付き合いは車の購入だけではありません。

車の購入後、定期点検や車検、事故や保険への対応もあります。

C-HRという車を通じて、長年付き合っていくことになります。

 

そんな営業マンに最初から

『値引きはもっとできるよね?』

などと聞いたら、営業マンは売る気が無くなってしまいます。

 

営業マンが売らないと決めたら、そのお客にC-HRは売りません。

さらに悪いことに、その一人の営業マンの判断が販売ディーラー全ての判断に繋がります。

営業マンも商売ですが、販売ディーラーも商売です。

 

お客様対応した営業マンが

『あ、このお客様に車を売るとトラブルになるな』

と判断されたらゲームオーバーです。

その判断が1店舗だけでなく、系列全店舗に伝わります。

結果として、その系列ディーラーでC-HRを買うことができなくなります。

C-HRの値引き情報と相場はいくら?限界値引きと交渉術!!

画像転載:https://nagoya.toyopet-dealer.jp/

『営業マンは車を売りたいだろうから強気で行こう』

『値引きが渋いからもっと強気に出よう』

と思ったらダメです。

ユーザーと営業マンはあくまで対等の立場です。

営業マンが自分より格下と見下した時点で、値引きは引き出せません。

『営業マンはC-HRを売りたい』ではなく、

『私はC-HRが欲しい』と営業マンに思わせることが重要です。

 

『営業マンに弱気を見せたら値引きを渋るのでは?』

と思われる方も多いでしょうが、それは過去の話です。

本気で欲しいと感じた相手には、営業マンはそれなりの誠意を見せます。

それが値引きです。

 

値引きを引き出すための駆け引きをしようすると、逆にそんなお客さんは相手にしません。

他にも買ってくれるお客さんはたくさんいます。

値引きを引き出すために駆け引きしていませんか?

そんな駆け引きは絶対NGです。

スポンサーリンク

C-HRの限界値引きと目標額は?

C-HRの値引き情報と相場はいくら?限界値引きと交渉術!!

画像転載:https://www.netznagoya.co.jp/

ではC-HRの限界値引き額と目標額はどのくらいでしょうか?

あくまで個人的意見ですが、そのような限界額や目標額は存在しません。

そもそも大前提として『値引き額』という金額が曖昧なものだからです。

例えばあるユーザーが『値引き20万円から35万円になったので決めました!』と言ったら『値引き35万円』という額が成立します。

でもその内訳は違ったりします。

新車値引きは20万円のまま変わらず、査定額0円の下取り車を15万円で下取り

これで「トータル35万円の値引き」というケースが多いです。

この場合、実質の値引きは20万円です。

 

でもユーザーは15万円余分に値引きしてもらったと思い込み、35万円値引きと言います。

ユーザーの思い込みと、ディーラーの手法のズレが生み出した結果です。

そもそも、『査定額0円の解体車を15万円で下取りなんて無理では?』と思われる方々も多いかと思います。

実はこれ、新車ディーラーなら可能です。

 

トヨタはもちろん、日産やホンダ等、国産ディーラーならどこでも可能です。

メーカーはディーラーに、『下取り施策』という値引きを展開しています。

条件にマッチしたら、査定額0円の解体車でも10万円以上で下取り可能です!

C-HRの下取り、値引き

画像転載:https://221616.com/

その10万円はディーラーが負担するのではなく、メーカーであるトヨタが負担します。

その場合、査定額0円の解体車が20万円にも30万円にもなります。

ディーラー査定は買取店より安いというのは、よく目にします。

 

ですが実際に買取店が査定額0円の解体車を10万円で買取しますか?

絶対にしませんね!

 

ですがディーラーは可能です。特に解体査定の車は強いです。

ユーザーも解体査定の車を15万円で下取りするなんて思っていません。

例えばトータル値引き38万円になった場合、解体査定の下取り車がある場合がとても多いです。

ユーザーは『38万円値引きしてもらえた!』と喜んで情報を流し、それを見た方々がその数字をターゲットとします。

 

C-HRで38万円値引きになれば、限界値引きを超えることになります。

ですが実際は値引き20万円、解体査定の下取り車をメーカー施策で18万円で下取りというカラクリなんです。

これでトータル値引き38万円の成立で、ディーラーの値引きは20万円です。

これが限界値引きの正体です。

 

そんな値引き額の情報を真剣に検討する意味はありません。

それより以下の方法で値引きを引き出す検討をする必要があります。

 

この記事が動画でご覧になれます。

C-HRの値引き交渉のコツは?

