SUVファン

人気SUVについての総合サイト

RAV4のグレードの価格や装備の違いは?売れ筋はXかアドベンチャー!

RAV4のグレードの価格や装備の違いは?売れ筋はXかアドベンチャー!

【車・査定】30万円~80万円の差!なぜ?

なぜ車を売るときにこんなに差が出るのか?

ディーラーは安く下取りするので絶対ダメです!

完全無料、1分ほどであなたの愛車の査定額がわかります!

人気SUVのトヨタRAV4のグレードにはガソリン車4種類、ハイブリッド車2種類の合わせて6種類のグレードがあります。

今回はRAV4のグレードすべての装備の違いや特徴、価格やパワーなどをご紹介します。

また、一番売れ筋のいいのはどのグレードなのかなども見ていきます。

スポンサーリンク

Adventure(アドベンチャー)とG“Z package”

 RAV4 アドべんチャー

Adventure(アドベンチャー)

RAV4のG“Z package”Adventure(アドベンチャー)はいずれもガソリンエンジンを搭載しています。

直4・2L自然吸気エンジンにCVTが組合わされており、最大出力171ps、最大トルク207N・mを発生させます。

燃費は表のようになっています。

WLTCモード 15.2km/L
市街地モード 11.5km/L
郊外モード 15.3km/L
高速道路モード 17.5km/L

RAV4 G“Z package”

G“Z package”

このエンジンはトヨタが新開発したタイプですので、ハイパワーと低燃費を両立しています。
G“Z package”はガソリングレードの中では最上級グレードで、Adventureはアウトドア志向のグレードとなっており、エクステリアデザインもアドベンチャー専用になっています。

G“Z package”、Adventureとも235/55R19インチタイヤを装着していますが、ホイールのデザインはそれぞれ異なっています。
また両車にはトルクベクタリングと呼ばれる、駆動力を左右のタイヤで変化させるシステムが搭載されていますが、これはほかのグレードには装着されていないのが大きな違いです。

一方、G”Z package”、Adventureにも装備の違いがあります。

RAV4 アドべンチャー内装

Adventure(アドベンチャー)の内装

「インテリジェントクリアランスソナー」や「リヤクロストラフィックブレーキ」はG”Z package”には標準装備されていますが、Adventureにはオプション設定となっています。

またG”Z package”の「ステアリングホイールは革巻き」ですが、Adventureはオプション扱いとなっています。

G“Z package”内装

G“Z package”内装

Adventureにはシートベンチレーションをオプションで装着することができますが、G”Z package”には装着できません。

このように、G”Z package”は高級グレードで、Adventureはよりアウトドアを好むユーザー向きのグレードと言えます。

スポンサーリンク

GとX

RAV4 gグレード

RAV4 gグレード内装

Gグレード

RAV4のGとXは直4・2L自然吸気エンジンにCVTが組合わされており、最大出力171ps、最大トルク207N・mを発生させます。
Gには4WDのみが設定されていますが、Xには4WDのほかに2WDも設定されているのが大きな違いです。

燃費は4WDがこのようになります。

WLTCモード 15.2km/L
市街地モード 11.5km/L
郊外モード 15.3km/L
高速道路モード 17.5km/L

こちらは2WDの燃費です。

WLTCモード 15.8km/L
市街地モード 11.9km/L
郊外モード 16.1km/L
高速道路モード 18.1km/L

Gに装着されているタイヤは225/60R18タイヤ&アルミホイールですが、Xには225/65R17タイヤ&アルミホイールが装着されており、ホイールにおいても差別化が図られています。

また安全装備としてはToyota Safety SENSEがそれぞれに標準装備されています。

そしてGにはインテリジェントクリアランスソナーとリヤクロストラフィックブレーキが標準装備されているのに対して、Xはオプションで装着できます。

RAV4 Xグレード

RAV4 Xグレード内装

Xグレード

一方、インテリアでは、Gが本革巻きステアリングホイールに対して、Xはウレタン製となり、スピードメーターもGは液晶タイプ、Xは従来からのアナログとなります。
また、シートはGが合成皮革に対して、Xは一般的なファブリックとなるほか、Gにはパワーシートが装着されますが、Xは手動式となっています。

Gの価格は3,261,500円で、Xは2WDが2,656,500円、4WDが2,887,500円となっています。

RAV4のGは上級グレードで、Xはベーシックなモデルであると言えます。

HYBRID GとHYBRID X

RAV4のハイブリッドはHYBRID GとHYBRID Xの2種類がラインナップしていますが、HYBRID Gは4WDのみ、HYBRID Xは4WDのほかに2WDもラインナップしているのが大きな違いです。

装備の違いはガソリン車のGとXの違いと同じと考えて問題ないと思います。

ちなみRAV4のハイブリッドの4WDはE-Fourと呼ばれるタイプで、後輪はモーターで駆動しています。

エンジンは4気筒・2.5LにモーターとCVTが組み合わされています。

燃費は4WDがこのようになります。

WLTCモード 20.6km/L
市街地モード 18.1km/L
郊外モード 22.4km/L
高速道路モード 25.0km/L

こちらは2WDの燃費です。

WLTCモード 21.4km/L
市街地モード 19.4km/L
郊外モード 23.4km/L
高速道路モード 21.1km/L

タイヤはHYBRID Gが225/60R18に対して、HYBRID Xは225/65R17インチが標準で、18インチはオプション扱いとなっています。

またHYBRID Gにはインテリジェントクリアランスソナーとリヤクロストラフィックブレーキが標準装備されていますが、HYBRID Xにはオプション扱いとなっています。

インテリアでは、HYBRID Gには本革巻きステアリングホイールとシフトノブが装着されていますが、HYBRID Xにはウレタン製となっており、スピードメーターもHYBRID Gは液晶、HYBRID Xはアナログ式です。

HYBRID G内装

このほかに、HYBRID Gは合成皮革シートとパワーシートが装着されていますが、HYBRID Xにはファブリックで手動シートとなっています。

価格はHYBRID Gで3,888,500円、HYBRID Xの2WDが3,261,500円、4WDが3,514,500円となっています。

ハイブリッドシステムを搭載しているため、ベーシックなHYBRID Xでも以外と割高です。

この記事が動画でご覧になれます。

スポンサーリンク

RAV4の全グレード まとめ

今回ご紹介したRAV4の6つのグレードの中で一番売れ行きがいいのが「アドベンチャー」です。

ハイブリッドよりも価格が安く燃費もそこそこですし、SUVとしての性能も抜群なのが理由です。

アウトドアを楽しみたい!SUV車としての性能を堪能したい!そんな方はアドベンチャーがおすすめです。

アウトドアよりも街乗りがメインという方はXグレードが装備とコストのバランスがいいと言えます。

人気のグレードから選ぶのもいいですが、購入した後にあなたがRAV4をどのように使うかで選ぶ方がいいでしょう。

RAV4は燃費や内装、装備などいろんな面で満足できる車だと言えます。
RAV4を購入する際に、値引き額よりもさらに安く購入できる方法があるので、ぜひ試してみてくださいね!

欲しかったSUVを値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

車は下取りではなく買取りを使わないと損します!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

無料で大手買取会社が最大5000社で車の買取価格を競ってくれるので、あなたの車の価格が吊り上がるのです!

結果的に、ディーラーに下取りを出すよりも欲しい車を安く購入することができます。

車の査定は後回しにすると損・損・損!!