SUVファン

SUVをメインにした車の総合サイト

【軽SUV】おすすめの3台を比較!後悔しない選び方とは?

【軽SUV】おすすめの3台を比較!後悔しない選び方とは?

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

①ディーラーでの下取り、買取店は大損!

②売却はオークション型の「安心車jp」が一番高い!

③購入の際、ある方法でディーラーと値引き交渉!

大幅値引きでグレードアップやオプションをつける!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・最大50万円高く売れる

45秒であなたの車を無料査定してみる

最近はSUVの人気が高く、どのメーカーもコンパクトSUVに力を入れています。

でも、意外に高くて維持費もかかるのが普通車のデメリットでもあります。

「もっと安くて、お手軽なSUVはないかな?」

「軽自動車なら価格や維持費も安そう!」

「軽のSUVって、どれがおすすめなのかな?」

など、普通車にするか軽自動車にするかで悩む方もいると思います。

軽自動車の魅力といえば、コンパクト、経済的、小回りが利く、維持費が安い、デザインが可愛いなど、なにかと魅力的ですね。

この軽自動車に「SUV」があるのは知っている人もいると思います。

コンパクトでありながらも、機能性・デザイン・コスパに優れたSUVが登場しました。

この軽自動車SUVの魅力とはいったい何なのか?

まずデザイン。

普通自動車にも劣らないカッコイイデザインの車種もあれば、ワイルドに山道を走るロードタイプもあります。

このデザインの豊富な点も軽SUVの魅力の1つだと思います。

続いては機能性はどうでしょうか?

普通自動車では通れない細い道も、軽自動車ならではの小回りが利くところ、機能性の面でも普通自動車SUVに引けを取らない高い機能性を、兼ね備えています。

次にコストパフォーマンスは普通自動車SUVよりも安くて、経済的。しかも機能性・デザインも劣らない軽自動車のSUV。

コスパが良く、しかも使い勝手が良いのが軽SUVです。

今回の内容を見れば、人気の軽SUV3車種の室内やらラゲッジの広さなどの特徴や車選びのポイントなどを知ることができます。

スポンサーリンク

スズキジムニー

ジムニーの特徴は、そのワイルドなスタイル。

そして強固な車体構造、パワートレイン、安全性能です。

どれを取っても軽自動車SUVの中で絶大の人気を誇るのがジムニー!

しかも価格は200万円を切る価格となっています。

デザインもさることながら、室内空間も広々としていて、ジムニーの室内サイズは1795mm。

これは少し狭いように感じますが、いざ乗ってみるとその狭さは感じません。

少し気になる点はラゲッジ容量。

ラゲッジ容量は352ℓなので少し足りないかも?って思う人がいるかもしれません。

室内装備は余計なものがなくて、オフロードに適した軽自動車SUVだと思います。

もちろん、これだけではありません。

デザインは個性があふれる角ばったスタイルで、女性にも非常に人気があるジムニーです。

「ジムニー女子」という言葉もあるくらい人気な車種となっています。

スタイリッシュなデザインと機能性、コストパフォーマンスにすぐれ、室内の装備品の操作性もよく、まさに「シンプルイズベスト」といった印象の軽SUVのジムニーです。

これからキャンプやアウトドアを考えるなら、同時にそれに見合った車選びも必要かもしれません。

オフロードでもオンロードでも快適に走ることが出来るジムニーのいいところです。

少し前はちょっと個性的な人が乗る車という印象だったけど、今はオシャレに着こなす感じで車を着こなす。

そんな感じでジムニーをチョイスする女子も増えて来ると思います。

誰からも深く愛されるジムニーって感じがします。

アウトドア派にはピッタリの1台ですよ!

