SUVファン

人気SUVについての総合サイト

アウトランダーPHEVで車中泊仕様キット!冷暖房はこんな長時間使える!

アウトランダーPHEVで車中泊仕様キット!冷暖房はこんな長時間使える!

愛車が一番高く売れる方法とは?

①ディーラーでの下取り、買取店は大損!

②売却はオークション型の「安心車.jp」が一番高い!

③購入の際、ある方法でディーラーと値引き交渉!

大幅値引きでグレードアップやオプションをつける!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・最大50万円高く売れる

1分であなたの車を無料査定してみる

アウトランダーPHEVは室内が広いので、車中泊仕様にもできる車です。

車中泊をする場合はアウトランダーPHEV用のベッドキットなどを使えばゆっくり寝ることができます。

さらに快適な空間にする場合は、季節により冷房や暖房も使う必要がありますね。

ただそうなると、気になるのが「冷暖房が何時間使えるか」という点です。

できれば時間を気にしないで使いたいのが本音ですね。

今回は、アウトランダーPHEVを車中泊仕様にする場合のキットや冷暖房が何時間使えるかについてお伝えします。

最後にこの記事が動画でご覧になれますので、お楽しみに!

スポンサーリンク

アウトランダーPHEVで車中泊仕様!シートアレンジ

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/
アウトランダーPHEVで車中泊をするなら、2列目シートを倒してフルフラットにする必要があります。

2列目シートは6:4分割式で、2列目を前に倒すことができるのでフラットなスペースを作ることができます。

身長が170cm未満の方のなら、足先まで伸ばして寝ることができます。

2列目を倒すと少し傾斜がある程度で、ほぼフラットに近い感じです。

アウトランダー車中泊仕様シートアレンジ
引用;https://www.mitsubishi-motors.co.jp

アウトランダーPHEVの場合は5人乗りなので、2列目シートを倒すだけのシートアレンジでフラットなスペースが完成です!

アウトランダーPHEVの室内サイズは、「全長1,900mm×全幅1,495mm×全高1,710mm」です。

アウトランダー車中泊仕様シートアレンジ
引用:https://recharge-house.com

横幅はシングルベッドよりも、少しだけで大きい感じで小柄な人なら2人横に並んで寝ることもできます。

アウトランダーPHEVの後部座席

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/

アウトランダーPHEVはSUVなので、全長は車中泊ができるくらい余裕があります。

でも、倒したリアシートの出っ張りによって、奥行きが足りないのではないかと思う人もいるかも知れません。

アウトランダーPHEVで車中泊をする時は、170cm未満の人でもゆったり寝られるようにするには、以下の動画で解説されている方法を行ないます。

やり方はとても簡単でアウトランダーPHEVの座面は、ダブルフォールディング式になっていて座面を外して荷室を広げることができます。

ダブルフォールディング式リアシートとは、座面を引き起こしてできた隙間に対し、背もたれを折りたたんで収納できる機能を持った後部座席を言います。

アウトランダーPHEVの場合は、座面を引き起こすことがでスペースを拡大させることができます。

アウトランダー車中泊仕様シートアレンジ
引用:https://carbaku.work

しかし、普通に座面を引き起こして後部座席の背面を倒しても、ラゲッジスペースの広さは約「170cm」に制限されてしまいます。

さらに、フロントシートも後ろに倒せなくなるので、運転席で休憩をしたり食事をする場合は自由が効かなくなります。

車中泊をする場合は、思い切ってアウトランダーPHEVの後部座席の座面を、完全に取り外してしまうのです。

工具の「メガネレンチ(12mm)」を使用すればかんたんに座面を外すことができます。

そうするとラゲッジスペースは、かなり広いスペースが生まれます。

座面を外すだけじゃダメ!空間を埋めるポイントはこれ!

引用:https://item.rakuten.co.jp/
座面を取り外しても、運転席と後部座席にポッカリと空間ができてしまいます。

このスペースを埋めるためのキットを、自分で作るという方法があります。

自分で家具が作れるレベルなら、実際に作って良いかもしれません。

でも、そういう技術がない場合は、収納ボックスやクーラーボックスを隙間に入れることでスペースを埋めることができます。

実際に幅を測って、収納ボックスやクーラーボックスを、このスペースに置くと良いでしょう。

しかし、サイズを測ってもなかなか適度なサイズのものが見つからないこともあります。

そんなときは、エアークッションかエアーオットマンがおすすめです。

エアークッションの場合は空気の量で調整ができるし、足を置く台にも使えるので大変便利です。

アウトランダーPHEVの車中泊キット

引用:http://www.sun-auto.jp/mb/camping-car/outlander-phev-epop/
アウトランダーPHEVの車中泊キットは「西尾張三菱自動車販売株式会社」と言うショップで販売しています。

アウトランダーPHEVのルーフにはポップアップルーフが装備され、屋根にも広い空間があります。

室内に開口部ができたことで、車内で立つことが可能になります。

アウトランダーPHEVのようなサイズでは、車内で立つことは不可能なので使い勝手はかなり良くなります。

スキーや海水浴場に行った時に、車内で立って着替えられるということもできます。

さらに、ルーフ部分のポップアップを開くと、室内の熱気が一気に外に出るので暑い夏場は室内の換気にも役立ちます。

暑さや寒さを防ぐオプションのマルチシェードを装着すれば周囲の目線からプライバシーを守ってくれます。

車中泊で冷房や暖房は何時間使える?

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/
アウトランダーPHEVで車中泊をするときは、快適に過ごすためにも車の冷房や暖房を使いたくなりますよね。

アウトランダーPHEVはエンジンを始動させることなく、冷房や暖房を使用できるのが他の車にはない素晴らしいところです。

環境にも優しいですが、北海道でどれくらい暖房が使えるのかを実験したという情報がありました。

その結果、暖房は「約11時間」連続可動したようです。

夏と冬ではバッテリー消費量も変化するので年中同じ結果が出るとは限りませんが、11時間も使えれば十分ではないでしょうか?

スポンサーリンク

アウトランダーPHEVの車中泊仕様 まとめ

この記事「アウトランダーPHEVで車中泊仕様キット!冷暖房はこんな長時間使える!」が動画でご覧になれます。

アウトランダーPHEVを車中泊仕様にするには、ベッドキットや隙間をうめるパーツを使えば快適な車中泊ができます。

しかし、もっとリーズナブルに済ませたいという方は、後部座席の座面を外しスペースを広くして、空間ができた部分にエアクッションをおけばよいですね。

クーラーボックスや収納ボックスでは、高さを調整できないのでエアクッションを使うことで、空気で調整が可能になるので快適なスペースができます。

楽天市場で「エアーオットマン」と言う商品が、1,580円で販売していたので運転席と後部座席の空間に置くのにちょうど良さそうですね。

ベッドキットの方は楽天市場ではなく「西尾張三菱自動車販売株式会社」でしか注文はできないようです。

アウトランダーPHEVで車中泊をする場合は、他にもいろいろな工夫をすればさらに快適に過ごせるかもしれません。

アウトドアが趣味の方にはとてもオススメの車です。

SUVを値引き額から、さらに50万円安く購入する裏ワザとは?

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

買い取り、下取りは大損!

①ディーラーは新車がメイン、買取店と比べると買取価格が安くなる。

②少しでも愛車を高く売るなら、オークション型買取がおすすめ!

③「安心車.jp」なら最大8社から買取価格を提示!

④一番高い価格の業者に売るだけ!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・オークションなので、価格が上がりやすい

1分であなたの車を無料査定してみる