アウトランダーPHEVの値引き額と補助金はいくら?値引きのコツとは?

【車・査定】30万円~80万円の差!なぜ?

なぜ車を売るときにこんなに差が出るのか?

なぜ【一括査定】が楽・かんたん・お得なのか?

↓その理由はこちらをクリック!↓↓

アウトランダーPHEVを購入する時の値引き交渉の方法は、ネット上でもいろいろな情報があります。

でも、満足できる値引き額を引き出すにはどのような交渉をすればいいのでしょうか?

値引き交渉をする場合は、正しい手順があり、間違えると値引き交渉は失敗します。

アウトランダーPHEVは、クリーンエネルギー自動車導入事業補助金というものが適用されます。

補助金がいくらになるのかも気になるところですね。

今回は、交渉で満足できる限界値引き額をだすコツと、補助金や減税はどれくらいなのか、最後に「確実に一番値引きできる裏ワザ」を紹介していきます。

スポンサーリンク

アウトランダーPHEVの限界値引きと相場

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/

実際にアウトランダーPHEVの値引き交渉をする前に、やることがあります。

それは、値引き交渉をするための目標額を把握・設定をしておくことと、今乗っている愛車の査定額を知っておくことです。

目標金額を決めることにより、余裕を持った対応もできるようになります。

ちまたにあふれる値引き体験談は、目安であって確実に値引き相場まで値引きができるわけではありません。

あくまでどれくらい値引きが期待できるか、目安を知るために下調べはしておきましょう!

アウトランダーPHEVの限界値引き

口コミではアウトランダーPHEVの限界値引きは「10万円~20万円」です。

アウトランダーPHEVの新車価格「4,182,840円~5,090,040円」となっていますが、新車値段の割に値引き額が低いですね。

ひと昔の値引き相場は「100万円」というのもあったようですが、現在は限界値引き額でもそこまでは引き出せません。

限界値引きというのは「車種・購入時期・営業マン・ディーラーの事情」により、全く違ってきます。

基本的には「車両本体価格の10~30%」が限界値引きという目安になります。

アウトランダーPHEVの値引き相場

結論から言えば、アウトランダーPHEVの値引き相場は「10万円~100万円」です。

かなり幅がありますが、これには後ほど説明するカラクリがあります。

アウトランダーPHEVの値引き相場で過去に、なんと「100万円」や「90万円」の値引きに成功している人がいるようです。

この場合は、営業マンの言葉のマジックにより、騙されている可能性があります。

「車体本体価格からの値引きは厳しいので、下取り額から調整します。」

このような言葉の裏には、下取り車の価値を知った上で調整をしようというカラクリがあります。

最近では中古車でも高く買い取ってくれるという買取店が多くあります。

ですが、まだまだ「中古車は安くしか売れない」と認識しているユーザーは多いようです。

 

中古車は買い取り値が安いという心理を利用して営業マンは、下取り車をうまく利用して値引き額を安くなるように調整してきます。

実際に車の状態が悪い場合は、ガンガン査定額が落ちていくので中古車の買い取りは、ものすごく安くなります。

下取り車の価値が高ければ高いほど「下取り額を下げて、値引き額を上げる」という手法を使ってきます。

値引き相場を見て「90万円」ほどの値引きに、成功している人の下取り車は「アウトランダー」です。

買い取り値の相場を見ても「120万円~180万円」であることから、下取り車をうまく利用されている可能性が非常に高いと言えます。

90万円の値引きの内訳のほとんどは「アウトランダー」の下取り価格が占めているというカラクリなんです。

アウトランダーPHEVの値引きで「45万円」の人もいますが、30系プリウスからの買い替えのようで、30系プリウスの買取相場は「30万円~120万円」となっていたのでこちらもうまく利用されているかもしれません。

買取相場の中でものすごく良い値段で、値引きができている場合もあります。

ですが、下取り車で値引きを操作されている可能性があるので、アウトランダーPHEVの純粋な値引き相場は「10万円~30万円」と考えた方が無難かもしれませんね。

スポンサーリンク

アウトランダーPHEVの補助金や減税は?

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/

値引きの次に気になるのは、アウトランダーPHEVを買うときの補助金や減税です。

ネットの口コミによりますと、補助金は終了したという情報もありますが、実際はどうなのでしょうか?

