SUVファン

SUVをメインにした車の総合サイト

スタッドレスタイヤとスノータイヤの違い!チェーンとどちらが効果的?

スタッドレスタイヤとスノータイヤの違い!チェーンとどちらが効果的?

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

①ディーラーでの下取り、買取店は大損!

②売却はオークション型の「安心車jp」が一番高い!

③購入の際、ある方法でディーラーと値引き交渉!

大幅値引きでグレードアップやオプションをつける!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・最大50万円高く売れる

45秒であなたの車を無料査定してみる

冬道を車で走行するために必要な冬タイヤですが、いくつか種類があることはご存知でしょうか。

毎年関東でも大雪が降り、夏タイヤで苦労している人を大勢見かけます。

全く雪が降らなかったり、もし降っても凍らない地域にお住まいの方であれば冬タイヤは不要ですが、雪国にお住まいの方が必要となることは言うまでもありません。

そもそも冬道を夏タイヤで走るということは道路交通法違反にあたります。

冬は車を運転しない方にとってはそれほど必要のないことではありますが、どうしても車が必要である方にとって、冬タイヤを準備しておくことは車を運転する上で必要なことであることを理解しましょう。

今回の内容を見れば、スタッドレスタイヤとスノータイヤの違い、またチェーン走行など、それぞれの特徴やメリット、デメリットを知ることができます。

スポンサーリンク

スタッドレスタイヤの特徴

スタッドレスタイヤとは、冬道を走行することに特化したタイヤです。

夏タイヤと比較してもゴムが柔らかく、溝が多いことが特徴です。

最も違いが出るのが氷の上を走行する時に大きな違いが現れます。

夏タイヤで氷の上を走ると進まず、なんとかスタートできたとしても逆に止まることはできません。

しかし、スタッドレスタイヤでは夏タイヤとは比べられないほどに進みますし止まります。

雪の多い北海道で最も使用されているタイヤです。

スタッドレスタイヤを履いているだけで冬道の走行は格段にアップするのです。

しかし、注意しなければならない点があります。

アスファルト路面に対しては夏タイヤより性能が落ちると言うことです。

夏タイヤよりも溝が多いので設置面が減り、アスファルトでのグリップ力は落ちてしまうのです。

スタッドレスタイヤでアスファルト路面を走ることは可能ですが、万が一の急ブレーキでは制動距離が伸びてしまいますので危険です。

とはいえ、アスファルト路面を走れることは走れるので、雪の降る地域に住んでいる人は雪が降る数週間前からスタッドレスタイヤに履き替えておき、雪が溶けると夏タイヤに履き替えることが一般的です。

スタッドレスタイヤはゴムが柔らかいため、アスファルトではすぐに減ってしまうとう点も注意が必要です。

スタッドレスタイヤのゴムが経年劣化により硬くなってくると走行にも影響するため買い換えるのですが、来シーズンは買い換えなければならないという人はそのまま夏場もスタッドレスで過ごす人も大勢います。

この場合、夏の間にスタッドレスはかなり消耗してしまうので必ず買い換えることが必要になります。

では、よく聞くスノータイヤとスタッドレスタイヤの違いは一体なんなのでしょうか?

スポンサーリンク

スノータイヤとスタッドレスタイヤの違い

スノータイヤとは冬道を走るためのタイヤの総称です。

結論から言えば、スタッドレスタイヤもスノータイヤに含まれます。

豪雪地帯の方々は使用しない言葉となっていますので、あまり馴染みのない言葉となっています。

もし雪が降らない地域の方が雪の降る地域へ転勤していった場合、スノータイヤという名称を出すと馬鹿にされたり「何言っているの?」と言われることが多くあります。

そもそも、1990年に廃止されたスパイクタイヤが主流だった時代には総称してスノータイヤと呼んでおりましたが、スパイクタイヤはアスファルトを削り粉塵を巻き上げるので現在は廃止されています。

