アウトランダーPHEVの充電時間や電気代・ガソリンの消費量どのくらい?

【車・査定】30万円~80万円の差!なぜ?

なぜ車を売るときにこんなに差が出るのか?

なぜ【一括査定】が楽・かんたん・お得なのか?

↓その理由はこちらをクリック!↓↓

車を維持するのは何かとお金がかかりますよね?
中でもガソリンなどの燃料費は日常的にかかる費用なので、悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

「三菱アウトランダーPHEV」は2019年4月で世界累計販売台数が20万台を達成した人気モデルです。発売開始が2013年なので、約およそ6年で達成したことになります。
人気の秘密は「プラグインハイブリッドEVシステム」を用いて充電することでガソリン消費を極限まで押さえたことにあります。

また充電する場所も豊富にあるのも人気のひとつとなっているようです。

今回は「三菱アウトランダーPHEV」の充電時間や電気代・ガソリンの消費量がどのくらいになるかについてご紹介します。

スポンサーリンク

アウトランダーPHEVの充電時間は?

引用:https://www.youtube.com/

「三菱アウトランダーPHEV」に充電する際に、まず気になるのが充電時間でしょう。
時間に余裕がある場合、充電に時間をかけてもよいでしょうが、急なお出かけなどでは素早く充電したいものです。

この章では、「普通充電」と「急速充電」の充電時間の違いについてお話しします。

普通充電の充電方法と充電時間

普通充電」とは、専用のケーブルを使って車と充電用コンセントをつなぐだけで簡単にできる充電方法です。
充電時間は約4時間30分です。

急速充電の充電方法と充電時間

「急速充電」とは文字通り急速充電用の充電器を車とつなぐことで、素早く充電できる設備です。
とにかく普通充電に比べて充電時間が短いので、時間のない時に重宝する充電方法で、充電時間は約25分です。

ちなみにその他の充電方法としては、エンジンが回転するパワーを利用し充電することもできます。
普通充電や急速充電のような外部からの充電ではなく、走行中でも停車中でも充電できるのが特徴です。

充電できる場所

「三菱アウトランダーPHEV」に充電するには、充電できる場所が豊富でないと不便です。
充電できる場所としては自宅だけでなく、様々な場所で充電できます。

具体的には、

・三菱自動車販売店
・高速道路のサービス
・ショッピングセンター
・コンビニエンスストア
・宿泊施設
・道の駅

などで、NCSというネットワークでつながっており、一枚の充電カードで利用可能できます。

ちなみに、三菱自動車販売店では全国約510店舗で充電できます。
充電できる機械は充電方法ごとに分けると、全国では急速充電が約6,200基、普通充電が約14,600基もあります。

このように、「三菱アウトランダーPHEV」を充電できる場所は数多くあり、また気軽に立ち寄れる場所にあるため利便性の高いものとなっています。

スポンサーリンク

満充電の電気代はいくら?

引用:https://www.youtube.com/

続いて「三菱アウトランダーPHEV」を満充電するのにかかる電気代についてお話しします。
費用がいくらかかるかは、オーナーの置かれた環境によって異なります。

ここでは口コミなどを中心に、基本的な費用や電気代について見てみましょう。

基本的な費用

まず、既にご紹介したNCSというサービスを利用するには、

・入会金:1,500円(税抜)
・基本料金:月額500円〜1,500円(税抜)

が必要です。

基本料金は普通充電のみができるサービスに加入すると安くなりますが、普通充電と急速充電の両方を利用すると高くなります。

満充電するには電気代はどれくらいかかる?

「三菱アウトランダーPHEV」のホームページでは、家で充電する場合にかかる一般的な電気代について紹介されています。

それによると、電力会社との契約で夜間時間帯の電気代を安くする方法を選択すると、一例として1kWhあたり20円の契約で約250円程度、30円の契約で約370円程度で満充電になると説明されています。

しかし、これはあくまでも一例であり実際の満充電の電気代はどれくらいかかるかを口コミサイトから調べてみました。

口コミサイトに寄せられた情報

口コミサイトの情報は「三菱アウトランダーPHEV」のオーナーの生の声ですので、参考になるでしょう。

・深夜に満充電して電気代は約130円で55㎞も走ることができました。 
・通勤で1日平均15km程度走るので、3日で1回百数十円程度で済みます。

このように、それほど遠出をするのでなければ、1回の満充電で日常的な走行が可能なだけでなく、かなり経済的と言えますね。

スポンサーリンク

充電にガソリンはどのくらい消費する?

引用:https://www.youtube.com/

「三菱アウトランダーPHEV」は電気の力を利用して走行する車ですが、全くガソリンを消費しないわけではなく、メンテナンス等のためガソリンを消費します。

公式ホームページによると、「約3ヶ月間、1回の給油量が約15L以下の場合、エンジンなどのメンテナンスを行う(メンテナンスモード)」と書かれています。
取扱説明書によると「メンテナンスモードを解除するには、1回に15L以上給油する必要がある」と書かれています。

しかし、口コミサイトの情報では、例えば2回に分けて15L以上給油すれば解除されたという話もあります。

いずれにしても、「三菱アウトランダーPHEV」は車を維持するのにガソリンの消費はある程度必要であるということが分かります。

アウトランダーPHEVの充電 まとめ

引用:https://www.youtube.com/

いかがでしたか?
今回の記事では「三菱アウトランダーPHEV」の充電時間や電気代・ガソリンの消費量がどのくらいになるかについてご紹介しました。
「三菱アウトランダーPHEV」の車両本体価格は400万円~500万円近くするため、抵抗を感じる方もいるでしょう。

しかし、充電のしやすさという使い勝手だけでなく、ガソリンなどの燃料費の安さなどを考えると価格に見あった車と言えるのではないでしょうか?

今回の記事を読んで「三菱アウトランダーPHEV」の魅力に触れていただけたらと思います。

欲しかったSUVを値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

「SUVが欲しいけど予算オーバーだ…」

「新型SUVをなるべく安く買いたい…」

「もう少し上のグレードが欲しいけど高い!」

「値引き交渉がどうも苦手で…」

「今の愛車を高く売りたい!」

など、SUVの購入を検討してるけど、悩みが尽きない…

車を購入するときは、いろんな悩みが出てきますね。

家族や友達に相談しても、どうにもならないし、クラウンには手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使わないと損します!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

一括査定サイトを使うと、大手買取会社が最大10社であなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的にあなたの車の価格が吊り上がるのです!

車の査定は後回しにすると損・損・損!!