マツダ6とレヴォーグを徹底比較!価格やサイズ、燃費・安全装備はどっちが良い?

下取りは必ず一括査定サイトを使わないと損します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

一括査定サイトを使うと、大手買取会社が最大10社であなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的にあなたの車の価格が吊り上がるのです。

今の愛車の条件を入力するだけで、「無料」ですぐに価格がわかるので、まずは愛車の値段を調べることをオススメします。

マツダ6

「マツダ6」は2019年5月に「マツダ アテンザ」からマイナーチェンジを行った車で、同年8月から発売が開始されました。
一方の『スバル レヴォーグ』は2019年6月から発売が開始されたスポーツワゴンです。

このライバル的な存在である「マツダ6」と「スバルレヴォーグ」ですが、「違いはどこにあるの?」と疑問に思う方も多いでしょう。

今回の記事では、「マツダ6」と「スバルレヴォーグ」の価格・サイズ・実燃費・装備について比較してみます。

スポンサーリンク

マツダ6とレヴォーグの価格とサイズ比較!


この章では、「マツダ6」と「スバルレヴォーグ」の価格について比較してみます。

価格は一括で払う方でなければ、毎月の負担額に、サイズは駐車場への入庫条件などに直接関わる部分ですので、しっかり比較してみて下さい。

車両本体価格の違い

まずは、「マツダ6」の車両本体価格についてグレードごとの違いについて細かくみてみましょう。

マツダ6の車両本体価格

「マツダ6」の車両本体価格は次のようになっています。

グレード 駆動方式 AT/MT 車両本体価格
20S 2WD AT 2,840,400円
20S PR 2WD AT 3,034,800円
25S L Pa 2WD AT 3,569,400円
25T S Pa 2WD AT 4,239,000円
XD 2WD AT 3,250,800円
XD 4WD AT 3,448,400円
XD PR 2WD AT 3,445,200円
XD PR 2WD MT 3,449,200円
XD PR 4WD AT 3,682,800円
XD PR 4WD MT 3,736,800円
XD L Pa 2WD AT 3,979,800円
XD L Pa 2WD Mt 3,979,800円
XD L Pa 4WD AT 4,217,400円
XD L Pa 4WD Mt 4,214,400円

※PRはPROACTIVEの略です。
※Paはpackageの略です。
※「XD」がつくものがディーゼル車で、それ以外はガソリン車です。

「マツダ6」の場合、セダンもワゴンも共通のグレードと車両本体価格が設定されています。
全体を比較すると、装備などにもよりますが、軽油を使い、燃費が良いディーゼル車の方が高くなっています。
比較すると最大では140万円程度の差があります。

スバル レヴォーグの車両本体価格

一方の「スバルレヴォーグ」の車両本体価格は次のようになっています。

排気量 グレード 車両本体価格
1.6L E ターボ 2,915,000円
1.6L E AWD 2,650,000円
1.6L ES 3,003,000円
1.6L ES AWD 2,730,000円
1.6L ES VS ターボ 3,135,000円
1.6L ES VS AWD 2,850,000円
1.6L GT-S E ターボ 3,135,000円
1.6L GT-S E AWD 2,850,000円
2.0L GT-S E ターボ 3,685,000円
2.0L GT-S E AWD 3,350,000円

※EはEyesightの略です。
※SはSmart Editionの略です。
※VSはV-SPORTの略です。

同じグレードであれば、ターボ車がAWD車と比較して30万円程度高くなっています。

また「マツダ6」の車両本体価格が300万円~400万円近くの設定が主流であるのに対し、「マツダレヴォーグ」は300万円前後になっています。

両車の車両本体価格を比較すると「マツダ6」の方が価格帯が高くなっています。

サイズの違い

続いて「マツダ6」と「スバルレヴォーグ」のサイズについて比較してみます。

サイズには大きく分けて、

・ボディーサイズ
・室内サイズ

があります。

マツダ6のサイズ

「マツダ6」のボディーサイズと室内サイズは次のようになっています。

ボディーサイズ

全長 全幅 全高
4,865mm 1,840mm 1,450mm

室内サイズ

室内長 室内幅 室内高
1,960mm 1,550mm 1,170mm

※サンルーフ装着車の室内高は1,160mmです。

全長や全幅は高級セダンと比較してもひけをとらないサイズです。

また室内長が2m近くあるので、ゆったり快適に過ごせるサイズと言えます。

スバル レヴォーグのサイズ

一方の「スバル レヴォーグ」のボディーサイズと室内サイズは次のようになっています。

ボディーサイズ

全長 全幅 全高
4,690mm 1,780mm 1,495mm

室内サイズ

室内長 室内幅 室内高
2,005㎜ 1,490㎜ 1,205㎜

ボディーサイズは「マツダ6」よ比較するとコンパクトにまとまっていますが、室内の長さや高さは上回っており、よりゆったり過ごすことができます。

では、気になる燃費はどのような結果になるのでしょうか?