スポンサーリンク

ダイハツタフト

ダイハツタフトの魅力といえば、明るく開放感のある室内空間。

ラゲッジ容量は具体的な数値は分かりませんが、シートを倒すと車内と半分を使用できるほど広々しています。

室内サイズは、ハスラーに比べて少し長さでは、ハスラーに軍配が上がりますが、あとはハスラーとほぼ同じ広さです。

装備品についてはターボの設定もあるので走行性能には問題はありません。

価格帯も200万円ほどで購入できて、維持費も安いし、もちろん安全性能、デザイン、走行性能にも優れたダイハツタフト。

ジムニー、ハスラーと同じように女性から非常に高い人気を受けています。

タフトの魅力は、外観はアウトドアだけど、室内はシンプルで愛着のわくデザイン。

操作性を重視したハンドル周り、実用性もある収納スペースなど、タフトの魅力はいっぱいあります。

しかもエンジンはターボモデルもラインナップされているので、走行性能は十分にあります。

CVTと呼ばれるミッションで滑らかなギアチェンジとターボ付きのエンジンでパワフルで余裕のある走りが実現できます。

もちろんグレードは色々ありますが、グレードが低いからといって安全性能や走行性能が低いわけじゃありません。

電動パーキングブレーキや、スカイフィードトップというのは、全車に装備されているのもいいですね!

タフトの特徴の1つでもあるスカイフィールトップとは、サンルーフのような感じのものです。

室内を明るく開放的にしてくれる天井からの光、これがあることでよりタフトでの運転が楽しくなります。

スポンサーリンク

スズキハスラー

ハスラーの価格帯ですが軽自動車の平均的な価格帯の200万円からとなっています。

ラゲッジ容量は若干せまい感じがしますが、ただこれは室内空間が広くなっている証拠でもあります。

ラゲッジは荷物置き場でもあるので、荷物をたくさん積まない人なら室内空間が広ければ問題ありません。

室内サイズは、軽自動車の規格いっぱいいっぱいの広々とした作りですし、装備品もたくさんあります。

軽自動車のSUVの中でハスラー、ジムニー、タフト、この3つは比較的に若い女性、男性から人気があります。

その理由としては、軽自動車のコンパクトサイズです。

駐車場でも小回りが利くし、狭い道路なんかも気にせず走れるし、安全性能だって普通自動車SUVと同じように、しっかりと付いています。

軽自動車はコスパがいいという点も人気がある理由の1つです。

車にお金をあまりかける事がへってきた現代社会、車の維持費が安いに越したことはありません。

しかも大学生や社会人1年目だとお金もそんなに掛けられません。

そんな時代にこそ、この軽自動車SUVがピッタリだと思います。

普通自動車SUVは、月極駐車場の場合は、通常料金ですが、軽自動車だと半分の金額で月極駐車場を貸してくれる所もあります。

軽自動車SUVのハスラーのもう1つの魅力は、室内の色々なカスタマイズが挙げられます。

メーター周りや、ハンドル周りにカスタムパーツが市販品で売っています。

外装パーツもカスタムすることで世界に1台のハスラーが誕生します。

軽自動車SUV まとめ

ここ最近はジムニー、ハスラー、タフトなど、さまざまは軽自動車SUVが登場しました。

これは自動車を快適に使ってもらえる年齢層、性別が変わってきました。

それによって軽自動車SUVの人気も爆発的に上がっています。

普通自動車SUVに比べて維持費も安い、しかもコンパクト、だからといって走行性能や安全性能が低いわけじゃありません。

これからの時代はハイブリッド車がメインになってきますが、軽自動車SUVにもハイブリッド車が出てくるでしょう。

コストパフォーマンスに優れたハイブリッドの軽自動車SUV。

日本国内では軽自動車は人気の市場です。

これからもどんどん新しい軽自動車SUVが増えてくると思います。

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

買い取り、下取りは大損します!

①ディーラーは新車がメイン、買取店と比べると買取価格が安くなる。

②少しでも愛車を高く売るなら、一括査定がおすすめ!

③「安心車jp」なら社から買取価格を提示!

④一番高い価格の業者に売るだけ!連絡は1回のみ!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・ガリバーやビッグモーターなどの優良企業なので安心!

45秒であなたの車を無料査定してみる