SUVファン

人気SUVについての総合サイト

廃車手続きの必要書類、費用の相場は?還付金がもらえるのは?

廃車手続きの必要書類、費用の相場は?還付金がもらえるのは?

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

①ディーラーでの下取り、買取店は大損!

②売却はオークション型の「安心車.jp」が一番高い!

③購入の際、ある方法でディーラーと値引き交渉!

大幅値引きでグレードアップやオプションをつける!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・最大50万円高く売れる

45秒であなたの車を無料査定してみる

「車がボロすぎて、買い取りしてもらえない…」

「事故車なので廃車にしたい…」

「廃車の手続き方法や費用を知りたい」

「廃車を買い取ってくれる業者があるってほんと?」

など、車を手放すときには、何かと面倒な手続きや費用が必要になってくるものです。

車は乗らなくも維持費がかかってきます。

今回の内容を見れば、廃車についての手続き方法や費用の相場、また廃車買取業者のメリットなどを知ることができます。

知らないと大損する廃車の方法や費用をかけずに逆に廃車がお金になる方法をお伝えしていきます。

記事用

故障車、事故車、10万キロ以上の古い車でも買い取ってくれる業者があるよ!

スポンサーリンク

自動車の廃車とは?

車の廃車にかかる料金や戻ってくる税金について解説!廃車ではなく買取 ...

引用:https://www.goo-net.com/

長年乗ってきた車で故障やトラブルが多くなってきたら、そろそろ「廃車」にした方が良いのか迷うものです。

そんな時は以下のことを基準にすると、廃車の判断ができます。

①中古価格帯

中古価格 ネットで自分の車と同じ車種、同じ条件の車を検索し、中古車市場で20万円前後で売られていた場合は廃車が妥当です。

このような金額の場合、中古車買取業者の買取額は一般的に0〜1万円になり、費用のことを考えると廃車の方にメリットがあります。

②修理代

もし事故にあった車の場合、新しい車の購入費用と修理代がほとんど変わらないのであれば、当然廃車することをおすすめします。

特に、全損のような大きな事故の場合、古い車だと元の状態に戻すより、新車を買った方が安くつくケースが少なくありません。

③経年劣化

車は事故を起こさなくても、年数を経るごとに金属疲労や消耗などで色々な個所が劣化してきます。

仮に、屋根付きの車庫に保管して、走行は主に一般道路、常にエコ運転、などという最良の環境であったとしても、15~20万Kmの走行距離が廃車の目安とされています。

運転が乱暴だったり、保管環境が悪かったりすれば、それより早い段階での廃車を考えなければなりません。

④維持費とのバランス

車は購入後も何かと維持費がかかってくるので、少なからず家計に影響してきます。

車検費用や自動車税、ガソリン代など、車を維持するために高額なお金がかかります。

最近の車の燃費は20km/Lが一般化しており、今乗っている車の燃費が10km/Lだと、2倍のガソリン代を払っていることになります。

その他、新しい車は税金面での優遇処置があるので、維持費が高いという点も廃車の判断ポイントになります。

記事用

古い車、故障車は廃車買取業者で買い取ってもらえるよ

【業界最高単価!】廃車買取なら廃車本舗!

どんな車も高価買取り!廃車買取の【カーネクスト】

スポンサーリンク

廃車手続きの手順、費用は?

廃車手続きは陸運局で行える!手続きの流れや必要書類について徹底解説! | 廃車買取のハイシャル

引用:https://haishall.jp/

車の廃車手続きでは必要な書類をそろえ、運輸支局に提出しなければなりません。

平日に仕事がある人は、なかなか時間を作れないことがあります。

そんな時は廃車代行を利用すると手間が省けます。

なお、車を廃車にする方法には「永久抹消登録」と「一時抹消登録」の2つがあります。

永久抹消登録

自動車の登録を永久的に取消す手続きのことです。

登録の復活はできないため、今後一切使用することができません。

これが一般的な廃車というものです。

永久抹消登録は自動車の解体が終わってから15日以内に、運輸支局または自動車検査登録事務所で手続きしなければなりません。

一時抹消登録

一時的に廃車状態にする手続きです。

海外赴任などで、長期間に渡って車を使わない時などに利用します。

必要な書類はこのようになっています。

永久抹消登録に必要な書類

・永久抹消登録申請書

・自動車税、自動車取得税申告書

・手数料納付書 (この3つの書類は申請日に運輸支局で入手します。)

