SUVファン

SUVをメインにした車の総合サイト

新型いすゞ「mu-X」フルモデルチェンジ!日本への輸入はできるのか?

新型いすゞ「mu-X」フルモデルチェンジ!日本への輸入はできるのか?

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

①ディーラーでの下取り、買取店は大損!

②売却はオークション型の「セルカ」が一番高い!

③購入の際、ある方法でディーラーと値引き交渉!

大幅値引きでグレードアップやオプションをつける!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・最大50万円高く売れる

45秒であなたの車を無料査定してみる

いすゞの「mu-X」というSUVを知っていますか?

SUVならではの迫力のあるボディーと3列シートの7人乗りという本格ラージSUVです。

7年ぶりにフルモデルチェンジされ、現代風のデザインに一新されました。

海外では、タイを皮切りに11月から世界世界60ヵ国以上へ発売されており、とても人気の高い車となっています。

いすゞ「mu-X」は3Lのディーゼルエンジンで6ATのみの設定です。

今回の内容を見れば、いすゞ「mu-X」のサイズや燃費、また価格や室内の装備について知ることができます。

スポンサーリンク

いすゞmu-XとはどんなSUV?

いすず mu-x

いすゞmu-Xはタイ生産でラダーフレームを持つD-MAXから派生したSUV車mu-7の後継車です。

2013年に初代モデルが登場し、今回で、2代目モデルです。

エクステリアですが、ボディサイズは全長4850mm×全幅1870mm×全高1875mm、ホイールベース2855mmです。

いすゞでは「Emotional and Solidをコンセプトに、足回りの力強さを強調したボディと、のびやかで流麗なキャビンで構成し、スポーティーで堂々とした佇まいを持つスタイル」と発表しています。

いすず mu-x

エクステリア自体はSUVらしい力強さと伸びやかなフォルムが大きな特徴です。

インテリアはベースとなるD-MAX自体がピックアップトラックながら「乗用車的なもの」となっていることもあり、ダッシュボードなどは基本的にmu-Xも共通で、各部のパネルやシート地などでより高級感を増しているといった印象です。

いすず mu-x室内

いすゞでは、「‘Solid and Elegant’をコンセプトに、インストルメントパネルは、中央に配置された大型ディスプレイ、左右へ伸びる抑揚のある造形とセンタークラスターからフロアコンソールまでの連続感のある構成で、PPVらしい力強さと上級感を両立したデザイン」と発表しています。

また、メーターやスイッチなどの細部の造形に加え、加飾素材の組み合わせなど、内装の質感にこだわり上質な室内空間を実現しています。

パーキングブレーキはハンド式から電動式となっており、収納スペースが増えているなど、使い勝手も向上しています。

スポンサーリンク

いすず mu-xの価格と燃費

いすず mu-x

3.0 4WDタイプはタイでの価格が1579000バーツ(約550万)となっています。

燃費は市内を運転するときは11.8km/Lで、郊外での燃費は15.2kkm/Lです。

燃料タンク容量を先代の65リットルから80リットルに拡大し、航続距離の延長を図っています。

いすゞmu-Xは、樹脂リフトゲートの採用や鋼板の採用、軽量かつ強固な車体構造を実現してます。

いすず mu-x室内

路面状況に応じて最適なトラクションを得られるよう、トラクションコントロールに2種類の制御モードを設定。

通常のノーマルモードに加え、レインモードを選択することで多様な路面状況への対応を可能とし、特に滑りやすい路面での走破性を抜群に向上させています。

いすず mu-x

座席はソフトタッチで、とても快適で、後列のシートは座面も広く、長時間乗っても疲れにくい造りです。

スポンサーリンク

いすず mu-xの輸入

なかなか魅力的なmu-Xですが、日本に販売網を持たないこともあり、現在のところは、そのまま日本に輸入される可能性は低いでしょう。

ただ、インターネットのサイトから直輸入でオーダーができるところがあるようですので、気になる方は検索してみてください。

D-MAX

mu-XのベースとなったD-MAXは、マツダにBT-50という車名で供給されていることもあり、もしmu-Xもマツダに供給されれば、7人乗りのCX-8とライバルになる可能性がありますが、日本で発売される可能性はあるかもしれませんね。

BT-50

ここまで力強く高級感のあるデザインの車ですから、今のSUV全盛期に輸入してほしいと思います。

昔のようにいすゞの新しい境地を出してほしいですものですね。

いすゞ「mu-X」 まとめ

いすず mu-x

「mu-X」はいすゞの強みである耐久信頼性、燃費性能、安全性能を確保しつつ、PPVに求められる快適性、高級感を高めた車です。

エクステリアは、”Emotional and Solid”をコンセプトに、足まわりの力強さを強調したボディと、のびやかでなだらかなキャビンで構成し、スポーティーで堂々とした佇まいを持つスタイルです。

いすず mu-x室内

インテリアは、 使い勝手よし、デザインよし、と良いことだらけです。

無駄のない合理的な居住空間とスタイルを両立し、広い室内は長距離でもゆったりと過ごすことができます。

7人乗りなので、ファミリーカーとしても余裕の広さです。

まだ、日本での発売は未定ですが、世界60か国で発売されているので、今後の発売に期待したいものですね。

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

買い取り、下取りは大損!

①ディーラーは新車がメイン、買取店と比べると買取価格が安くなる。

②少しでも愛車を高く売るなら、オークション型買取がおすすめ!

③「セルカ」なら最大6000社から買取価格を提示!

④一番高い価格の業者に売るだけ!連絡は1回のみ!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・オークションなので、価格が上がりやすい

45秒であなたの車を無料査定してみる