SUVファン

人気SUVについての総合サイト

C-HRの評価は?買った人の口コミ・評判、後部座席は狭い?

C-HRの評価は?買った人の口コミ・評判、後部座席は狭い?

【車・査定】30万円~80万円の差!なぜ?

なぜ車を売るときにこんなに差が出るのか?

ディーラーは安く下取りするので絶対ダメです!

完全無料、1分ほどであなたの愛車の査定額がわかります!

コンパクトSUV業界でトップをひた走るトヨタ・C-HRは、高い走行性能と低燃費を両立していることもあって多くの方から評価されています。

ただ、良いところばかりでなく悪いところがあるのも事実です。

というわけで、今回はC-HRを買った人の評価を考えてみたいと思います。

実際にC-HRを使っている人から届いた生の意見を見てみましょう。

スポンサーリンク

C-HRを買った人の評価 良いところ

C-HRを買った人の評価 良いところ

まずは、全般的にC-HRの評価が高い点を考えてみましょう。

○SUVではダントツ良いですね。

○住んでいる道路環境にもよりますが、普通に走ってマジでエコモードではリッター32キロくらいいきます。

○ガソリン車モデルとは言えなかなか低燃費だと思います。

上記の意見はC-HRでおそらく最も評価の高い点だと思うのですが、なんだと思います?

これはすべて「燃費」に対する評価です。

走りを追求するSUVは燃費が悪くなるのが宿命なのですが、C-HRはそんなのおかまいなしです。

SUVでありながら燃費は30.0km/Lをたたき出し、下手なミニバンすら裸足で逃げ出すくらいの低燃費です。

もちろん実燃費でこれをたたき出すのは至難の業ですが、20km/Lをワインディングで叩き出すことはおそらく容易でしょう。

SUVの常識を大きく変えたということもあって、かなり評価の高い点でした。

スポンサーリンク

C-HRを買った人の評価 ダメなところ

C-HRを買った人の評価 ダメなところ

続いて、C-HRの評価が低い点について考えてみましょう。

○パワー不足、高速の合流でベタ踏みしても残念な加速感。

○不足、とにかく走らない。

○ターボは明らかに非力です。1.2Lではこの車重には流石に線が細いです。

C-HRの不満が多い点、それは「エンジン性能」です。

C-HRのエンジンは、ハイブリッド車なら98馬力、ガソリン車なら116馬力をたたき出しますが、はっきり言って非力です。

ライバル車であるホンダ・ヴェゼルは132馬力に加えて独自のエンジンシステム「VTEC」を採用して加速に磨きをかけ、日産・ジュークはハイブリッドは114馬力と非力ながらガソリン車は190馬力をたたき出すエンジンを搭載しています。

走りを重きに置くSUVにとってエンジンパワーのなさは致命的といっても過言ではありません。

エコカーとしては十分なポテンシャルですが、SUVを名乗るには貧相すぎるエンジンで、それが買った人たちにとっても不満だったようです。

C-HRの走行性能や乗り心地は?

C-HRの走行性能や乗り心地は?引用:https://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20170130-20103096-carview/

続いて、C-HRの走行性能・乗り心地についての評価を考えてみましょう。

走行性能

引用:https://toyota.jp/c-hr/performance/performance/

○高速のワインディングはしなやか自然で軽快な感じ

○意外にもハンドリングか良いです。

○走り出しの反応が鈍い。ワンテンポ遅れてついてくる感じが辛い。

走行性能は賛否両論でしたが、ハイブリッド車では不満の声が顕著に表れていましたね。

独特の「もっさり」した加速は、やはりスポーツ走行に重点を置くSUVでは厳しかったでしょうか。

ガソリン車の走行性能も賛否両論なものの、こちらは高評価が多かったです。

コンパクトカーゆえの小回りの良さとそれなりに加速もできるため、ハイブリッド車に比べてキビキビ動いてくれるからでしょう。

乗り心地

C-HRの走行性能や乗り心地は?引用:https://toyota.jp/c-hr/interior/comfort/

○少し固めだが路面の突き上げは良く吸収して不快ではない。

○素直で乗りやすい車だと思いました。

○路面が悪いと急に乗り心地も悪くなります。

こちらも走行性能同様、賛否両論です。

C-HRはSUVでありながら街乗りを重視して足回りを設計しているため、どちらかといえば柔らかめの足回りをしています。

市街地の段差が多いアスファルトや加速・減速を繰り返す運転に対し車内に突き上げを伝えないためです。

 

