エクストレイルとCX-5を比較!【価格・燃費・ラゲッジルーム】

下取りは必ず一括査定サイトを使わないと損します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

一括査定サイトを使うと、大手買取会社が最大10社であなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的にあなたの車の価格が吊り上がるのです。

今の愛車の条件を入力するだけで、「無料」ですぐに価格がわかるので、まずは愛車の値段を調べることをオススメします。

国内で販売される車種には様々なタイプがありますが、中でもSUV車はデザイン性・積載性・走行性能を兼ね備えており人気があります。

競争の激しいSUV車市場の中で注目されているのが、「マツダCX-5」と「日産エクストレイル」です。

今回の記事では「マツダCX-5」と「日産エクストレイル」の価格・燃費・ラゲッジルームについて比較してみます。

スポンサーリンク

エクストレイルとCX-5の価格比較


まずは「マツダCX-5」と「日産エクストレイル」の車両本体価格について比較してみます。

どちらも細かいグレード設定がされており、同じグレードでも装備によって価格差があります。

現金一括で買う方でなければ、車両本体価格が高いと毎月の負担に影響しますので是非じっくり比較して下さい。

「マツダCX-5」の価格

グレード 駆動方式 車両本体価格
20S 2WD 2,570,400円
20S P 2WD 2,802,600円
25S 4WD 2,797,200円
25S P 4WD 3,029,400円
25S L 2WD 3,018,600円
25S L 4WD 3,245,400円
25T L 2WD 3,326,400円
25S L 4WD 3,553,200円
XD 2WD 2,883,600円
XD 4WD 3,110,400円
XD P 2WD 3,115,800円
XD P 4WD 3,342,600円
XD L 2WD 3,331,800円
XD L 4WD 3,558,600円
XD E 2WD 3,655,800円
WD E 4WD 3,882,600円

※Pはプロアクティブの略です。
※LはLパッケージの略です。
※Dはディーゼルターボの略です。
※Eはエクスクルーシブの略です。

一番お求めやすい「20S 2WD」が250万円程度ですが、特別仕様変車のエクスクルーシブの「WD E 4WD」が388万円と約138万円の差があります。

同じグレードを比較しても2WDと4WDでは20万円程度、プロアクティブをLパッケージへ装備を充実させても20万円程度の差があります。

エクスクルーシブは税金などを含めると400万円程度程度になるため高級車の部類に入ると言ってもいいでしょう。

日産エクストレイルの価格

続いて「日産エクストレイル」の車両本体価格についても一覧表にまとめてみました。

2WDと4WDではグレード設定が異なっているため、駆動方式ごとにまとめています。

2WD

グレード シート列数 車両本体価格
20S 2 2,231,280円
20X 2 2,652,480円
20X 3 2,724,840円
20Xi 2 2,828,520円
20S H 2 2,623,320円
20X H 2 2,925,720円
20Xi H 2 3,096,360円
AUTECH 3 3,171,960円
AUTECH  H 2 3,427,920円
AUTECH  H  i P 2 3,598,560円

4WD

グレード シート数 車両本体価格
20S 2 2,437,560円
20X 2 2,858,760円
20X 3 2,931,120円
20Xi 2 3,034,800円
20S H 2 2,829,600円
20X H 2 3,132,000円
20Xi H 2 3,302,640円
20X  エクストリーマX 2 3,011,040円
20Xi エクストリーマX 2 3,187,080円
20X  エクストリーマX H 2 3,316,680円
20Xi エクストリーマX H 2 3,487,320円
20X  エクストリーマX H 3 3,083,400円
AUTECH 2 3,284,280円
AUTECH i P 2 3,481,920円
AUTECH 3 3,378,240円
AUTECH H i P 2 3,804,840円

※HはHYBRIDの略です。
※PはPackageの略です。

一番お求めやすい「20S 2WD」が223万円程度なので、「マツダCX-5」よりは最低価格が安くなっています。

全体的には2列シートの設定が多くなっており、最上級グレードの「AUTECH Hi P 4WD」が380万円程度ですので、「マツダCX-5」とはあまり変わりません。

このように「マツダCX-5」と「日産エクストレイル」の車両本体価格を比較すると、最低価格では差があるものの、装備をフル装備にしたい方にとってはどちらを選んでも負担が変わらなくなっています。

スポンサーリンク

エクストレイルとCX-5の実燃費比較


この章では「マツダCX-5」と「日産エクストレイル」の燃費について比較します。

燃費計測方法は「マツダCX-5」ではWLTCモードが、「日産エクストレイル」ではJC08モードが採用されています。

新型「マツダCX-5」の燃費

まずはWLTCモードが採用されている「マツダCX-5」の燃費についてお話しします。

ガソリン車

※該当グレードは20S、20S PROACTIVE、25S、25S PROACTIVE、25S L Package、25T L Package、25T Exclusive Modeです。