スポンサーリンク

マツダ6とレヴォーグの実燃費比較!

この章では「マツダ6」と「スバルレヴォーグ」の実燃費を比較してみます。

燃費が悪いと長く車を維持するのが難しくなるので、しっかりチェックして下さい。

マツダ6の燃費

「マツダ6」の燃費はガソリン車とディーゼル車では次のようになっています。

「マツダ6」ではWLTCモードで燃費を計測しています。

・ガソリン車

モード 燃費
WLTC 12.4~15.0km/L
市街地 9.3~11.1km/L
郊外 12.6~15.4km/L
高速道路 14.3~17.2km/L

 

・ディーゼル車

モード 燃費
WLTC 17.0~19.6km/L
市街地 13.6~16.5km/L
郊外 16.6~19.3km/L
高速道路 19.6~21.9km/L

ガソリン車とディーゼル車の比較では、ディーゼル車の方が低燃費であり、4~5km/L程度の差があることが分かりました。
また高速道路では20km/L程度まで燃費が伸びるため、燃料費を節約できます。

スバルレヴォーグの燃費

一方の「スバルレヴォーグ」ではJC08モードで燃費を計測しています。

排気量 燃費
1.6L 16.0km/L
2.0L 13.2km/L

2.0Lと比較すると、1.6Lの方が3㎞/L程度燃費がいいようです。
「マツダ6」との実燃費の比較ですが、WLTCモードの方がより実態にあっている、つまりより厳しい数値が算出されるので、「マツダ6」の方が燃費が良いという結果が出ました。

スポンサーリンク

マツダ6とレヴォーグの装備はどっちがいい?


この章では「マツダ6」と「スバルレヴォーグ」の装備について見てみましょう。

装備と言っても様々なものがありますが、ここでは安全装備について比較します。

マツダ6の装備

「マツダ6」の安全装備は「MAZDA PROACTIVE SAFETY」と呼ばれています。

ドライバーのために、危険ををすばやく認知し運転操作をサポートする技術です。

具体的には、

マツダ6の安全装備

・アダプティブ・LED・ヘッドライト(道路状況に応じて光の向きなどを制御する)
・アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(前方の歩行者などを検知する)
・SKYACTIV-BODY(万が一の衝突でもキャビンの損傷を最小限にするボディー)

などがあり、安全性には優れた車です。

スバルレヴォーグの装備

「スバルレヴォーグ」の装備についても見てみましょう。

スバルレヴォーグの安全装備

・LEDハイ&ロービームランプ(ハイビームとロービームを1灯で切り替えられる)

・ステアリング連動ヘッドランプ(カーブの先を照射することで歩行者などを素早く認知)

・シートベルト警告(後席中央以外に着座センサーを備え、シートベルトを装着するよう警告灯やブザーで知らせる装備)

・VDC(横滑りなどから車の動きを制御する装備)

などがあります。

このように「マツダ6」も「スバルレヴォーグ」も安全については甲乙つけがたい装備が充実しています。

マツダ6とレヴォーグの比較 まとめ

マツダ6

いかがでしたか?

今回の記事では、「マツダ6」と「スバルレヴォーグ」の価格・サイズ・実燃費・装備について比較してみました。

車に何を求めるかは人それぞれですが、「マツダ6」も「スバルレヴォーグ」も共に価格に見合った広い室内・低燃費・充実した安全装備を誇ります。

レヴォーグ

今回の記事を読んで、両車の魅力や違いについて知っていただければと思います。

どちらの車両も価格帯は高めとなっているので、購入時に値引き価格よりもさらにお得に購入する方法を知っておくことをおすすめします!

その方法についてもぜひご覧くださいね!

欲しかったSUVを値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

「SUVが欲しいけど予算オーバーだ…」

「新型SUVをなるべく安く買いたい…」

「もう少し上のグレードが欲しいけど高い!」

「値引き交渉がどうも苦手で…」

「今の愛車を高く売りたい!」

など、SUVの購入を検討してるけど、悩みが尽きない…

車を購入するときは、いろんな悩みが出てきますね。

家族や友達に相談しても、どうにもならないし、クラウンには手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使わないと損します!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

一括査定サイトを使うと、大手買取会社が最大10社であなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的にあなたの車の価格が吊り上がるのです!

車の査定は後回しにすると損・損・損!!