SUVファン

SUVをメインにした車の総合サイト

【徹底比較】ヤリス・ノート・フィットはどれがおすすめ?燃費や価格

【徹底比較】ヤリス・ノート・フィットはどれがおすすめ?燃費や価格

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

①ディーラーでの下取り、買取店は大損!

②売却はオークション型の「セルカ」が一番高い!

③購入の際、ある方法でディーラーと値引き交渉!

大幅値引きでグレードアップやオプションをつける!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・最大50万円高く売れる

45秒であなたの車を無料査定してみる

SUVの人気が高まる中、各メーカーのコンパクトカーも負けてはいません。

中でも、トヨタヤリス、ホンダフィット、日産ノートは人気が高いコンパクトカーです。

「買い物や通勤のセカンドカーで欲しい」

「軽自動車ではちょっと物足りない」

「SUVやミニバンほど大きくなくてもいい」

など、コンパクトカーは燃費もよく、小回りもきき、さらに5人乗りなのでファミリーカーとしてや街乗り用としても利用できます。

今回は、ヤリス、ノート、フィットのサイズ、内装、燃費や価格帯などを徹底比較していきます。

記事用

ヤリス、ノート、フィットの比較動画もあるので最後まで見てね!

スポンサーリンク

ヤリス・ノート・フィットのサイズ比較

はじめに、この3車種のボディーサイズを比較してみましょう。

全高はグレードによって多少の差が生じますがボディーサイズは日産ノートが一番大きく、全幅は3車とも1695㎜となっています。

次に、この3車種のラゲッジ容量を比較してみましょう。

まず、ヤリスが209L、ノートは、日産からの公式発表はないものの、約330L、フィットが427Lです。ラゲッジ容量には、大きな差が出ました。

フィットがコンパクトカーとしては抜群の収容力を誇ります。

最後に、この3車種の内装サイズを比較してみましょう。

ヤリス内装

ヤリスには、ドリンクホルダーやグローブボックスなど通常のシンプルな設備がそろっていて、多くの収納はできませんが、最低限の収納は可能です。

ノートの内装デザインは、とてもスタイリッシュなものとなっています。

ドリンクホルダーやコンソールボックスが目立たないように配置されており、引き出し式など採用されています。

フィットの内装には便利な設備が付いています。

それは、充電用USBジャックです。現代人の生活に欠かせないスマートフォンの充電が手軽に行えます。

また、オプションでワイヤレス充電器の設置も可能で、他にもペットボトルなどの小物を収納する設備がたくさん付いています。

 

スポンサーリンク

燃費と馬力比較

次に、この3車種の燃費や馬力を比較してみましょう。

まずは、多くのユーザーにとって最も気になるところである燃費から見ていきましょう。

燃費は「WLTCモード」という、国際的な基準を用いています。

ヤリスは、燃費の良さを最も売りにしており、プリウスを上回る低燃費を実現した車種です。

直列3気筒1.5L直噴エンジンを搭載し、ハイブリッド車で35.4km/Lから36.0km/L、4WDでも30.2km/Lを叩き出しています。

ノートは全グレードで、「e-POWER」という日産独自の、エンジンで発電を行い、駆動はモーターでおこなうシリーズハイブリッドと呼ばれるシステムを採用しています。

発電用のエンジンには直列3気筒1.2Lエンジンを搭載しています。

燃費は28.4km/Lから29.5km/Lとなっています。

フィットには、2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」も採用されています。

燃費は、e:HEV車で27.4km/Lから29.4km/L、4WD車で23.2km/Lから25.6km/L、ガソリン車では、19.6km/Lから20.4km/L、4WD車で17.0km/Lから18.2km/Lとなっています。

やはり、3車種とも低燃費ですが、ヤリスに軍配が上がります。

次に、馬力を見てみましょう。

ヤリスは、ハイブリッド車で91馬力、ガソリン車で69馬力か120馬力。

ノートは116馬力。

フィットはガソリン車で98馬力、ハイブリッド車で109馬力となっています。

最高出力もヤリスに軍配が上がります。

スポンサーリンク

価格比較

最後に、この3車種の価格帯を比較していきましょう。

ヤリスのガソリン車は、139万円から192万円、ハイブリッド車で199万円~229万円となります。

ヤリスのグレードは大きくX,G,Zの3種類で、ハイブリッド、1.5ガソリン、1.0Lガソリン車のパワートレーンになっています。

3車種のなかでもヤリスはエントリーモデルが約140万円と最安値となります。

ノートは、205万円~218万円、AUTECH(オーテック)という上級グレードで250万円となります。

ノートには「360°セーフティアシスト」という全方位運転支援システムが標準装備されている分、最低価格が高くなっています。

グレード数を見てみるとノートは2WD車に4つ、4WD車に3つのグレードがラインナップされています。

また、それに加えて、助手席回転シートを搭載した福祉車両もラインナップされています。

フィットは、192万円~226万円となります。

どの車種も200万円ほどで購入できる手頃なコンパクトカーです。

フィットはガソリン車で5つ、ハイブリッド車でも5つがラインナップされており、すべてに4WDの選択も可能です。

また、フィットは福祉車両が充実しており、ノート同様に助手席回転シートを搭載した福祉車両もラインナップされています。

さらに、手や足が不自由な方のための片手で操作できるハンドルや、脚の不自由な方のために手だけでアクセル・ブレーキをコントロールできる装備を搭載した車両などもラインナップされています。

ヤリス、フィット、ノートの比較 まとめ

日本を代表する自動車メーカーであるトヨタ・日産・ホンダのそれぞれがラインナップしているコンパクトカー、ヤリス・ノート・フィットを色々な視点から比較してきました。

ヤリスは燃費や低価格、ノートはe-POWERシステムを搭載した環境対策や先進的な安全性能、フィットは快適で上質な室内空間や荷物の収納力、可愛らしいデザインがそれぞれの車種にとって大きな魅力になります。

3車種ともコンパクトカーと言っても、ただの日常の足としてだけではなく、レジャーや長距離運転にも利用できるようなユーズフルなクルマに仕上がっています。

もちろん、どの車種もいいクルマですので、ユーザーのみなさんがそれぞれ求めるものに合わせて選ぶことをオススメします。

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

買い取り、下取りは大損!

①ディーラーは新車がメイン、買取店と比べると買取価格が安くなる。

②少しでも愛車を高く売るなら、オークション型買取がおすすめ!

③「セルカ」なら最大6000社から買取価格を提示!

④一番高い価格の業者に売るだけ!連絡は1回のみ!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・オークションなので、価格が上がりやすい

45秒であなたの車を無料査定してみる