C-HRの限界値引きと相場

画像転載:https://toyota.jp/c-hr/

それでは実際にC-HRの値引きを引き出す交渉術をお伝えします。

まずは営業マンに、『C-HRが欲しい』と思わせることが大事です。

そのためには、C-HRという車がどんな車なのか把握する必要があります。

C-HRはコンパクトSUVです。

ただSUVと言っても、アウトドアやウィンタースポーツには本格的には使えず、見た目だけの都市型SUVです。

そしてSUVとしては、環境性能に秀でていることが特徴です。

 

ハイブリッド車の燃費はとても優れています。

つまり、『環境と財布にやさしいかっこいいSUVが欲しい』と思わせればOKです。

そしてそれに合致する車であれば、競合に引き出すのは有効です。

競合にピッタリなのがマツダCX-3です。

『ホンダのヴェゼルハイブリッドのほうがいいのでは?』と思われる方も多いでしょう。

 

個人的意見としては、ヴェゼルハイブリッドではC-HRより商品力が劣ります。

動力性能も大差なく、実燃費もヴェゼルハイブリッドのほうが悪いです。

トヨタの営業マンとしては、『ヴェゼルハイブリッド相手なら強気で行ける』と思うかもしれません。

 

ここで登場するのがCX-3です。

CX-3にはハイブリッドはありませんが、クリーンディーゼルがあります。

クリーンディーゼルはC-HRと同等の環境性能を持ち、優遇税制も同じように受けられます。

そして動力性能はCX-3が勝ります。

極めつけはランニングコストです。

 

実燃費はC-HRが若干勝るでしょうが、ガソリン車のC-HRに対しCX-3の燃料は安価な軽油です。

ガソリンと軽油の価格差は大きく、ランニングコストはCX-3のほうが安いです。

CX-3は動力性能と環境性能の両方でC-HRより優れており、さらに価格も安いです。

 

真剣にコンパクトSUVを検討しているユーザーであれば、C-HRとCX-3はバッチリ競合します。

しかも総額はCX-3が下回るので、こんな魅力的な競合相手はいません。

C-HRを真剣に商談するなら、CX-3の競合は絶対に行いましょう。

 

さらにC-HRで有効なのが、トヨタ販社同士の競合です。

トヨタの販売チャンネルは4つ存在します。

・トヨタ店

・トヨペット店

・ネッツ店

・カローラ店

の4店系列です。

C-HRの購入店

画像転載:https://www.corolla-chukyo.co.jp/

C-HRは、この4店全てで取り扱っており、系列が異なれば別会社なので、競合が生まれます。

しかも同じ車同士の競合なので引くに引けない戦いになりますよ!

他社ライバル車と競合するより、トヨタ系4社のみで競合したほうが効率がいいかもしれません。

 

基本的に最低4社で競合が可能ですが、これが愛知県になると、もっと増えます。

トヨタ店とトヨペット店の会社は1社ずつですが、ネッツ店は3社あります。

カローラ店は4社あります。

つまりC-HRの競合で、最大9社競わせることが可能です。

 

もうこれだけの会社数になると、一括査定と変わらず、とても激しい競争になります。

特にトヨタ系はディーラー間の競争が激しいので、トヨタディーラー同士の競合を強くおすすめします。

スポンサーリンク

C-HRの値引き情報、相場 まとめ

画像転載:https://toyota.jp/c-hr/

いかがでしたでしょうか?

 

限界値引き額や目標額など存在しないと厳しいことを書きましたが、値引きを引き出すことは可能です。

そのために最も重要なのは、営業マンに『このお客様にはC-HRを売りたい』と思わせることです。

そのためには、『私はC-HRが欲しい』と強くアピールすることが必須です。

値引きを引き出そうと駆け引きを匂わせるのは逆にNGです。

 

営業マンを本気にさせるためには、こちらも本気になりましょう!

今回お伝えした内容以外に、C-HRをさらにお得に購入する方法がるので、ぜひ試してみてくださいね!

欲しかったSUVを値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

車は下取りではなく買取りを使わないと損します!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

無料で大手買取会社が最大5000社で車の買取価格を競ってくれるので、あなたの車の価格が吊り上がるのです!

結果的に、ディーラーに下取りを出すよりも欲しい車を安く購入することができます。

車の査定は後回しにすると損・損・損!!