SUVファン

SUVをメインにした車の総合サイト

【2021年発売】新型SUV最新情報!トヨタ、日産の5車種がカッコいい!

【2021年発売】新型SUV最新情報!トヨタ、日産の5車種がカッコいい!

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

①ディーラーでの下取り、買取店は大損!

②売却はオークション型の「セルカ」が一番高い!

③購入の際、ある方法でディーラーと値引き交渉!

大幅値引きでグレードアップやオプションをつける!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・最大50万円高く売れる

45秒であなたの車を無料査定してみる

2021年に新型SUVが発売されます。

近年、世界的にSUVブームとなっており、各社新型SUVの開発に力を入れています。

特にトヨタはSUVの種類が多く、日産も負けじと新型SUVを投入しています。

昔から人気の高いランドクルーザーやエクストレイルの新型を始め、今までにないタイプのTJクルーザーやアリアなども紹介します。

今回の内容を見れば、2021年に発売予定の新型SUVの価格やサイズ、燃費などの特徴や最新情報を知ることができます。

記事用

2021年の最新SUVが動画でも見られるので、最後まで見てね!

スポンサーリンク

ランドクルーザー300

新型ランドクルーザー300

2021年フルモデルチェンジを予定しているのが、トヨタ・ランドクルーザー300です。

ランドクルーザーと言えば世界的に有名な本格派クロスカントリー車で、初代は1953年から量産販売されている歴史の長い車です。

現在のランドクルーザーは、多くのSUV車種をラインナップするトヨタの中で、サイズが最も大きなSUVとなります。

今回のフルモデルチェンジでの大きな特徴は、V型6気筒3.5Lツインターボエンジンとハイブリッド仕様の登場、V型6気筒3.3Lディーゼルエンジンを新たに採用、新開発ラダーフレームを採用し、悪路走破性と耐久性を向上という点が挙げられます。

また、大型な車内ディスプレイの装備や、第二世代のトヨタセーフティセンスが搭載され、安全性の向上も図られました。

ディスプレイは、スマートフォンやインターネットとつなげることで、多彩な情報を共有することができるようになります。

デザインについては、今までのランドクルーザーの伝統的なイメージは保ったまま、顔やリアなどがすっきりとしたイメージになりました。

ボディサイズは、全長4970mm×全幅1985×全高1870、ホイルベースが2900mm、最低地上高が225mmとなっており、国内トップクラスのサイズを誇ります。

全モデルと多少の差はありますが、同じくらいのサイズとなっています。

ホイルベースは50mm延長され、室内スペースの確保に繋がっています。

発売時期は、2021年5月となり価格帯は、前モデルから50万円程度アップした530万円から750万円となる予定です。

なお、3月下旬から先行予約が開始されます。

本格的なアウトドアやオフロード走行をするというユーザーにおすすめです。

記事用

ランクルは世界的に信頼と実績のある車でどの国でも人気が高いよね!

スポンサーリンク

カローラクロス

カローラクロス

2021年、新たに発売予定である車種が、トヨタ・カローラクロスです。

「カローラ」と言えば、1966年から発売されている、日本で最も有名なセダンと言っても過言ではない車種です。

カローラ=普通車というイメージをお持ちの方が多いでしょう。

しかし、今回は、新たにセダンのカローラをベースとして、SUVタイプが発売されます。

現行のカローラは、セダン、ハッチバックのカローラスポーツ、ステーションのカローラツーリングがラインナップされていますが、そこにクロスオーバーのカローラクロスも加わる形になります。

トヨタはSUVのラインナップが充実していますが、カローラクロスは、ヤリスクロスとRAV4の中間に位置づけられるモデルとなります。

カローラクロス

カローラクロスの特徴は、カローラの良さをそのままに、室内スペースの確保や悪路走破性などのSUVの良さを加えた点です。

カローラクロス

燃費も、ガソリン車で約15.4km/L、ハイブリッド車で約23.3km/Lと低燃費を実現しています。

価格帯は235万円から310万円からと手の届きやすい価格に設定される予定です。

発売時期は2021年、8月が予定されています。

現在、人気のSUVに新たにラインナップに加わり、より選択肢が増えました。カローラクロスは、街乗りにも、アウトドアにもどちらにも使いやすいSUVです。

記事用

2020年7月にタイで初公開されて発売された「カローラクロス」がついに日本でも発売ね!