アウトランダーPHEVの補助金と、現在について紹介をしていきます。

アウトランダーPHEVの補助金


引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/

アウトランダーPHEV S エディションを買う場合は、CEV補助金20万円を受け取ることができます。

車両価格に比べれば安い金額ですが、それでも20万円も補助金が出るのは嬉しい限りだと言えます。

CEV補助金が停止するという噂もありましたが、平成31年4月22日から補助金の申請受けつけが始まりました。

また、アウトランダーPHEVは「重量税」「取得税」が免税となります。

スポンサーリンク

値引き交渉のコツ

値引き交渉のコツで定番なのは、「ライバルと競合させる」です。

値引き交渉では最も効果があり、初めて値引きをする人もリスクが低いと言えます。

次は値引き交渉をうまくするコツについて、紹介をしていきます。

ライバルと競合させる

アウトランダーPHEVのライバル車は、以下の3車種です。

アウトランダーPHEV

・トヨタ・ハリアー

・トヨタ・ランドクルーザープラド

・ホンダ・CR-V

アウトランダーPHEVと競合させるために、まずライバル車の見積書を手に入れます。

もちろん、ライバル車の値段を知ったとしても、提示するだけでは競合はできません。

アウトランダーPHEVよりも優れている点を引き合いにして、「こういう理由からどちらにしようか迷っている」と、そのような状況で商談を進めていくのが良いですね。

もちろん、ライバル車もしっかりと値引き交渉をして、値引き額が多い方を選ぶという感じで値引き交渉を進めていくのが良いですね。

運営会社が違う三菱ディーラーと競合させる


引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/

ライバル車と競合で話に乗ってこない場合は、運営会社が違う三菱ディーラーと競合させるという方法があります。

同じ三菱ディーラーでも全く違う運営会社が、経営していることがあります。

運営する会社が違う三菱ディーラー同士で競合させれば、値引き交渉がやりやすくなりこともあります。

注意しておきたいのが、同じ市にある三菱ディーラーは同じ運営会社の可能性があるという点です。

なので、少し遠くても他の市に行って値引き交渉することも考えてください。

データが残っているから意味がないのではないかと、そのように考える人もいるでしょう。

確かに、三菱車を買ってオイル交換をしたり車を買ったという情報は、運営会社が違ってもディーラー間で情報を引っ張り出すことができます。

しかし、車を買う前の情報というのは、運営会社が同じディーラーでないと、情報を引っ張り出すことができないのです。

県が違えばテリトリーも変わるので、運営会社も違う可能性があります。

決算期で値引き交渉をする

アウトランダーPHEVを買う場合は、買う時期によっても値引きできる値段が異なります。

また、時期によっては値引きがとてもやりやすいので、買う時期やタイミングを見計らうというのも重要です。

ほとんどのディーラーの決算期は3月で決算前になると、販売台数を稼ごうとします。

ディーラーによっては、独自のキャンペーンをします。

決算期に新車の値引きをゆるめて、契約に結びつけることが多いので、決算期にアウトランダーPHEVの値引き交渉をすると、限界値引きがねらえる可能性が高くなります。

3月の年度決算の場合は「1月中旬~3月末」で、9月の中間決算の場合は「8月中旬~9月末」に決算セールが行われます。

こうしたタイミングで値引き交渉をすると、満足できる値引きが可能になりやすいです。

6月と12月も値引きをゆるめてくるので、こういう次期も見逃さないようにしましょう。

下取り車は無いという前提で話を進める

下取り車はないという前提で値引き交渉を進めていくのが良いです。

理由は、一生懸命値引き交渉をしても、最初にお伝えしたように下取り車で値引きを調整されたり言葉のマジックで、お得だと思わせる交渉テクニックを封じることができるからです。

値引き額が多い客には、下取り車で調整するというのが営業マンの手口であり、値引き交渉の回避テクニックなのです。

そのような営業マンのテクニックを封じて、自分の都合の良い金額に持っていくには、下取り車は最後の最後まで出さないことが大切です。

アウトランダーPHEVの値引きと補助金 まとめ


引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/

アウトランダーPHEVの補助金は、20万円くらいです。

補助金と合わせて値引き交渉をしていけば、かなりお得にアウトランダーPHEVを買うことができます。

値引きを成功させるには、色々なテクニックが必要です。

無理な値引き限度額で交渉するより、一般的な値段で交渉をしたほうが思った金額に近くなるでしょう。

もし、車両本体価格の値引きが限界なら、ディーラーオプションを値引きしてもらうという方法もありますよ。

ここまで値引きについてお伝えしましたが、最後に「確実に一番値引きできる裏ワザ」をお伝えします。

 

欲しかったSUVを値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

「SUVが欲しいけど予算オーバーだ…」

「新型SUVをなるべく安く買いたい…」

「もう少し上のグレードが欲しいけど高い!」

「値引き交渉がどうも苦手で…」

「今の愛車を高く売りたい!」

など、SUVの購入を検討してるけど、悩みが尽きない…

車を購入するときは、いろんな悩みが出てきますね。

家族や友達に相談しても、どうにもならないし、クラウンには手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使わないと損します!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

一括査定サイトを使うと、大手買取会社が最大10社であなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的にあなたの車の価格が吊り上がるのです!

車の査定は後回しにすると損・損・損!!