SUVファン

SUVをメインにした車の総合サイト

燃費を20%よくする【5つの方法】知らなかったでは済まされない

燃費を20%よくする【5つの方法】知らなかったでは済まされない

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

①ディーラーでの下取り、買取店は大損!

②売却はオークション型の「安心車jp」が一番高い!

③購入の際、ある方法でディーラーと値引き交渉!

大幅値引きでグレードアップやオプションをつける!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・最大50万円高く売れる

45秒であなたの車を無料査定してみる

新型コロナの影響でガソリン代が高くなって困りますよね。

都市部に住んでいて、普段はバスと電車がメインで週末だけ車に乗るという方なら、さほど影響ありませんが、普段から車をメインで使う方にとっては迷惑な話です。

仕事に行く時も買い物をするにしても車がないといけないので、高いガソリン代は家計を圧迫します。

ただでさえコロナの影響で収入が下がり、生活を切り詰めなければならないのに、ガソリン代まで上がってしまったのは痛いところです。

いっそのこと燃費のいい車に買い替えたいところですが、多くの方がそんな余裕もありません。

でも、どんな車でもちょっとした工夫で燃費を抑えることができます。

今回は燃費を20%良くする5つの方法をお伝えします。

上手に車を乗りこなせば、ガソリン代を抑えることができ、家計への負担も減らせますよ!

スポンサーリンク

【急】アクセル、ブレーキは燃費が悪くなる原因

車を運転する時には急な動作を避けるようにしましょう。

人間でもそうですが、マラソンをしている時に、急に走り出して急に止まる、を何度も繰り返していると体は疲れてヘトヘトになってたくさんの体力を消耗します。

対照的に周りをよく見て走り、周囲の状況に合わせてスピードをコントロールして、ペースを上げ下げすればさほど疲れません。

同じように車を運転する時でも、赤信号から青に変わった瞬間に、アクセルペダルをグッと踏み込んでスピードを上げ、次の信号が赤なので、ブレーキペダルを踏んで急に止まるような動作を繰り返すと、エネルギーの消費効率が下がり燃費が悪くなります。

また市内の走行をする時にはブレーキペダルを踏むのではなく、なるべくエンジンブレーキを使うようにしましょう。

エンジンブレーキとはアクセルから足を離せばいいだけです。

周りをよく見て次の信号が赤でしばらく青に変わりそうにないなら、信号の手前でブレーキを踏むのではなく、早めにアクセルペダルから足を離して、徐々にスピードを落とすようにすれば、余計なエネルギーを使わずに済みます。

スポンサーリンク

エアコンの暖房は燃費に影響しない

暑い夏の日に冷房を付けないと車の中は灼熱の地獄です。

逆に、寒い冬の日であれば暖房がないと寒くて運転に集中できません。

エアコンを付けると燃費が悪くなるという方もいますが、冷房を使った時と暖房を使った時では燃費の消費が異なります。

暖房は燃費にほとんど影響しません。

というのもエンジンが動くと熱くなり、熱を冷ますために冷却水を使っているくらいなので、車の中に暖まった空気を送るのに、余計なエネルギーは必要ありません。

しかし冷房を使う時にはそうはいかず、冷たい風を送り出すためには、車の中に取り付けられているコンプレッサーを起動しなければなりません。

コンプレッサーを動かすための動力はエンジンが補うため、冷房を付けている時にはエンジンに余分な力がかかり燃費も悪くなってしまいます。

冷房を使うときのコツは、最初は窓をあけて熱気を逃し、次に外からの熱い空気を取り入れる「外気モード」で車内の空気を入れ替え、ある程度冷えてきたら「内気循環モード」を選択して、すでに冷やされた空気を車内に循環させれば、燃費をよくすることができます。

スポンサーリンク

タイヤの空気圧

空気の抜けている自転車をこいだら、ペダルが重く感じたことはありませんか?