スポンサーリンク

TJクルーザー

TJクルーザー

2021年、新たに発売予定である車種が、トヨタ・TJクルーザーです。

かつてトヨタからFJクルーザーというSUVが発売されていましたが、TJクルーザーと大きな関係性はなく、新たに開発された車種となります。

TJクルーザーの最大の特徴は、「クロスオーバーミニバン」という、日本で現在人気があるSUVとミニバンの二つを足して2で割ったような、全く新しいコンセプトの車であるという点です。

デザインは、直線のボディーに丸いライトが特徴で、他の車種と一線を画すような独自のものとなっています。

サイズは、全長4300mm×全幅1775×全高1620で、ホイルベースが2690mmとなっています。

サイズ感としては、C-HRと同等程度というところでしょうか。

ただ、ホイルベースが長いのが大きな特徴で、その分室内のスペースが大きく確保されています。

また、後部ドアはスライドドアが採用され、荷物の出し入れや人の乗り降りがしやすくなっています。

価格帯は、270万円から450万円となる予定です。ガソリン車とハイブリッド車でも価格差がつきます。発売時期ですが、当初は、2020年の発売開始予定だったものの、2021年へとずれ込んでおり、正確な時期は未だ発表されていません。

現在、人気のSUVに新たにラインナップに加わり、より選択肢が増えました。ミニバンとの融合という他にはないポイントを持ち、他のSUV車種だけではなく、ノアやヴォクシーとも比較対象となるでしょう。

記事用

2017年の東京モーターショーにコンセプトカーとして出品されたのが「Tjクルーザー

日産アリア

 

日産アリア

2021年、新たに発売予定である車種が、日産・アリアです。

この新しく日産から発売されたSUV、アリアの最大の特徴は、電気自動車であるという点です。

アリアには、総電力量65kWhモデルと90kWhモデルが用意され、どちらのモデルにもFWDと日産の電気自動車として初の4WD「e-4orce」が設定されています。

65kWhモデルで航続距離は、450km、90kWhモデルで、610kmとなります。

また、日産のクルマの魅力の一つである先進運転支援システムは、プロパイロット2.0やプロパイロットリモートパーキングが搭載されています。

 

これによって、ドライバーがただちに操作できる状態にある場合に限り、同一車線内においてハンズオフドライブが可能となります。

日産アリア

サイズは、全長4595mm×全幅1850×全高1655で、ホイルベースが2775mmとなっており、現行のエクストレイルより、一回り小柄という感じです。

デザインの特徴は、全体的にスタイリッシュなデザインをしています。また、フロントマスクにグリルが無く、スリムな顔立ちです。

日産アリアフロント

エンジンが無い電気自動車だからこそ実現可能なデザインですね。

発売時期は、2021年中頃となっており、価格帯は500万円からとなる予定です。

電気自動車のSUVは、他メーカーとの競合相手が今のところ無く、唯一無二の存在です。

また、先進的な設備も充実しており、楽しい車となっています。

記事用

EVならではの力強い加速、圧倒的な静粛性が特徴だよ!

新型エクストレイル

新型エクストレイル

2021年にフルモデルチェンジを予定しているのが、日産・エクストレイルです。

これで、4代目のモデルとなります。

エクストレイルの一番の特徴は、走破性の高さで、4WDモデルはあらゆる路面状況に対応すべく、オフロード走行用、雪道走行用、舗装路用、エコモード、ワインディングモードの5モードを揃えています。

この5つのモードを切り替えることで、さまざまな条件でも確実に走破することが可能となります。

日産の特徴であるe-POWERと先進安全装備も搭載される予定です。

プロパイロットの搭載で条件下でのハンズフリー走行が可能となります。

サイズは、全長4648mm×全幅1844×全高1699で、ホイルベースが2705mmとなっており、現行モデルとほぼ同様のサイズとなります。

デザインは、スタイリッシュなものとなっています。

前モデルからは大きく印象が変わったなということはありません。

室内も上質なデザインとなっています。 発売時期は、北米では日産・ローグとして既に発売されており、日本国内での2021年秋の発売が予定されています。

合わせて読みたい記事

エクストレイルの記事一覧はこちら

価格帯は、正式な発表はまだですが、北米のローグでは、270万円から390万円となっていますので、同等の価格設定となるでしょう。

日産のSUVと言えばエクストレイルのイメージですのでフルモデルチェンジで進化した新型エクストレイルが楽しみです。

記事用

国内ミドルクラスSUVで人気の高い新型エクストレイル は2021年10月頃の登場予定だよ!

2021年 新型SUV まとめ

現在、世界的に最も売れているクルマのタイプがSUVです。

年々そのラインナップは充実していて、2021年も新たに5車種が加わります。

しかし、5車種ともそれぞれ独自の強みがあり、ユーザーにとっては用途に合わせて色々な選択肢の中から選ぶことができるという嬉しい状況ですね。

特にトヨタのSUVのラインナップの充実度はすごいですね。

現在の時点で5車種ありますが、更に2車種が新たにラインナップされます。

一方、日産も昨年発売されたキックスと合わせて、SUVの販売にに力を入れていますね。

セダンのクラウンでさえSUVになるという噂があるくらいですからね。

また、アリアは電気自動車という全く新しいタイプの車種なので楽しみです。

先進的な運転システムも搭載されていて未来の車という感じです。

とにかく2021年もSUVが熱いのは間違いありません。

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

買い取り、下取りは大損!

①ディーラーは新車がメイン、買取店と比べると買取価格が安くなる。

②少しでも愛車を高く売るなら、オークション型買取がおすすめ!

③「セルカ」なら最大6000社から買取価格を提示!

④一番高い価格の業者に売るだけ!連絡は1回のみ!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・オークションなので、価格が上がりやすい

45秒であなたの車を無料査定してみる