SUVファン

人気SUVについての総合サイト

マツダ6の値段をアテンザと比較!最新モデルの見積もりはいくら?

マツダ6の値段をアテンザと比較!最新モデルの見積もりはいくら?

下取りは必ず一括査定サイトを使わないと損します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

一括査定サイトを使うと、大手買取会社が最大10社であなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的にあなたの車の価格が吊り上がるのです。

今の愛車の条件を入力するだけで、「無料」ですぐに価格がわかるので、まずは愛車の値段を調べることをオススメします。

マツダ6値引き

「マツダ アテンザ」はマイナーチェンジを行い、最新モデルとなる「マツダ6」へと車名を変更させ、発売を開始しました。

車を購入する際に欠かせないのが「値引き」ですが、同じ車種でもグレードにより異なます。
また値段は見積もりを取った後、交渉の上で決定します。

今回の記事では、最新モデル「マツダ6」と「マツダアテンザ」の値段の違いと見積もりについてご紹介します。

スポンサーリンク

マツダ6とアテンザの値段を比較

https://www.youtube.com/

最新モデル「マツダ6」と「マツダアテンザ」の値段についてお話しします。
値段は車をローンで買われる方にとって、毎月の負担額に影響しますので、しっかりチェックしたいところです。

マツダ6の値段

まずは、最新モデル「マツダ6」の値段についてグレードごとの違いについて細かくみてみましょう。

マツダ6グレード価格表

※PRはPROACTIVEの略です。
※Paはpackageの略です。

セダンとワゴンの設定がある「マツダ6」ですが、同じグレードなら値段は変わりません。

またグレード名に「XD」と書かれているものがディーゼル車で、その他はガソリン車です。

またATとは「オートマ車」、MTがマニュアル車です。

最新モデル「マツダ6」の値段を全体的に見てみると、ガソリン車に比べてディーゼル車の値段が高くなっており、また2WD車に比べて4WD車の方が高い傾向にあります。

「マツダ6」全体ではグレードにより最大140万円程度の値段の差があります。

アテンザの値段

続いて「マツダアテンザ」の値段についてお話しします。

ここでご紹介する値段は2018年6月~2019年8月までに生産されたモデルです。

アテンザグレード価格表

※PRはPROACTIVEの略です。
※Paはpackageの略です。
※T発売ターボ車です。

最低価格は「マツダ6」が284万円、「マツダアテンザ」が283万円ですのでほとんど変わりません。
また最上級グレードを比較しても、「マツダ6」が421万円、「マツダアテンザ」が419万円ですので、こちらもほとんど変わりません。

一般的に最新モデルが販売されると、旧型に比べて10%程度値段が高くなりますが、「マツダ6」の場合値段はほぼ変わらないので、購入者の負担額も変わらないものとなっています。

スポンサーリンク

最新モデル マツダ6の見積もりはいくら?

この章では、「マツダ6」の見積り方法の説明と見積り金額がいくらになるかシミュレーションしてみます。

インターネットで「マツダ 簡単見積り」という言葉で検索すると、マツダの見積り画面に飛ぶことができます。
いくつかのマツダ車が表示されますが、その中から「マツダ6」を選びます。

まずはグレードを選択した後、好みのボディーから・シートカラー・メーカーセットオプションなどを選択します。

例えばグレード20S(価格2,872,800円)において、一例として以下のような装備やオプションを選択してみました。

・ボディーカラー 追加料金なし
・シートカラー 追加料金なし
・メーカーセットオプション 選択なし

ここまでで、車両代金合計が2,840,400円となります。

また諸費用としては、

・リサイクル費用12.630円
・登録諸費用69,100円

これら以外に税金・保険料として、

・自動車取得税71,00円
・自動車重量税49,200円
・自賠責保険(37ヶ月)36,780円
・自動車税(9月分)19,700円

の合計176,680円が発生するため、
お支払い総額3,098,810円となります。

このように諸費用の負担が結構大きいということが分かります。

スポンサーリンク

下取りは損!買取がおすすめ!!

マツダ6セダン

新車を購入する際に、実質的に安くしたいなら今お持ちの車をできるだけ高く売るのがいいでしょう。

車を売る方法としては「下取り」と「買取」がありますが、それらの違いと買取の方がオススメである理由についてお話しします。

下取りとは?

「下取り」とは、新車の販売店(今回であればマツダの販売店)に引き取ってもらい、その引取り金額を新車の値段から差し引いてもらうことです。

今お持ちの車の売却と、新車購入が同じ所でできるので手間がかかりませんが、新車の販売店は新車販売で利益をあげようとするため、今お持ちの車をできるだけ安く手にいれようとします。

マツダディーラー

引用:https://www.webcartop.jp/2016/07/45282

また中古車相場に合わない金額を提示するため、さらに不利な条件になることもあります。

車の販売店は車の査定の専門家ではないため、不当に安い値段で売ってしまいかねないデメリットがあります。

新車が納車されるまで、今お持ちの車に乗れるというメリットはあるものの、総合的に考えるとオススメできません。

買取とは?

車買取

一方の「買取」とは、中古車の専門店などに今お持ちの車を売却して、現金を手にいれる方法です。
新車の販売店と決定的に違うのは、「車査定の専門家」であることです。

中古車販売店は中古車を販売することでしか利益を上げることはできません。
また車を厳しく査定するプロでもあります。

できるだけ有利な条件を引き出すには、複数店舗で競争させて一番高い業者に決めれば、ディーラーで下取りしてもらうよりも高く引き取ってもらえます。

その際ナビなどの装備品やパーツが付いていることを積極的にアピールすることをオススメします。

中古車販売店の業界は競争が激しく多種多様の中古車を常にキープしておかないと、車購入者の選択肢が広がりません。

そのため、買取させてもらおうと車のオーナーに有利な条件を提示することが多くなります。

より高く愛車を売る方法はこちらをご覧ください。↓↓↓↓

マツダ6最新モデルの見積もりまとめ

マツダ6値引き

引用:https://www.excite.co.jp/news/article/Ignite_168328/

いかがでしたか?
今回の記事では、最新モデル「マツダ6」と「マツダアテンザ」の値段の違いと見積もりについてご紹介しました。

「マツダ6」は先代の「マツダアテンザ」の良さを引き継いだだけでなく、車両価格もあまりかわらないため購入希望者にとって嬉しい限りです。

洗練されたデザインを持つ「マツダ6」には細かいグレード設定があるため、見積り段階から、車へのこだわりを販売店に伝えるだけでなく、中古車販売店には今お持ちの車をできるだけ高く買ってもらうようにして下さい。

今回の記事を読んで、「マツダ6」と「マツダアテンザ」の値段の違いや見積りの大切さについて知っていただければと思います。

欲しかったSUVを値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

「SUVが欲しいけど予算オーバーだ…」

「新型SUVをなるべく安く買いたい…」

「もう少し上のグレードが欲しいけど高い!」

「値引き交渉がどうも苦手で…」

「今の愛車を高く売りたい!」

など、SUVの購入を検討してるけど、悩みが尽きない…

車を購入するときは、いろんな悩みが出てきますね。

家族や友達に相談しても、どうにもならないし、クラウンには手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使わないと損します!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

一括査定サイトを使うと、大手買取会社が最大10社であなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的にあなたの車の価格が吊り上がるのです!

車の査定は後回しにすると損・損・損!!