しかしSUVは本来、ワインディングロードを進むための車。

真価が発揮される山道や高速道路で、その柔らかい足回りはあまり役に立ちません。

スピードレンジが上がるにつれて、C-HRに対する不満の声も多く聞かれました。

スポンサーリンク

C-HRの内装や外装の評価

C-HRの内装や外装の評価引用:https://www.caranddriver.com/reviews/2018-toyota-c-hr-test-review

最後に、C-HRの内装・外装についての評価を考えてみましょう。

内装

C-HRの内装や外装の評価引用:https://toyota.jp/c-hr/interior/

○あの後席の狭さは子供でも耐え難い。となるとほぼ二人乗り。

○ちょっと安っぽいかなぁ…まぁ最下位グレードだししょうがないと妥協しました。

○カップホルダーのあたりなど、無駄な膨らみのあるデザインで狭い。

内装に関しては、特にリアシートに関する不満点が多く報告されていました。

独特なエクステリアの弊害といいますか、どうしても後部座席が狭くなってしまうのがネックです。

 

加えて後部座席のドアガラスが小さいために光が入ってこず、まるで「牢獄」のようだと痛烈に批判している方もいました。

また、最近のトヨタ車で一定割合聞かれるのが「値段の割に安っぽい」という点。

 

内装でいえば上位のグレードでもプラスチック感が目立ったり、収納が少なかったりといったりしたところでしょうか。

ライバル車がこの点を解消しつつある中、どうしてもトヨタ車だけはそういった意見を多く聞きます。

というわけで、C-HRの内装に関しては特に後部座席の使い勝手が悪いということもあって、厳しい意見が多くありました。

 

この記事が動画でご覧になれます。

外装

C-HRの内装や外装の評価引用:https://www.saitamatoyota.co.jp/newcar/c-hr

○カッコイイの一言ですね。大きなヘッドライトの中に細かな細工が施してありとても手が込んでいます!

○全幅、全長をある程度おさめながら、この立体的な造形はすごいと思います。

○独特なデザイン。流れるウインカーはおしゃれ。

C-HRといえば、あの何とも言えない独特の造形美がキモです。

幾何学的というか、最近の日本車ではなかったような不思議な形をしています。

スーパー戦隊シリーズのロボット変形前のビーグルのような形といえば通じるのでしょうか、、、?

 

ともかく、SUVでありながらどこかクーペのようないでたちをしており、いかにも走りやすそうな雰囲気ですよね。

そんなところが買った人からも高く評価されていて、実際のところヴィジュアルに惹かれて買った人も多いそうです。

C-HRを買った人の評価 まとめ


引用:https://toyota.jp/c-hr/exterior/

ここまでC-HRを買った人の評価についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

C-HRは、外装や燃費といった点で高い評価が、内装やエンジン性能といった点で厳しい評価が多かったです。

それ以外の点は賛否両論で、乗っている人の趣味嗜好に偏っていました。

車を購入するにあたってこういった意見は貴重な情報源です。

ただウソか真実かわからない情報も転がっていますので、百聞は一見に如かず、実際に試乗してみて、自分の体で確認することが一番ですね。

 

C-HRを購入するときは、値引き額からさらに支払額を減らす方法があります。

誰でもカンタンにできるので、試してみてくださいね!

欲しかったSUVを値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

車は下取りではなく買取りを使わないと損します!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

無料で大手買取会社が最大5000社で車の買取価格を競ってくれるので、あなたの車の価格が吊り上がるのです!

結果的に、ディーラーに下取りを出すよりも欲しい車を安く購入することができます。

車の査定は後回しにすると損・損・損!!