マツダ6ターボの馬力は230ps!?スペックはV8エンジン並みのトルク!

下取りは必ず一括査定サイトを使わないと損します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

一括査定サイトを使うと、大手買取会社が最大10社であなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的にあなたの車の価格が吊り上がるのです。

今の愛車の条件を入力するだけで、「無料」ですぐに価格がわかるので、まずは愛車の値段を調べることをオススメします。

マツダ6値引き

マツダは長年愛されている「マツダアテンザ」の車名を「マツダ6」に変更し、2019年8月から発売を開始しました。
今回のモデルチェンジでは、新たに「2.5リッターターボエンジン」が導入され、さらなるパワーを楽しむことのできる車に進化しました。

走り屋のイメージのあるターボ車ですが、「走りは楽しむことができても、実際の加速感はどうなの?」と疑問に思う方が多いでしょう。

今回の記事では「マツダ6」のターボ車の性能、またターボ車のメリットとデメリット、人気のボディカラーについてご紹介します。

スポンサーリンク

マツダ6ターボの馬力とトルク、加速感はどう?

ターボ車の魅力は何と言ってもエンジンパワーですが、「マツダ6」のターボ車の場合はどれくらいの加速力や性能があるかを見てみましょう。
「マツダ6」には様々なグレードがありますが、ターボ車の設定があるのが、ディーゼル車の全車とガソリン車の「25ST S Package」のみとなっています。

今回のフルモデルチェンジでは、「マツダアテンザ」に搭載されていた従来の2.2リッターエンジンをさらに進化させ、「マツダ6」では、「SKYACTIV-G 2.5T」というエンジンを導入しました。
最高で230馬力を発揮し、4リッターエンジンに匹敵するトルク、ドライバーのアクセル操作をスムーズに伝えるレスポンスの早さなど、快適な走りを実感できる仕上がりとなっています。

マツダ6ターボ車の口コミ

まぁ、パワフル!
アクセル一踏みからの出足が軽いし余裕のあるパワー感で頭打ちがかなり先にあるんだろうという感じ。
ブレーキは制動良くなってると思います。他のマツダ車より好みの制動。

スポンサーリンク

ターボ車のメリット、デメリットとは?

マツダ3ターボ車

引用:https://www.webcartop.jp/2016/06/44635

ターボ車には様々なメリットやデメリットがあります。
「マツダ6」のターボ車を購入する場合、検討するのに欠かせないメリットとデメリットについてお話しします。

ターボ車のメリット

ターボ車のメリットを一口で言うと「高出力、高トルク」です。
ターボ車は同じ排気量の車と比較しても、走行性能がアップします。

例えば高速道路で入口から本線へ合流する際にスムーズに加速するので流れに乗りやすいといったメリットを感じることができます。
また信号待ちの後の心地よい加速感を実感できるのも魅力の1つとなっています。
そのためストレスを感じにくい走りができるのがウリとなっています。

  • 「マツダ6」はミドルサイズの車でありながら、ターボ性能を活かし、4,000ccクラスのV8エンジン相当のパワーを持つ車となっています。

ターボ車のデメリット

ターボ車のデメリットは、パワーを得るためにエンジンの出力を上げようとすると、どうしても燃費が悪くなることです。

カタログ燃費はWLTCモードで12.4km/L

ターボ車の運転に慣れない間はターボを効かせる前後の出力の違いに戸惑いを感じることが多いという面もあります。

また、ターボ車以外の車と比較して、車から発生する音が大きいので住宅街などを早朝や深夜に走行するのに抵抗を感じる方もいます。

このように「マツダ6」のターボ車は燃費の面ではターボ車以外の車と比較すると劣りますが、優れたエンジン性能を発揮することでストレスの少ない走りを楽しむことができる車と言えるでしょう。

では、マツダ6のターボ車で人気のあるボディーカラーはどんな色なのでしょうか?

スポンサーリンク

マツダ6ターボのボディーカラー 人気カラーは?

車のイメージを決める要素には様々なものがありますが、中でも大きなウエイトを占めているのが「ボディカラー」です。
「マツダ6」のターボ車に設定されている数々のボディカラーを見て、どれにするか迷う方が多いでしょう。

「マツダ6」のターボ車の中でも特別塗装色として人気の高い、「ソウルレッドクリスタルメタリック」と「マシーングレープレミアムメタリック」というボディカラーについてお話しします。

ソウルレッドクリスタルメタリック

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda6/grade/

マツダ車と言えば「レッド」とイメージする方は多いのではないでしょうか?
「ソウルレッドクリスタルメタリック」は漆塗りのような光沢があり、深みのある上質なイメージのある仕上がりとなっています。

「メタリック」は鉄とアルミでできており、過度に派手にならない輝きを放ち、とても高級感があります。
一般的にレッドは個性が目立つ面がありますが、「ソウルレッドクリスタルメタリック」は落ち着きのある深い色合いとなっています。

マシーングレーププレミアムメタリック

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda6/grade/

「マツダ6」のターボ車で選択できるもう1つのボディーカラーが「マシーングレープレミアムメタリック」です。

特別塗装色に設定されており「ソウルレッドクリスタルメタリック」とは一味違う輝きを放ちます。

レッドの場合、好まれる年齢層や性別に偏りがありますが、「マシーングレープレミアムメタリック」はどのような年齢層の方にも受け入られるボディカラーです。
「マシーングレープレミアムメタリック」はどちらかと言えば、グレーに近いカラーです。

グレーは暗くなりがちなカラーですが、「マシーングレープレミアムメタリック」はメタリックの輝きがあり、落ち着きがありながら暗くもならない上質な雰囲気があります。

このように「マツダ6」には、乗るほうだけでなく見るほうの気持ちも高ぶらせてくれるボディカラーが設定されており、よりドライブが楽しいものとなるでしょう。

マツダ6ターボの馬力、トルク まとめ

いかがでしたか?
今回は「マツダ6」のターボ車の性能、ターボ車のメリットとデメリット、人気のボディカラーについてご紹介しました。
「マツダ6」のターボ車はターボ車が持つ走行性能を楽しむことができるだけでなく、様々なボディカラーの中から好みのものを選ぶことができ、デザインの良さでも満足できるものとなっています。

「マツダ6」はドライバーがターボの性能を最大限に引き出すことで、高級セダンに負けないパワーを実感できるでしょう。

今回の記事を読んで、「マツダ6」の魅力に触れていただければと思います。

欲しかったSUVを値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

「SUVが欲しいけど予算オーバーだ…」

「新型SUVをなるべく安く買いたい…」

「もう少し上のグレードが欲しいけど高い!」

「値引き交渉がどうも苦手で…」

「今の愛車を高く売りたい!」

など、SUVの購入を検討してるけど、悩みが尽きない…

車を購入するときは、いろんな悩みが出てきますね。

家族や友達に相談しても、どうにもならないし、クラウンには手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使わないと損します!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

一括査定サイトを使うと、大手買取会社が最大10社であなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的にあなたの車の価格が吊り上がるのです!

車の査定は後回しにすると損・損・損!!