SUVファン

SUVをメインにした車の総合サイト

マツダ6の税金はいくら?維持費は?燃費や税金、保険の年間費用を検証!

マツダ6の税金はいくら?維持費は?燃費や税金、保険の年間費用を検証!

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

①ディーラーでの下取り、買取店は大損!

②売却はオークション型の「安心車jp」が一番高い!

③購入の際、ある方法でディーラーと値引き交渉!

大幅値引きでグレードアップやオプションをつける!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・最大50万円高く売れる

45秒であなたの車を無料査定してみる

「マツダ6」に限らず、車を維持するには燃費・税金・保険料など様々な維持費がかかります。

今回、マツダ6の年間維持費について、年間の走行距離を1万キロと仮定して算出しました。

税金、保険、ガソリン代などをトータルすると年間維持費は一体どのくらいになるのかを検証します。

「マツダ6」は長年「アテンザ」として親しまれてきた車を2019年7月に車名を変更し、販売を開始したものです。

今回のモデルチェンジではスポーツタイプのグレードも設定され、ますます魅力のある車として登場しています。

今回の記事を読めば「マツダ6」を維持するのに必要な燃費・税金・保険料などの維持費について知ることができます。

また、動画でも解説していますので最後までご覧くださいね!

スポンサーリンク

マツダ6の燃料代は年間いくら?

マツダ6
引用:https://www.mazda.co.jp/cars/mazda6/

まずは「マツダ6」の燃料代がどの程度になるかお話しします

燃料費は日々発生する費用なので気になる方が多いでしょう。

「マツダ6」には、いくつかのグレードが設定されていますが、ここでは人気の高い「2.2 XD Lパッケージ(軽油)」を例に挙げてお話しします。

1年間のガソリン代がいくらになるかは、実際の燃費と走行距離である程度予測できます。
「 2.2 XD Lパッケージ」の実際の燃費は16km/L程度です。

年間のガソリン代は?

仮に1L当たり140円で、1年間に10,000キロ走行したとすると、10.000÷16=625L×140円=年間87,500円
87,500÷12ヶ月=1ヶ月7,291円
となり、1か月当たり7,000円近くの燃料代がかかります。

もちろん燃費はアイドリング・急発進・急加速などを控えたり、タイヤの空気圧を適正にしておくことで良くなります。

またエアコンの使用状況・気候・道路状況なども大きく影響します。

燃料代は高速道路や山間部などでは高くなるので、普段からできるだけ安い所で入れるようにしましょう。

また特定のガソリンスタンドで会員になると割引を受けることもできます。

燃料代は週末ドライバーであれば、それほどかかりませんが、通勤や買い物の足としてひんぱんに使う方であれば、上記の1か月当たり7,000円よりも多くの費用がかかると思われます。

そのため、普段から低燃費を意識した走りを心がけたり、少しでも安いガソリンスタンドを探すなどの工夫が必要です。

スポンサーリンク

マツダ6の税金と保険代はいくら?

マツダ6(2018年モデル) 試乗レポート : 海外自動車試乗レポート

次に「マツダ6」の維持費の中の税金と保険代についてお話しします。

これらは、車を所有する限り発生する維持費なのでぜひチェックしてみて下さい。

税金(自動車税)

車の税金(自動車税)は総排気量で異なります。

「マツダ6」の総排気量は大きく分けて3タイプの設定があり、それぞれの税金(自動車税)は次のようになっています。

総排気量 税金(自動車税)
2.0L 39.500円
2.2L 45,000円
2,5L 45,000円

2.2Lの場合、1か月当たりに換算すると、45,000円÷12=3750円の維持費が発生します。

保険料

自動車保険の等級とは?上がると保険料がどれくらい安くなる? | ZUU online

続いて「マツダ6」の保険料についてお話しします。

保険料は年齢や等級などにより異なります。

また、保険会社によっても保険料の設定が異なる場合もあります。

ある保険会社で調べてみると、35歳の方が「マツダ6 2.2L」を「車両保険あり」で加入した場合、年間約56,000円となり、月々約5,000円程度になるようです。

ただし、保険は1年ごとの更新が必要で、事故を起こさなければ保険料が安くなるのが一般的です。

また年間走行距離でも保険料が細かく設定される保険会社もあります。

保険料を少しでも安くするには月払いよりも年払いがオススメです。

最近ではインターネット割引きを行っている保険会社が主流です。

スポンサーリンク

マツダ6の年間維持費のトータルは?

