SUVファン

人気SUVについての総合サイト

渋滞の原因やメカニズムは?右と左、高速と一般道どっちが早い?

渋滞の原因やメカニズムは?右と左、高速と一般道どっちが早い?

【車・査定】30万円~80万円の差!なぜ?

なぜ車を売るときにこんなに差が出るのか?

ディーラーは安く下取りするので絶対ダメです!

完全無料、1分ほどであなたの愛車の査定額がわかります!

渋滞の原因とメカニズム

道路の渋滞にはまると、それまでスムーズだった交通がのろのろ運転なって、なかなか目的地に着くことができず、イライラすることがありますね。

今回はそんな渋滞のメカニズムと右と左の車線はどっちがいいのか、渋滞したときは、高速と一般道はどっちが速いのかなどをお伝えします。

スポンサーリンク

渋滞のメカニズム なぜ渋滞が起きる?

渋滞とは、時速40km以下で低速走行、あるいは停止発進を繰り返す車列が1km以上かつ15分以上続した状態です。

渋滞は、意外なことに小さなことで起きることがあります。

事故渋滞と名のつくものもあり、その名の通り事故が原因によっておきる渋滞です。

しかしこの場合、その事故をほかのドライバーたちが減速しながら見るために、渋滞はさらにひどくなります。

渋滞の原因 事故

車間距離を置かずに走っている場合など、何かの拍子にブレーキを踏まなければならない状態になると、連鎖的に後続車もブレーキが必要になり、それにより数珠繋ぎ的に渋滞が発生してしまいます。

たった一台の急ブレーキや不必要な減速、また、発進の送れなどによって渋滞というのは起こってしまうのです。

他には、ゆるやかな登り坂になっている場合など、ドライバーが気づかないうちに速度が遅くなり、渋滞の原因となります。

ですから渋滞を起こさないためには、ある程度の車間距離を取り、急ブレーキを踏まなければならないほど前の車に近づかないなどの工夫が必要になります。

一定の速度で走り、ブレーキを踏まなくてすむ状態が渋滞を起こさない秘訣です。

渋滞のメカニズムは車間距離とブレーキのバランス、速度によるものです。

交通量が多い、トンネルや坂道やカーブなどで運転速度を一定に保てない車により周囲の車の速度に影響が出るなど、たくさんの車の速度バランスが影響します。

車線変更や合流地点でのスムーズな譲り合いも影響してきます。

スポンサーリンク

渋滞の先頭はどうなっている?

渋滞の原因とメカニズム

当たり前ですが、渋滞の先頭はスムーズに流れています。

渋滞の先頭の車は、不必要なブレーキを踏んだり、または発進が遅れたりした車です。

ひどい渋滞の場合には事故を起こした車が往生しています。

その事故がどうなっているのか気になって見たいために、車が減速しているような状態も渋滞の先頭によくある景色です。

そのほかに、交通量の多い交差点や国道や高速道路の合流地点であることもあります。

道路工事があり、いくつかある車線がその工事によって減らされている場合もあります。

その場合は道路工事が終わっているところからスムーズに流れだし、渋滞がなくなっていることもあります。

高速道路のインターチェンジなどでも渋滞が起こりやすくなります。

渋滞の先頭というのは、そのような様々な道路状況によって発生しているため、いきなりスムーズに走り出すものなのです。

トンネルや坂道を抜けたところなども渋滞の先頭である場合が多いです。

高速の渋滞では右と左車線どっちが速い?

渋滞右車線と左車線

高速道路では速い車は追い越しのために右車線に移るというのがルールです。

右車線を走るほうが速く走ることができ、目的地にも早く着くというのが一般的です。

ところが、渋滞が起きている状況での結果は少し違った結果になることもあります。

右車線に移動した車がなくなる分、左車線には余裕が出てきます。

前の車が右に移動すると、前方にスペースがあくため自動的に左車線にそのまま残っていた車は加速することができます。

ですから左車線から右車線に車が移動すればするほど左車線の流れは良くなるというわけです。

右車線においては、車が左車線から入ってくるため、その分どうしてもブレーキを踏んだりして車間をあけてあげなければならないケースが増えます。

すると右車線の流れはだんだん滞ってくるというわけです。

結果どちらが速いかというのは、どれだけの車が左から右の車線にどのタイミングで移動するかにかかってきます。

たいていのドライバーの心理としては、速く走るためには右車線に移動しようとするため左車線の流れのほうが結果的に速くなることが多いでしょう。

ただ、渋滞には先ほどお伝えしたように、いろいろな原因があるので、いつも左車線が速いとは限りません。

スポンサーリンク

高速が渋滞なら一般道の方が速い?

高速道路が渋滞の場合、一般道に移動していく車もあると思います。

どちらが速いかどうかは交通量によりますし、その高速道路に沿って一般道はどのように走っているのか、迂回する他のルートが一般道からどれくらいあるのかなどにもよります。

一般道のほうが脇道や迂回の道を使えるケースが多ければ、早く目的地に着く可能性もありますが大きな違いはあまりないと言えるでしょう。

なぜなら、高速道路が渋滞している場合、ドライバーの心理は必ず他の道(一般道)というオプションへと動くからです。

必然的に渋滞している高速道路からは一般道に移動していく車が増えるはずです。

そうすると高速道路は流れ出しますのでその行為は一長一短です。

ただ、一般道に降りる利点は、高速道路は一旦乗ったら次の出口まで降りることがでず、よって迂回のチャンスもありません。

ただ、GWやお盆などの帰省時期は高速道路が渋滞している場合は、一般道も渋滞していることがほとんどです。

この記事が動画でご覧になれます。

渋滞の原因とメカニズム まとめ

 

いかがだったでしょうか?

年末年始、ゴールデンウィーク、お盆などは多くの人が高速道路を使って移動するので、必ずと言っていいほど渋滞は発生します。

現在では、技術の発達により、かなり正確に渋滞予測ができるようになっていますが、それでも何十キロの渋滞ができることもあります。

そんなときは、スマートフォンで検索すれば好きな曲が流せますから、それを使ってイントロゲームをするのもおすすめです。

なつかしい曲から、流行の曲、想い出の曲などをながすと盛り上がります。

そのまま最後までみんなで歌うのもいいかもしれませんね!

渋滞ともなると退屈でユウウツになってしまいます。

しかしせっかく同じ時間を過ごすのなら楽しく過ごしたいですね。

欲しかったSUVを値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

車は下取りではなく買取りを使わないと損します!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

無料で大手買取会社が最大5000社で車の買取価格を競ってくれるので、あなたの車の価格が吊り上がるのです!

結果的に、ディーラーに下取りを出すよりも欲しい車を安く購入することができます。

車の査定は後回しにすると損・損・損!!