・車の名義人の印鑑証明書(発行日から3ヶ月以内のもの)

・車の名義人の実印 ・車検証

・ナンバープレート(前後2枚)

・解体業者からの報告書にある「解体報告記録日」の控え

・リサイクル券に記載されている「移動報告番号」の控え

以上が必要となってきます。

廃車の代行業者

廃車の代行業者には主に以下の業者があります。

・廃車買取業者

・ディーラー

・解体業者

廃車(永久抹消登録)の代行費用の目安 廃車の代行費用は業者によって異なりますが、目安は、

・車の引取り代、スクラップ代:0~3万円

・廃車代行費用:0~1万円

・廃車手続き代:0円

以上が平均相場となっています。

では、最後に廃車買取で引き取ってもらうメリットについて説明します。

記事用

買取業者なら面倒な手続きや廃車費用がかからないので忙しい人にもおすすめ!

【業界最高単価!】廃車買取なら廃車本舗!

どんな車も高価買取り!廃車買取の【カーネクスト】

スポンサーリンク

廃車買取のメリット

廃車でもらえる還付金!手続きの方法ともらえる金額をプロが解説 | 廃車の窓口

引用:https://haisya-madoguchi.com/

どうせ、車を廃車にするなら、費用が安いだけではなく、お金をもらえる方が良いに決まっています。

乗れなくなった車をお金に換金することの可能な業者があり、それが「廃車買取業者」です。

故障車、事故車、古い車などでも廃車手続きと同時に買い取ってくれます。

廃車買取業者には主に以下の4つのメリットがあります。

どんな状態の車でも買い取り

廃車買取業者に依頼すると、少額でも買取ってもらえる可能性があります。

廃車買取業者はその名前の通り、廃車を買取る業者です。

中古車販売業者のような再販を目的としているわけではないため、事故歴のある車や破損している車でも問題ありません。

乗る車としては価値が無いと思われるような車でも、お金として還元できる可能性が十分にあるので、無料査定だけでもしてもらうことをおすすめします。

無料査定!廃車買取の【カーネクスト】

廃車費用の負担の解消

自分で廃車の手続きをする場合は、面倒な手続きや解体費用やなど、廃車のためにかかる費用が数万円にもなります。

廃車買取業者では、このような費用を請求されないのが一般的です。

手数料のかからないことが廃車買取業者の最大のメリットといえます。

当然、手続きの面倒な手間も省けます。

還付金の受取り

車を廃車する場合は、事前に納めた税金や保険料の還付を受けられます。

4月に支払った1年分の税金が廃車にする時期によって計算されて戻ってきます。

ディーラーや中古車販売業者では自動車税の還付金がもらえないのが一般的です。

金額は車の種類や重量、残存期間によって異なります。

【業界最高単価!】廃車買取なら廃車本舗!

どんな車も高価買取り!廃車買取の【カーネクスト】

廃車についてのまとめ

陸運局で行う廃車手続き | 廃車手続き はじめてガイド

引用:https://www.haishaou.com/

保有している車が古くなると、一般的には新しい車を購入する時に、ディーラーに下取りしてもらい、その代金を新車の購入費用に充てます。

ただ、車が古くなり過ぎたり、事故車だったりすると値が付かないため、廃車として処分することになります。

廃車を経験することが滅多にないため、不安が先立つものです。

たとえ乗らない車でも保有していれば、それだけで維持費がかかります。

売却してしまえば、維持費だけではなく、管理の手間も解消できます。

特に、解体や抹消登録手続きには費用がかかるため、金銭的な負担や手続きが面倒です。

そんな時は廃車買取業者に依頼すると、手数料を節約できるだけではなく、お金を得られることができます。

中古車買取業者に買取りを断られた場合は、廃車買取業者に依頼してみるのがおすすめです。

なお、廃車買取業者なら不動車や事故車、ボロボロの車、エンジンが故障した車でも買い取ってくれます。

【業界最高単価!】廃車買取なら廃車本舗!

どんな車も高価買取り!廃車買取の【カーネクスト】

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

買い取り、下取りは大損!

①ディーラーは新車がメイン、買取店と比べると買取価格が安くなる。

②少しでも愛車を高く売るなら、オークション型買取がおすすめ!

③「安心車.jp」なら最大8社から買取価格を提示!

④一番高い価格の業者に売るだけ!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・オークションなので、価格が上がりやすい

45秒であなたの車を無料査定してみる