一部の地域ではスパイクタイヤを履くことが許可されておりますが、雪道限定で許可されているのでスパイクタイヤでアスファルトを走ることは禁止されています。

もし見つかった場合は、整備不良の切符を切られてしまいます。

スタッドレスタイヤとスパイクタイヤを比較すると、圧倒的にスパイクタイヤのほうがグリップ力があります。

1990年に禁止されてからスパイクタイヤの研究が進んだと言って過言ではありません。

そのため、スパイクタイヤが禁止になってしばらくは雪道の事故が多発してしまったという現状もありました。

今はかなり止まるようにはなりましたが、それでもスパイクタイヤの方が性能が高いです。

ただし、アスファルトでは性能が落ちてしまい、スタッドレスタイヤでアスファルトを走るよりも性能が落ちてしまうことも忘れてはなりません。

イメージとしては、靴の裏に鋲を刺して走るイメージです。

この二種類をスノータイヤと呼びますが、現在はスタッドレスタイヤがメインであるということで覚えておけば大丈夫です。

では、タイヤにチェーンを巻いて走るのとスタッドレスではどちらが効果的なのでしょうか?

スポンサーリンク

チェーン走行とスタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤの性能だけでは、カバーできないほどの雪道を走る場合はチェーンの出番になります。

タイヤにチェーンを巻いて走行することで、氷の上や雪の上を走行することを可能にするものです。

タイヤ交換よりも簡単に行えることで手軽に冬道を走行できる便利なものです。

チェーンにも種類があり、鎖を巻きつけるタイプのものもあればゴムにスパイクがついているタイプもあります。

路面に接している部分は鉄なので、アスファルトでの走行性能は落ちるので注意は必要です。

また、スピードが制限されることもデメリットと言えます。

いくら高額のチェーンを購入したとしても、高速走行に絶えられるだけの部品ではありませんので低速走行を余儀なくされます。

しかしながら、チェーンをつけて雪道にハマることは少ないです。

特にトラックなどの重い車体などで頻繁に使用されています。

普通車であれば雪道で、ハマってしまった場合にも牽引ロープなどで引っ張れば脱出することは可能ですが、重量が大きい車ではなかなか引っ張ることはできません。

そのためチェーンが必須事項となります。

長距離トラックなどはスタッドレスを履いていますが、近距離の宅急便のトラックなどはチェーンをつけることが多く見受けられます。

また、鎖を巻きつけるタイプよりもゴムに金属が装備されているものの方が高速走行が可能です。

製品にもよりますが、ゴムタイプであれば60km/hほどで走行することが可能であるものもあるため、高速道路に乗らない限りは走行に全く支障のないものも存在します。

冬道が長く続く地域であればスタッドレスが良いですが、ほんの数日必要になる場合はコスト面も考えてチェーンをつけるという選択肢も良いかもしれません。

法律上も、冬道を夏タイヤで走ることは禁止されていますがチェーンをつければ大丈夫です。

雪道の走り方

冬道を夏タイヤで走ることは危険です。

事故を起こす心配があることはもちろんですが、少しの坂道も全く進まなくなったり一旦止まってしまってはなかかな発進できません。

そのため、大渋滞を巻き起こす危険性があるのです。

アスファルトの上を夏同様に歩いている状態で、突然スケートリンク上を歩くことと同じなのです。

以前のように進めない、止まれないという状況になるのは明らかです。

冬道の備えがないのであれば、路面が凍ってしまった時には車を運転してはいけません。

しかし、スタッドレスタイヤを準備するのはタイヤだけではなくホイールも必要となります。

もし数日間しか路面が凍結しない地域であれば、その日は車に乗らないかチェーンをつけましょう

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

買い取り、下取りは大損します!

①ディーラーは新車がメイン、買取店と比べると買取価格が安くなる。

②少しでも愛車を高く売るなら、一括査定がおすすめ!

③「安心車jp」なら社から買取価格を提示!

④一番高い価格の業者に売るだけ!連絡は1回のみ!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・ガリバーやビッグモーターなどの優良企業なので安心!

45秒であなたの車を無料査定してみる