SUVで車中泊!おすすめの車種3選!ファミリーに人気のSUVは?

下取りは必ず一括査定サイトを使わないと損します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

一括査定サイトを使うと、大手買取会社が最大10社であなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的にあなたの車の価格が吊り上がるのです。

今の愛車の条件を入力するだけで、「無料」ですぐに価格がわかるので、まずは愛車の値段を調べることをオススメします。

 

「スポーツ用多目的車」という意味を持つSUV車は、その名の通り様々な目的に利用されることを想定した車です。

SUV車の広い室内空間や多彩なシートアレンジを利用して車中泊する方もたくさんいます。

今回の記事では、おすすめのSUV車、車中泊でのメリットやデメリット「スポーツ用多目的車」という意味を持つSUV車は、その名の通り様々な目的に利用されることを想定した車です。

SUV車の広い室内空間や多彩なシートアレンジを利用して車中泊する方もたくさんいます。

今回の記事では、おすすめのSUV車、車中泊でのメリットやデメリット、おすすめグッズについてご紹介します。、おすすめグッズについてご紹介します。

スポンサーリンク

快適に車中泊できるSUVベスト3

SUV車の魅力は何と言っても広い車内を活かした居住性です。
シートアレンジや車中泊グッズを使うことでさらに快適なものになります。
この章では、車中泊にオススメのSUV車を3つご紹介します。

日産 エクストレイル

エクストレイル燃費

「日産エクストレイル」は日産の中で最も有名なSUV車です。

室内寸法は、

・室内長2,005mm(20Xの3列シートは2,555mm)

・室内幅1,535mm

・室内高1,270mm

となっています。

 

また車両本体価格は

一番お求めやすいグレード20S の2列シートが2,231,280円。
最上級モデルのAUTECH HYBRID i Package の2列シートは3,598,560円となっています。

 

アウトドアでの使用を想定しており、車内が防水加工されているだけでなく、後席をフラットにすることで、広大なスペースが生まれます。

広大な車内にマットを敷くことで快適な車中泊が可能です。

2列目にオプションでモニターを設置することができるので、ロングドライブで飽きることなく過ごすことができます。

 

エクストレイルのシートアレンジなどについては以下の記事をご覧ください。

スバルフォレスター

「スバルフォレスター」は国内のSUV車の中で最も売れている車です。

室内寸法は、

室内長2,100~2,110mm

室内幅1,545mm

室内高1,270mm

となっています。

 

また車両本体価格は、一番お求めやすいTouringが2,808,000円。

最上級モデルのAdvanceが3,099,600円となっています。

シートアレンジとしては、1列目を前に出し、さらに2列目を前に倒すことで、1,827㎜の空間が生まれます。

ただしフルフラットにはならないので、2列目の隙間に荷物を詰めたりすることで解消できます。

 

フォレスターのシートアレンジやトランク容量については以下の記事をご覧ください。

三菱アウトランダー

「三菱アウトランダー」もアウトドアでの使用を想定したSUV車です。

「三菱アウトランダー」にはプラグインハイブリッドというモデルがあります。

室内寸法は、

・室内長2,580mm(荷室を含めた室内長2,750mm)

・室内幅1,495mm

・室内高, 1,265mm

(電動ガラスサンルーフ装着車は1,205mm)

となっています。

また車両本体価格は、一番お求めやすいグレードMの2WD車が2,676,240円。

最上級モデルのG Plus Packageの4WD車が3,358,800円となっています。

1500wもの電力を使用できるので掃除機の使用にも十分耐えることができます。

 

また車にタープで屋根を作ることができるので、わざわざテントを張らなくてもアウトドアが満喫できます。

荷室と2列目がフラットになるので、マットレスを敷くことでロングドライブも楽しむことができます。

このように室内サイズは「三菱アウトランダー」が一回り広くなっています。

車両本体価格に関しては各車ともグレード設定が細かくなっているため、どれが高くて、どれが安いとは一概には言えません。

 

アウトランダーのシートアレンジと車中泊キットなどについては以下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

車中泊のメリット・デメリット

家族や気の合う仲間と過ごす車中泊は楽しいものですが、メリットもデメリットもあります。

この章では、車中泊のメリットとデメリットについてお話しします。

車中泊のデメリット

続いて車中泊のデメリットについてお話しします。

ストレス

長距離ドライブで車内で過ごす時間が長いと、限られたスペースで長時間過ごすことになりストレスを感じることがあります。

そのため高速道路のサービスエリアなどでこまめに休憩をとるといいでしょう。

エコノミー症候群

「エコノミークラス症候群」という言葉を聞いたことのある方は多いでしょう。

長時間膝を曲げた状態でいると、血管に血栓がつまり最悪死に至るものです。

車中泊では長時間同じ姿勢になることがあり、時々車の外で体操するなどでエコノミークラス症候群を防止する必要があります。

このように車中泊にはメリットもデメリットもあり、それを知ることで対策をたて、快適なドライブを楽しむことができます。

スポンサーリンク

車中泊を快適にするおすすめグッズは?

SUV車で快適に車中泊をするには、室内寸法の広さやシートアレンジだけでなく、様々な車中泊グッズを利用することをおすすめします。

この章では、車中泊を快適にするおすすめグッズをご紹介します。

マットレス

こちらの商品は「日産エクストレイル」に適合するように設計されたマットレスです。

後部座席をフラットにして、マットレス敷くだけで、快適な車中泊を楽しめます。

ふかふかとした感触で、ストレスなく横になることができるだけでなく、防水加工が施されているのでお手入れが簡単なのでおすすめです。

サンシェード

こちらの商品は「日産エクストレイル」に適合したサンシェードです。
車中泊ではプライバシーの確保は重要です。

仮眠を取ったり、着替えたりする時にあると便利ですので、ぜひおすすめしたいグッズの1つです。

車中泊にあると便利なグッズはここに紹介できなかったものも数多くあるので、ぜひご自身で検索してみるといいでしょう。

UVで車中泊!おすすめの車種3選 まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では、おすすめのSUV車、車中泊でのメリットやデメリット、おすすめグッズについてご紹介しました。

SUV車は「スポーツ用多目的車」の名前にふさわしい使い勝手の良い車です。

どのSUV車もシートアレンジが多彩で、自分好みの空間を演出することができます。

またネット上やカー用品店では多くの車中泊グッズが販売されています。

それらを使うとさらに車中泊が楽しくなるでしょう。

今回の記事を読んでSUV車での車中泊を楽しんで下さいね。

欲しかったSUVを値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

「SUVが欲しいけど予算オーバーだ…」

「新型SUVをなるべく安く買いたい…」

「もう少し上のグレードが欲しいけど高い!」

「値引き交渉がどうも苦手で…」

「今の愛車を高く売りたい!」

など、SUVの購入を検討してるけど、悩みが尽きない…

車を購入するときは、いろんな悩みが出てきますね。

家族や友達に相談しても、どうにもならないし、クラウンには手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使わないと損します!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

一括査定サイトを使うと、大手買取会社が最大10社であなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的にあなたの車の価格が吊り上がるのです!

車の査定は後回しにすると損・損・損!!