アウトランダーPHEVの評価・口コミ!乗り心地や燃費の評判は良い?悪い?

【車・査定】30万円~80万円の差!なぜ?

なぜ車を売るときにこんなに差が出るのか?

なぜ【一括査定】が楽・かんたん・お得なのか?

↓その理由はこちらをクリック!↓↓

アウトランダーPHEVを検討している場合は、評価・口コミが良いのか悪いのか気になるところですね。

特に乗り心地や燃費に関しての、評価・口コミは重要なポイントとなってきます。

また、アウトランダーPHEVは電気だけで走ることのできるEVモードも備えているということで、電気自動車の日産リーフとの比較もしていきます。
画像引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/

スポンサーリンク

アウトランダーPHEVの燃費の評価・評判

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/アウトランダーPHEVのカタログ燃費は、WLTCモードで「16.4km/L」です。

では実際に走行すると、どれくらいの燃費になるのか口コミを紹介していきます。

アウトランダーPHEVの実燃費に関しての口コミ・評価

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/

アウトランダーPHEVの実燃費

・高速で15km/L~16km/L

・暖房をつけると燃費は悪化し30キロしかEV走行はできません

・市街地12km/L前後、高速14km/L~18km/L程度

アウトランダーPHEVの実燃費は、高速道路で「14km/L~16km/L」という口コミがあります。

中には、一般道でも「15km/L~17km/L」という、実燃費になることもあるようです。

アウトランダーPHEVには前輪と後輪に、それぞれモーターが備え付けられていて、EV走行では力強い発進と加速性能を実現しています。

また、制動力にも優れていてツインモーター4WDを基本として、走行安定性の向上を図っています。

車の加速力と低燃費を両立した車が、アウトランダーPHEVだといえます。
EV走行では暖房などを付けると電気を消費する分、走れる距離は通常よりも短くなります。

私も電気自動車にのったことがありますが、暖房をつけた状態で走行すると、ものすごい勢いでバッテリーが消費されていきました。
アウトランダーPHEVの場合は、完全な電気自動車ではないのでバッテリー充電がなくなっても、ガソリンだけでも走行を続けることができます。

実燃費はカタログ値よりも落ちますが2400ccクラスでこのボディーサイズなら、口コミの燃費はかなり良いほうだと言えます。

電気自動車 日産リーフと比較

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/

リーフの実燃費

・のんびり走れば満充電で250~300キロ走りそう。

・街乗りで1kwあたり7km~8km

・夏(冷房使用)8km冬(暖房使用)7kmくらい

リーフはゆっくり走れば、それなりにバッテリー消費は少なくなります。

日産が1日レンタルキャンペーンをしていたころに、試乗したことがありますが、電気だけの動力ですがアクセルを踏むと即座に加速していきました。

私が運転したときは、ディーラー営業マンが「満タンに充電してます」と言って、試乗をさせてもらったのですが、30分間走りを楽しんでいたら、バッテリーが半分になってしまいました。

日産リーフ
引用:https://newsroom.nissan-global.comreleases

バッテリー消費は運転のしかたによって、かなり違ってきます。

リーフの充電時間は、急速充電器で「60分」でかかりますが、アウトランダーPHEVの充電は、急速充電器でなんと「25分」で完了します。

スポンサーリンク

アウトランダーPHEVの乗り心地の評価・評判

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/

アウトランダーPHEVの乗り心地

・妙な硬さもなく突き上げも気になりませんでした

・路面からの突き上げは多少は感じますがうまく収束して快適です

・足回りは硬すぎず柔らかすぎず、上質です

アウトランダーPHEVは多少の突き上げを感じる人もいるようですご、乗り心地は良いという評判です。

とくに、アウトランダーPHEVのグレード「Sエディション」は、ビルシュタイン製のショックアブソーバーを採用していて路面の追従性を高めて、タイヤの接地性能もよいです。

三菱がこだわったサスペンションなので、路面からの突き上げをやわらげ乗り心地は良いという評価です。

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/
みんカラの口コミでは、「EVなので静粛性がある」と言う声もあります。

人によっては純正タイヤをすぐに交換してしまう人もいるようなので、ロードノイズの感じかたに違いがあるかもしれません。

動画での試乗レポートでは、静かすぎて逆にロードノイズが目立って聞こえるという声もあります。

アウトランダーPHEVとリーフの乗り心地を比較

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/
リーフを試乗したときのことを思い出すと、ロードノイズはほとんどなく、道路の継ぎ目を通っても、気になるほどゴツゴツした衝撃はなかったです。

電気自動車なのでエンジン音はもちろんありません。

口コミでは「キーンという音がする」ということでしたが、私が試乗したリーフは聞こえませんでした。

他の人の口コミはどうなのかも、少し見てみましょう。

リーフの乗り心地

・とにかく静かで気持ちの良い乗り味でした

・アウトランダーPHEVと比較するとゴツゴツした乗り心地

・突き上げがかなりあった。けれど気にならないレベル

ロードノイズ自体は静音タイヤなどに交換すれば、より静かになる可能性もあります。

ただ、アウトランダーPHEVと比較している口コミでは、リーフのほうがゴツゴツした乗り心地ということでした。

確かに、アウトランダーPHEVの口コミでは、ロードノイズもほぼなくて突き上げ感がないという声が多かったので、乗り心地に関してはアウトランダーの方が好評のようです。

スポンサーリンク

アウトランダーPHEVの走行性の評価・評判

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/

・パワーはECOモードでも十分なくらいある

・重いのに素晴らしく加速するし、曲がる。

・パワーも十分備えていると思います

アウトランダーPHEVの走行性能ですが、ハイブリッドはエンジンにプラスしてモーターもアシストしているので、パワーはあります。
ハイブリッドはパワーがないというイメージが強いですが、アウトランダーPHEVに関してはパワー不足という声がほとんどありません。

アウトランダーPHEVの車両重量は「1,920kg」ですが、重い車体を感じさせないほど、グイグイと加速していきます。

みんカラの口コミでは「追い越し時のパワーも十分備えている」と言う声もあり、非常にハイパワーで加速にストレスのない車だといえます。

アウトランダーPHEVの評価・評判・口コミ まとめ

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/
アウトランダーPHEVの実燃費は、思った以上に良く2,400ccで「12km/L」と、そこそこ満足できる燃費ではないでしょうか。

電気自動車の場合は、バッテリーがなくなってしまうと走れなくなりますが、アウトランダーPHEVの場合は、バッテリーがなくなってもガソリンで走行ができます。

なので、常にバッテリーの残りを気にして走行する心配はありません。

アウトランダーPHEVは、無理をして自宅に充電設備を備えなくても、ディーラーやコンビニ、商業施設などの充電設備で充電も可能です。

充電も急速充電器なら「25分」なので、ショッピングをしている間に完了するほどの早さです。

こらからアウトランダーPHEVの購入を考えている方は、実際に乗ってみて、乗り心地や加速感など体験して判断してみると良いですね!

欲しかったSUVを値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

「SUVが欲しいけど予算オーバーだ…」

「新型SUVをなるべく安く買いたい…」

「もう少し上のグレードが欲しいけど高い!」

「値引き交渉がどうも苦手で…」

「今の愛車を高く売りたい!」

など、SUVの購入を検討してるけど、悩みが尽きない…

車を購入するときは、いろんな悩みが出てきますね。

家族や友達に相談しても、どうにもならないし、クラウンには手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使わないと損します!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

一括査定サイトを使うと、大手買取会社が最大10社であなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的にあなたの車の価格が吊り上がるのです!

車の査定は後回しにすると損・損・損!!