タイヤの空気圧を普段からチェックしているという人はあまり多くないと思いますが、タイヤの中の空気が少ないとタイヤが凹んでしまい、それだけタイヤと地面に接する面積が増えます。

そのため、タイヤの空気が満たされている時と比べて、タイヤが回転する時にスムーズに走ることができずに、余分な力がかかってしまいます。

またタイヤの空気が減っている状態で高速道路を運転して、タイヤが高速回転すると過剰の負荷がかかり、タイヤが破裂する現象が起きるので危険です。

タイヤの空気は普段からチェックして、不足させないようにしましょう。

逆に車の燃費のことだけを考えると、適正よりもタイヤの空気を少し多めに入れておけば、効率よくタイヤが回転します。

自分で運転していてもちょっと軽くなったような気持ちになります。

しかし、適正な空気圧を超えて空気をたくさん入れていると、接地面積が少なくなるので、急ブレーキの利きが悪くなるということも知っておいてください。

荷物やガソリンの量など

人間が走る時に重い荷物を持って走るのと、荷物を持たずに軽いままで走るのでは体にかかる負担が違うように、車の中に重い荷物があると、それだけ負担が増えて燃費も上がってしまいます。

しかし、市内を走行するなど車をちょっと運転するだけなら、10キロから20キロの荷物であれば、燃費に大きな差は出ません。

もし普段から使わない荷物が車の中に乗せっぱなしの人は一度車の中を整理してみると良いでしょう。

車の中に重い荷物はなくても、ガソリンの量が燃費に影響することもあるようです。

それでガソリンを満タンにするのではなく、頻繁に少しずつ給油するようにすると車体が軽くなるので燃費が下がるという方もいます。

60Lで満タンの車を30Lずつ入れれば、30キロ軽くなるわけですが、この方法は1~2%程度に燃費が良くなるだけなので、あまり効率的とはいえません。

また、日によってガソリンの値段も変わるので、ガソリン代が安い日に多めに入れておいた方がお得と考える方もいます。

ガソリンの入れる時間帯

ガソリンを入れる時間帯によってガソリン代が変わるという方もいます。

一部の人の主張ではガソリンは昼よりも朝に入れた方が値段は安くなるようです。

その理由は体積です。

確かにガソリンなど液体には温度が低いと体積が小さくなり、温度が高いと体積が大きくなるという性質があります。

ガソリンスタンドの値段の測定は重さでなく体積で測られています。

夏場であれば朝と日中の温度差はあまり感じませんが、冬場であれば朝と日中で温度差が10度ある日もあります。

そのため、温度の低い朝にガソリンを入れることを習慣にすれば、同じ値段でも日中よりも少し多めにガソリンを入れられるというわけです。

しかし現実には、ガソリンが保管されているタンクは、地上ではなく、地下に埋められているため、外の気温の影響を受けません。

朝だからといって体積が極端に小さくなることはありません。

また、ガソリンスタンドの給油機自体に、温度補正機能が付いているので、たとえ朝入れてガソリンの体積が小さかったとしても、料金を支払う時には補正されてしまいますので、この話は都市伝説といえるでしょう。

車の燃費をよくする5つの方法  まとめ

ガソリン代が安定せずに変動しているので、誰もが燃費を抑えたいと思っています。

燃費を抑えるためにエコカーに買い換えることもできますが、普段からタイヤの空気圧を調整したり、車の中の重い荷物を減らすなど、自分の車のメンテナンスを定期的に行っておくと今の車もままでもガソリン代を節約できます。

また、安全運転も燃費を抑える上で効果があります。

例えば、運転中に急発進して急ブレーキをかけると車に与える負担が増え、ガソリンを多く消費することになります。

普段から周りをよく見て運転して、信号の前で減速しスピードを落として徐々に停止するなど、車に優しい運転を心がければ、燃費も下がり交通事故の危険も下がります。

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

買い取り、下取りは大損します!

①ディーラーは新車がメイン、買取店と比べると買取価格が安くなる。

②少しでも愛車を高く売るなら、一括査定がおすすめ!

③「安心車jp」なら社から買取価格を提示!

④一番高い価格の業者に売るだけ!連絡は1回のみ!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・ガリバーやビッグモーターなどの優良企業なので安心!

45秒であなたの車を無料査定してみる