SUVファン

人気SUVについての総合サイト

世界の凄いパトカー5選!車種はスーパーカーから高級車!

世界の凄いパトカー5選!車種はスーパーカーから高級車!

【車・査定】30万円~80万円の差!なぜ?

なぜ車を売るときにこんなに差が出るのか?

ディーラーは安く下取りするので絶対ダメです!

完全無料、1分ほどであなたの愛車の査定額がわかります!

あなたはパトカーを見たら「ドキッ!」としますか?

特に悪いことはしていないのに、車を運転中に後ろを走られるとなんだか緊張してしまいますね!

日本のパトカーといえばクラウンが代表的ですが、実は世界にはすごいパトカーがたくさんあります。

今回は、そんな驚くべき世界のパトカーをご紹介します。

スポンサーリンク

 日本の警察 日産「GT-R」

日本が誇るスポーツカーの頂点に君臨する日産GT-Rは長く歴史があり、以前はスカイラインGTーRとスカイラインの名前が入っていました。

現行のGT-Rはスカイラインの名前が取れ、初めて海外市場を見込んで展開されたモデルで発売され世界中で大人気となりました。

現在でも日本最速の一台であり、2008年当時ドイツニュルブルクリンクで量産車最速となるタイムを出し世界に衝撃が走りました。

モデルはスタンダードのGT-Rが570馬力を発生し、アッパーモデルのNISMOは600馬力を発生するモデルから選べます。

0-100kmの加速は2.7秒と驚異的な加速力で、最高時速は315kmと発表されていて、この静止加速はポルシェ911ターボと同等のタイムでもあります。

ニュルブルクリンクのタイムに関してはそれまで量産車最速出会ったポルシェ911GT2より早かったことでポルシェが躍起になり新たなモデルの制作に打倒GT-Rを掲げたというのは有名な話です。

価格は1000万円越えにまでなっており高級スポーツカーとして認識されています。

スポンサーリンク

ドバイ警察 ブガッティヴェイロン

ブガッティヴェイロンは世界初公式に時速400kmを超えた車で、最大出力は1001馬力を発生させるW16気筒に4つターボを掛け合わされたエンジンを搭載しており、静止加速は0-100kmが2.5秒、0-200kmまでは6.6秒、300kmまでは16.7秒と桁違いのタイムを記録しています。

日本のGT-Rも真っ青のスーパーカーチューブです。

メーカー公表の最高速度は407kmで100リットル入るガソリンタンクが最高速度で走り続けると12分で空になり、もしガソリンがあっても15分でタイヤがバーストすると言われています。

日本での販売価格は当時1億8千万円となっていて、もし宝くじが当たってもメーカーによる審査があり、ただお金を持っていれば買えるというわけではないことからもメーカーは顧客を慎重に選んでいたようです。

生産は300台と言われており、その中に、エルメスとのコラボや、カーボンむき出しのボディをまとった個体、よりパワフルなスーパースポーツなど20以上の特別モデルがあり、どれ一つとして同じ仕様がないと言われています。

日本へ正式に輸入されたのは15台と言われています。

パトカーにここまでお金をかけられるなんて、ドバイらしいですね!

イタリア警察 ロータスエヴォーラS

ロータスエヴォーラはイギリス伝統のライトウェイトの代表モデルでエヴォーラのアッパーモデルです。

ロータスは長年ライトウェイトモデルを世に送り出していている代表的なメーカーです。

かつてロータスは映画「007」にも登場したエスプリを送り出したメーカーです。

エヴォーラSにはトヨタ製の3.5リッターV6スーパーチャージャーエンジンが搭載されていて最高出力が350馬力を発生させます。

ライトウェイトということもあり同じボディサイズのスポーツカーより150kgから200kgは軽いので車の基本運動性能の加速、減速、曲がるがとても機敏です。

ワインディングロードやサーキットではハンドリングがとてもよく意のままに走ることができるので人気があるモデルで値崩れしにくいというメリットもあります。

価格は約900万円からとなっていますが、中古市場でも年数の割に値落ちしていないのが特徴ですし、一度運転すると病みつきになる理由がわかります。

スポンサーリンク

イギリス警察 キャパロT1

キャパロT1は公道のF1を目指して制作されたモデルで見た目通りF1マシンにカーボン製のカウルをつけただけのような車で、パトカーとは思えないようなデザインですね!

制作に携わったのは伝説的なマクラーレン・F1を設計したゴードン・マレーも制作に携わったこともあり話題になりました。

搭載されているのは3.5リッターV8エンジンは620馬力を発生させると言われており、それだけでも十分に速いのがわかりますが、この車は550kgと驚異的な軽さを誇ります。

その結果、静止加速は0-100kmは2.8秒、最高時速は335kmと言われています。

そしてF1マシンのエンジンのようにチューニングされたエンジンは1万回転以上回るようになっています。

そして最大旋回時にかかるGは市販車としては驚異的な3Gと言われています。

販売価格は4500万円からとなっており、全てオーダーメイドになっています。生産台数は35台と発表されていますが、日本には正式には輸入されていないようです。

 アブダビ警察 英ロールスロイス「ファントム」

ロールスロイスファントムは2003年に発売されたロールスロイスのフラグシップモデルで、BMW傘下になってから初めてのモデルになります。

このファントムは7代目となり、このモデルの特徴はフロントグリルの特徴的なパルテノン神殿をモチーフにしたフロントマスクと、ドアの開き方が観音開きとなっていて世界中のセレブ御用達のモデルとして愛されています。

ファントムは最初スタンダードなモデルのみでしたが、ロングホイールベースのEWBや、クーペのドロップヘッド、オープンモデルのドロップヘッドクーペが用意されていいます。

このファントムからロールスロイスはエンジンスペックを公表し始めました。

それまではエンジンの詳細は「オーナーさんのみ」ということで公表されておらず、全て6.75リッターということのみ公表されています。

7代目のファントムは460馬力と発表されていて当時は4700万円からとされていましたが、顧客は1000万円以上のオプションを組むのが平均と言われておりどの個体も同じ仕様はないと言われています。

世界のすごいパトカー まとめ

今回は世界のスゴイパトカー5台をご紹介しました。

どのパトカーも価格は高いですが、やはりアラブのドバイとアブダビの高級パトカーには驚きですね!

日本だと「税金の無駄遣いだ!」と叩かれることが必須ですが、ドバイの警察署長は市民の大喜びする姿をみて、このような高級車をパトカーに採用したそうです。

ドバイならではのお金の使い方と考え方ですね。

車種はともかく、どの国もパトカーは市民の安全を守るための車には変わりません。

皆さんも安全運転を心がけてパトカーのお世話にならないようにしてくださいね!

欲しかったSUVを値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

車は下取りではなく買取りを使わないと損します!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

無料で大手買取会社が最大5000社で車の買取価格を競ってくれるので、あなたの車の価格が吊り上がるのです!

結果的に、ディーラーに下取りを出すよりも欲しい車を安く購入することができます。

車の査定は後回しにすると損・損・損!!