モード 2WD 4WD
WLTCモード 12.6~14.6km/L 12.2〜13.0km/L
市街地モード 9.4~11.9km/L 9.1〜10.2km/L
郊外モード 12.9~15.1km/L 12.4〜13.4km/L
高速道路モード 14.4~16.2km/L 14.1〜14.7km/L

ディーゼル車

該当グレードはXD、XD PROACTIVE、XD L Package、XD Exclusive Modeです。

モード 2WD AT 2WD MT 4WD AT 4WD MT
WLTCモード 17.4km/L 19.4km/L 16.6km/L 18.6km/L
市街地モード 13.9km/L 16.9km/L 13.6km/L 16.3km/L
郊外モード 17.6km/L 19.2km/L 16.5km/L 18.4km/L
高速道路モード 19.6km/L 20.9km/L 18.6km/L 20.0km/L
WLTCモードは国連が提唱した燃費計測方法であり、実燃費に近い数値が出ると言われています。
燃費を比較すると、ガソリン車では10km/Lを下回るものが見られるためどうしても燃費が悪いイメージがありますが、ディーゼル車は最低でも13km/L以上の低燃費が期待できるので、維持費が安くなるでしょう。

日産エクストレイルの燃費

一方の「日産エクストレイル」の燃費は次のようになっています。
燃費データの左の数値2WD ですが、()内は4WDのものです。

グレード シート列数 燃費
20S 2 16.4(16.0)km/L
20X 2 16.4(15.6)km/L
20X 3 16.4(15.6)km/L
20Xi 2 16.4(15.6)km/L
20S H 2 20.8(20.0)km/L
20X H 2 20.8(20.0)km/L
20Xi H 2 20.8(20.0)km/L

燃費は16~20km/Lとなっていますが、「日産エクストレイル」のデータはJC08モードという以前からある計測方法であり、WLTCモードと比較すると数値が甘くなります。

一般的にWLTCモードよりも20%程度甘くなるため、実燃費は10~16km/Lとなるため、高速道路での燃費では「マツダCX-5」の方が優れていると言えますが、それ以外の道路環境ではあまり差はないでしょう。

スポンサーリンク

エクストレイルとCX-5のラゲッジルームを比較


車にラゲッジルームの積載性などを求める方は多いでしょう。

SUV車の魅力は多くの荷物を載せてドライブできることです。

ここでは「マツダCX-5」と「日産エクストレイル」のラゲッジルームについて比較してみます。

CX-5のラゲッジルーム

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/interior/functionality/

ラゲッジルームは最大で505Lの容量があり、ゴルフバッグが4つも載せることができます。

ラゲッジルーム全体を照らすことができるため、夜間でも荷物の出し入れがストレスなくできます。

また、リモコンレバーが装備されており、ラゲッジルーム側からシートバを前に倒すことができます。

電源ソケットやフロア下に収納できるサブトランクボックスも装備しています。

 

エクストレイルのラゲッジルーム

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/interior/

「日産エクストレイル」のラゲッジルームについても見てみましょう。

まず容量ですが2列シート車ではクラストップレベルの565Lを誇り、「マツダCX-5」と比較しても60L程度広くなっています。
ちなみに3列シート車でも最大445Lの広さがあります。

このように、機能面では「マツダCX-5」が優れていますが、容量では2列シート車を選べば「日産エクストレイル」の方が優れています。

エクストレイルとCX-5の比較 まとめ

いかがでしたか?

今回の記事では「マツダCX-5」と「日産エクストレイル」の価格・燃費・ラゲッジルームについて比較してみました。

「マツダCX-5」と「日産エクストレイル」は、共に洗練されたデザインで見る方を魅了しています。

道を颯爽と駆け抜ける姿を見て、憧れを抱いた方も多いでしょう。

しかし、カタログを見てもグレードが細分化されており、どれにするか迷うことでしょう。
今回の記事を読んで、そんな迷いを解消することができればと思います。

欲しかったSUVを値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

「SUVが欲しいけど予算オーバーだ…」

「新型SUVをなるべく安く買いたい…」

「もう少し上のグレードが欲しいけど高い!」

「値引き交渉がどうも苦手で…」

「今の愛車を高く売りたい!」

など、SUVの購入を検討してるけど、悩みが尽きない…

車を購入するときは、いろんな悩みが出てきますね。

家族や友達に相談しても、どうにもならないし、クラウンには手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使わないと損します!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

一括査定サイトを使うと、大手買取会社が最大10社であなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的にあなたの車の価格が吊り上がるのです!

車の査定は後回しにすると損・損・損!!