SUVファン

SUVをメインにした車の総合サイト

車のオイル添加剤って効果あるの?使えない車もあるので注意!

車のオイル添加剤って効果あるの?使えない車もあるので注意!

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

①ディーラーでの下取り、買取店は大損!

②売却はオークション型の「安心車jp」が一番高い!

③購入の際、ある方法でディーラーと値引き交渉!

大幅値引きでグレードアップやオプションをつける!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・最大50万円高く売れる

45秒であなたの車を無料査定してみる

最近はガソリン代が高くなっているので、車の維持費も気になりますよね。

特に通勤や仕事で毎日車を使う人なら、少しでも燃費がよくなってくれれば家計の負担も軽減できます。

でも、ちょっとした一工夫をするだけで、車の燃費を良くして、ガソリン代を安くすることができます。

その方法がエンジンオイルに添加剤を加えることです。

車を運転する上で、エンジンオイル添加剤は絶対に必要というものではありませんが、オイルにちょっと加えると性能が上がり、結果的に車の運転を快適にしてくれます。

さらにエンジン自体も長持ちするので、車の故障も防げます。

ただし、車に合った製品を選ばなかったり、使用するタイミングを間違えてしまうと、思わぬトラブルが生じることもあるので注意が必要です。

今回の内容を見れば、オイル添加剤とはどのようなものなのか、またその選び方やガソリン添加剤との違いについて知ることができます。

スポンサーリンク

車のオイル添加剤を入れるとどうなるのか?

エンジンは車の部品の中でも最も重要な部分です。

エンジンの中ではピストンが高速で動いているので、そのままでは金属摩擦が起きてすぐに故障してしまいます。

そのため、金属摩擦を防ぐために潤滑油を入れる必要があり、この潤滑油の役割を担うのがエンジンオイルです。

しかしエンジンオイルは使っていくうちに、金属のすり減ったカスが溜まるので、一般に3000キロから5000キロ車を運転したら、新しいオイルと入れ替える必要があります。

ところが、エンジンオイルも時間が経つにつれて、劣化して本来の性能が出せなくなります。

やがてはエンジンに不調をきたして、車の故障の原因に繋がりますし、エンジン本来の働きが低下するので燃費も下がってしまいます。

そのため、エンジンオイル添加剤を加えることで、エンジンオイルの劣化して低下した部分を補い、本来の性能を取り戻すのを助けます。

新しい車にエンジンオイル添加剤を入れても、目に見える効果を感じることは少ないですが、古い車に入れるとエンジンオイルの性能が戻るので、エンジンの働きが上がります。

エンジンが静かになり、気になる音が消えたり、坂道でも楽に走れてパワーが上がったように感じたという人もいます。

さらにはエンジンオイル添加剤の中には、オイルの油膜を強化したり、ゴムを膨張させる商品もあり、この添加剤を入れると、パッキンやエンジンからオイルが漏れるのを防いでくれます。

エンジンオイル添加剤は幾つかの種類があり、場合によっては何種類かを混ぜて使うこともあるので、エンジンへの効果に合わせて選ぶとよいでしょう。

created by Rinker
KURE(呉工業)
¥1,114 (2022/07/07 07:40:43時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

オイル添加剤のメリット、デメリット

エンジンオイル添加剤を使うと幾つかのメリットがあります。

その一つがエンジンオイルを洗浄して汚れを防いでくれることです。

一部の添加剤はエンジンの中に保護膜を張る成分が含まれていて、エンジンが高速ピストン運動で出る金属のカスの量を抑えてくれます。

そうすることでエンジン自体に溜まる汚れが少なくなり、エンジンオイルの性能もそれほど下がりません。

そのためオイル交換をついつい忘れてしまう人は、この添加剤を入れておくと安心できます。

created by Rinker
ピットワーク(Pitwork)
¥1,130 (2022/07/07 13:05:36時点 Amazon調べ-詳細)

また、エンジンの性能を助けてくれる添加剤もあり、オイルに加えるとエンジン内部での金属摩擦が緩和するので、エンジンから出る音を下げたり、エンジンの動きが静かになります。

エンジンオイルよりも摩擦が少なくなるため燃費も良くなります。

ただ、添加剤を入れることによるデメリットもあります。

例えば、エンジンオイル自体にたくさんの添加剤が含まれているものを使用している場合、何か一つの添加剤を加えても、さほど変わっていないような気がして、効果を感じないという方もいます。

さらに、一部の車ではエンジンオイル添加剤を入れるとエンジンの不具合に繋がる場合があります。

例えばスポーツタイプの車の場合、専用のエンジンオイルがあり、余計な添加剤を加えてしまうと、オイルの性能が変わってエンジンがトラブルを起こすこともあります。

そのためエンジンオイルの添加剤を入れる前に、自分の車のエンジンオイルとの相性がどうかをよく見極める必要があります。

添加剤によっては混ぜてはいけない商品もあり、一般的にメーカーの異なる添加剤を混ぜて使うと、不具合を起こすこともあるため注意が必要です。

スポンサーリンク

ガソリン添加剤とオイル添加剤の違い

車の内部をきれいにしてくれる商品の中にはガソリン添加剤もありますが、ガソリン添加剤とオイル添加剤には明確な違いがあります。

オイル添加剤の効果は先ほど説明した通りで、エンジンオイルの注入口から加えます。

これに対してガソリン添加剤はガソリンの給油口から加えます。

エンジン内部ではなく、ガソリンがエンジンにたどり着くまでの部分をきれいにしてくれる効果があります。

例えば、ガソリンに点火して爆発する上で、燃えカスのようなものが溜まっていくと、エンジンが本来の力を発揮できなくなり負担がかかります。

潤滑効果のあるガソリン添加剤を加えることで、汚れを除いてくれます。

さらには、油膜効果のある添加剤を使えば、一度取れた汚れが再びこびり付くのを防いでくれます。

さらにガソリンの劣化を補い、本来の性能まで高めてくれるので、エンジンのパワーが上がったり、走れる距離が長くなりガソリンを給油する回数が減ります。

さらにはガソリンから出る排気ガスにも効果があり、環境問題が騒がれている今の時代には一定の効果もあります。

ガソリン添加剤は給油したガソリンに対して、どれほど加えるかの適量が決められています。

説明書に沿って適量を入れないとに逆にエンジンの性能が悪くなってしまうこともあるので注意が必要です。

ガソリン添加剤とオイル添加剤は、効果は同じでも働く部分が違うものなので併用して使うことができます。

車の添加剤 まとめ

エンジンオイル添加剤はオイルを交換した時に、注入口から加えるだけなので割と簡単に使用できます。

使うときには説明書をよく読み、自分の車にあった添加剤を選ぶようにしましょう。

長い期間乗っている車であれば、どうしてもエンジン内部の劣化が見られます。

添加剤を入れれば、エンジンの内部を油膜で覆うことができるので、多少エンジンが静かになったり、パワーも少しだけ上がるかもしれませんが、頻繁にオイルを交換する方がもっと大切です。

また普段は全く乗らない車であれば、オイル添加剤を入れてもさほどの効果は期待できません。

オイル添加剤を加えることで大きな効果を期待するよりも、入れておけば安心できる程度の心構えのほうが無難でしょう。

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

買い取り、下取りは大損します!

①ディーラーは新車がメイン、買取店と比べると買取価格が安くなる。

②少しでも愛車を高く売るなら、一括査定がおすすめ!

③「安心車jp」なら社から買取価格を提示!

④一番高い価格の業者に売るだけ!連絡は1回のみ!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・ガリバーやビッグモーターなどの優良企業なので安心!

45秒であなたの車を無料査定してみる