SUVファン

人気SUVについての総合サイト

車中泊でおすすめの場所やしてはいけない場所は?バーベキューやゴミはどうする?

車中泊でおすすめの場所やしてはいけない場所は?バーベキューやゴミはどうする?

愛車が一番高く売れる方法とは?

①ディーラーでの下取り、買取店は大損!

②売却はオークション型の「安心車.jp」が一番高い!

③購入の際、ある方法でディーラーと値引き交渉!

大幅値引きでグレードアップやオプションをつける!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・最大50万円高く売れる

1分であなたの車を無料査定してみる

車中泊は、ホテルや旅館とはまた違った楽しみ方ができる旅行の1つですね。

宿探しや交通の手配がいらず、大好きなマイカーというプライベートな空間ごと移動して、好きなところへと旅していけます。

楽しいとは聞くものの、初めての方からすれば、どんなものか想像がつかないという方も多いですよね?

車中泊をしていい場所やマナーを知らない方もいるため、今回は車中泊の場所、電源やゴミ、バーベキューはしていいのかなどについてお伝えします。

スポンサーリンク

車中泊をしていい場所とダメな場所とは?

車中泊をしていい場所

基本的に道の駅での車中泊は可能です。

国土交通省の公式サイトによると“「道の駅」は、ドライバーなど皆さんが交通事故防止のため24時間無料で利用できる休憩施設であるので、施設で仮眠していただくことはかまいません。

と明記されています。

一晩仮眠や休憩のために利用するというのはもちろんOKです。

また、高速道路に設置されているサービスエリアも有効活用されている場所です。

しかし連泊や車上生活、駐車場や敷地内にテントを張るといった行為はマナー違反と言えるのでやめておきましょう。

車中泊をしていい場所

基本的に車中泊は可能と記載しましたが、一方で明確に車中泊を禁止する看板を立てている道の駅などもありますので、そういう場所では車中泊はやめましょう。

過去に車中泊のマナー違反があった場所や住宅街の近い場所では禁止されている事がありますので、施設側の指示に従いましょう。

 

キャンプ場であれば、いろんな施設が整っているので、車中泊にはおすすめです。

トイレやシャワー、水道といった水回りのほか、電源が使えたり、テーブルや椅子を出してバーベキューもできます。

しかし、最近、車中泊人気が高まり、車中泊禁止の看板を掲げるドライブインや道の駅が増加しています。

基本的にはSAやPAは10時間以上の駐車は禁止となっています。

バーベキューはしてはいけない場所は?

 

車中泊でバーベキュー

駐車場にテーブルをセットしてバーベキューをするのは立派なマナー違反です。

あくまで道の駅やSAは「休憩・仮眠」としての場所でありキャンプー場ではありません。

場所によっては綺麗に芝生が整備されている場所もありますが、休憩する人の息抜きの場所として整備されているのであって、キャンプ場としての目的はありませんので気をつけましょう。

また火災予防条例第23条により“不特定多数の人が出入りする場所での火気の使用などを規制”しているので、駐車場で火を使う行為は立派な条例違反となります。

野菜の下準備などで洗面所を使用する人もいますが、洗面所はあくまでも顔や手を洗う場所です。

食材のかけらを落とすと、そこから異臭を放つことにも繋がりますので絶対にやめましょう。

次に使う人の事を考えて行動するのは大事な事です。

テーブルやイスでくつろぐのはOK?

 

車中泊でバーベキュー

テーブルやイスを出して外でくつろぐのはもちろんNGです。

お天気が良いとついついイスを出して家族や友人、仲間とお酒を飲んだり食事をしたいと考えてしまう人もいるでしょう。

時には度を越して夜中まで騒いでしまう人もいるようです。

レストランなどがあるパーキングでは日中は混雑していても閉店時間になるとパーキングは閑散とする事もあり広々とガレージを使える、また綺麗に整備されてる場所もあり、気分が開放的になるのも分かりますが、公共の場であるという事は忘れずに行動するようにしまょう。

テーブルやイスだけに留まらず、洗面所で衣類を洗い干す人もいるようですが、場所の私有化はやめましょう。

景観を損ねる行為にも繋がります。

 

この記事が動画でご覧になれます。

スポンサーリンク

車中泊で出たごみは捨てていいの?

車中泊のゴミは持ち帰る

ゴミを大量に捨てる行為はNGです。

どこのパーキングでも問題視されるのがゴミ問題です。

道の駅が開店する前に、既にゴミ箱がいっぱいになっていて溢れかえっているなんてこともあります。

これは車中泊していた人が朝出発前に捨てて行くのが原因となっています。

ゴミの中には食べかすだったりジュースの入っていた容器など時間が経てば異臭になる可能性があるものも多くあります。

その場で買ったもののゴミを捨てるくらいなら本来の使い方としてあっているでしょうが、旅の途中で出たゴミや他から持ち込んだゴミを捨てるのはマナー違反です。

基本的にはゴミは捨てず持ち帰る、これを頭に置いて行動するべきでしょう。

これは車中泊だからということは関係なく、日頃から注意すべきマナーかと思います。

施設の電源は使っていいの?

車中泊の電源

外部電気の使用、していませんか?

これは電力泥棒で立派な犯罪になります。

最近ではカフェやレストランなどでコンセントを提供してくれるお店も多く、コンセントがあれば使用しても良いと認識している人も多く、コンセントがあればキャンピングカーにつないだり、携帯の充電をしても良いと認識している人が増えたのかもしれません。

またそれだけに留まらず、音楽を流して夜遅くまで騒いでいるといった何重ものマナー違反をする人までいるようです。

以前は当たり前のようにあったコンセントなのですが、それは施設を管理・整備為や清掃する際必要なもので設置されていたものです。

しかしそのコンセントを利用して、好き勝手使う人が増えたためにコンセント自体なくしたり、厳重にカバーをして使えないようになっています。

サービスとして提供していない限り無断で使用することはやめましょう。

どうしても電源が必要な場合、RVパークやオートキャンプ場の電源サイトなど施設側より電源の使用を許可されているもの利用しましょう。

車中泊でおすすめの場所やしてはいけない場所 まとめ

車中泊おすすめ

車中泊は、その身軽さやコスパの面でもメリットがあります。

最近は車中泊の動画を定期的にアップする人もいるくらい人気になっています。

しかし、一部のマナーを守らない人のせいで、いままで車中泊が可能だった場所も利用できなくなったりしています。

これから、車中泊にチャレンジする方も、今回ご紹介しマナーをしっかり守って、他の方の迷惑にならないように快適で安全な車中泊を楽しんでくださいね。

車中泊は、通常のキャンプや旅行と違い、誰にでも受け入れられるものではありません。

だからこそ、しっかりとマナーを守ってすべての人が楽しめるように行動することが肝心だと思います。

 

SUVを値引き額から、さらに50万円安く購入する裏ワザとは?

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

買い取り、下取りは大損!

①ディーラーは新車がメイン、買取店と比べると買取価格が安くなる。

②少しでも愛車を高く売るなら、オークション型買取がおすすめ!

③「安心車.jp」なら最大8社から買取価格を提示!

④一番高い価格の業者に売るだけ!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・オークションなので、価格が上がりやすい

1分であなたの車を無料査定してみる