車の維持費は何がかかるの?安く車に乗るために知っておきたいこと | カルモマガジン

ここまでお話しした「マツダ6」の燃費・税金・保険料などをもとに年間の維持費がどれくらいかかるか見てみましょう。

「マツダ6 2.2 XD Lパッケージ」の場合の年間維持費を例にすると次のようになります。

項目 費用
燃料代 87,500円
税金(自動車税) 45,000円
保険料 56,000円

その他にも「マツダ6」を維持するには車検費用など様々な費用がかかります。

車検

車検はいつからいつまで受けられる?タイミング教えます!| カー用品のジェームス

車検は新車登録の場合、3年後に行う必要があります。

マツダでは、車の大きさをライト・スモール・ミディアム・ラージ・小型貨物と分けていますが、「マツダ6」はラージというカテゴリーに該当します。

車検費用としては、

項目 費用
保安基準検査料 10,368円
車検申請代行料 9,700円
自賠責保険料 25,830円
自動車重量税 32,800円

などがかかりますが、オプションでエンジンやシャシの高圧洗浄(11,016円)や下回り防錆塗装(7,344円)などを頼むと、もっと高くなります。

また法定12ヶ月点検17.064円が発生します。

オプションを利用しない場合、車検費用の合計は95,762円となり、1年当たりに換算すると車検代は31,920円の負担となります。

タイヤやオイル、その他の消耗品の交換がない場合を例にしていますので、あくまでも目安として参考にしてください。

その他の費用

理事会の会計向け! 駐車場代を勘定科目として仕訳する際のポイント | マンションと暮らす。

その他で車を維持するのに欠かせないのが、駐車場代とメンテナンス代です。

駐車場代は地域によってかなり差があります。

田舎では月々3,000円程度ですが、都心では月々50,000円以上するところも珍しくありません。

また車を安全に走らせるにはメンテナンスが欠かせません。

車を維持するにはオイルやタイヤ交換などのメンテナンス代が発生します。

メンテナンスを怠ると大きな事故に繋がりかねないので、普段からメンテナンス代は用意しておく方がいいでしょう。

このように「マツダ6」を維持するには、年間約28万円+駐車場代+メンテナンス代がかかると考えておいて下さい。

マツダ6の維持費 まとめ

この記事「マツダ6の税金はいくら?維持費は?燃費や税金、保険の年間費用を検証!」を動画でご覧になれます。

いかがでしたか?

今回の記事では、「マツダ6」を維持するのに必要な燃費・税金・保険料などの維持費についてご紹介しました。

車を所有すると何かとお金がかかるとご理解いただけたと思います。

しかし、1年間でどれくらい費用がかかるかを事前に知ることで、「せっかくマツダ6を買っても維持できるのか?」が判断できるようになります。

今回の記事を読んで「マツダ6」の維持費がどれくらいかかるかについての理解が深まればと思います。

マツダ6に乗り換えを考えている方は、これ以上ないお得な購入方法があります。

普通にディーラーで値引き交渉すると損してしまいます。

ぜひ、当サイトでお伝えしている値引きテクニックを使って購入してくださいね!

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

買い取り、下取りは大損します!

①ディーラーは新車がメイン、買取店と比べると買取価格が安くなる。

②少しでも愛車を高く売るなら、一括査定がおすすめ!

③「安心車jp」なら社から買取価格を提示!

④一番高い価格の業者に売るだけ!連絡は1回のみ!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・ガリバーやビッグモーターなどの優良企業なので安心!

45秒であなたの車を無料査定してみる