RAV4ガソリンとハイブリッド60万の差!結局どっちがお得?年間維持費から検証!

下取りは必ず一括査定サイトを使わないと損します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

一括査定サイトを使うと、大手買取会社が最大10社であなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的にあなたの車の価格が吊り上がるのです。

今の愛車の条件を入力するだけで、「無料」ですぐに価格がわかるので、まずは愛車の値段を調べることをオススメします。

RAV4にはガソリン車とハイブリッド車がありますが、実際に買うとすれば一体どちらがお得なのか気になるところですよね。

ハイブリッド車は燃費はいいけど車両価格が高い!というのが悩みどころですね!

実燃費や年間維持費はどのくらいかかるのか?

また実際にRAV4を見積もりしたときの体験を含めて紹介をしていきます。

スポンサーリンク

RAV4ガソリンとハイブリッドの実燃費と年間ガソリン代

RAV4のガソリン車とハイブリッドを購入するとなると、トータルの費用は実際のところお得なのでしょうか?

RAV4は基本的に車体が大きいので、車両重量が重い車です。

なので、実燃費もあまり期待できるものではないですが、実燃費や年間のガソリン代を検証していきます。

RAV4ガソリンとハイブリッドの実燃費


引用:https://toyota.jp/

RAV4のガソリン車は、市街地走行では「9.62km/L」の実燃費をマークしている人もいます。

価格ドットコムの口コミを参考にしてみると、10km/Lよりも上には伸びないようです。

しかし、高速道路を走行する場合は、実燃費は「19.18km/L」という口コミもあります。

 

RAV4のハイブリッド車を試乗した感想ですが、車重のせいか発進は若干重く感じました。

加速もそれほど速いというものは感じられませんでしたが、走り出してしまえば気にならず、ストレスが溜まるほどではありません。

では、RAV4の年間のガソリン代はいくらになるのかを検証していきます。

RAV4ガソリンとハイブリッドの年間のガソリン代

まず、年間1万キロ走行するという前提で、燃料の単価は「139円」で計算をしています。

燃費は口コミにある実燃費で、最低数値の燃費で計算をしています。

実燃費自動計算ツールで計算をしたところ、ガソリン車の年間のガソリン代は「154,444円」ハイブリッドは「81,764円」となっています。

ガソリン車の方は、ハイブリッドと比較すると燃費が落ちるので年間15万円を超える金額になります。

RAV4で通勤をするとして、具体的な数値で計算をしてみます。

週休二日で片道15キロでRAV4のガソリン車を通勤に使用した場合の、年間のガソリン代を計算してみました。

すると、1年のガソリン代は「106,634円」となりました。

ハイブリッドの方も同じ条件で、計算をしてみると「57,695円」となりました。

いずれにしても、ハイブリッドのほうが、年間の燃料代は安いということになります。

片道15キロで計算しましたが、通勤距離は人それぞれ違うため参考程度にしてください。

 

では、RAV4のガソリン車とハイブリッドの車両価格差はどのくらいなのでしょうか?

燃料代が安くても車両本体が高すぎては元がとれません。

スポンサーリンク

RAV4ガソリンとハイブリッドの車両価格

RAV4はガソリン車とハイブリッドを含めると、グレードは6種類あります。

私自身もRAV4の見積もりに行ったときは、どのグレードにするかけっこう悩みました。

ハイブリッドは2種類のグレード、ガソリン車は4種類のグレードに分けられています。

予算が少ないという場合や、ローンを組んで早急に支払い完了したい場合は迷わず「X」を選んだほうが良いです。

上級グレードの「G“Z package”」は、300万円を超えます。

しかし、外観はどのグレードよりも高級な印象を与えていて、ドアハンドル部分もメッキモールが付いているのでエレガントな感じがします。

しかも、「G“Z package”」には両手がふさがっていてもトランクが開く「ハンズフリーパワーバックドア」が、標準装備になっているのでお得感はたしかにあります。

「ハンズフリーパワーバックドア」はメーカーオプションで他のグレードの場合は「16,200円」で取り付けが可能です。

下級グレードは最低限の装備しか付いていませんが、あなたにとって使いやすいRAV4にしていくために、あえて下級グレードを選んでも必要なオプションのみ追加していくという方法もあります。

車両価格が分かったところで、年間維持費はどちらがお得なのかを検証していきます。

スポンサーリンク

RAV4ガソリンとハイブリッド 年間維持費からどっちがお得?

RAV4の年間の維持費ですが、ハイブリッドとガソリン車は排気量が違うので、維持費も違ってきます。

ハイブリッドは「2500cc」なので、自動車税が「45,000円」です。

ガソリン車の方は「2000cc」なので、自動車税は「39,500円」となっています。

そのほかに車を所有するということは、メンテナンス費用も必要になります。

ハイブリッドだからといって、特別なオイルを入れないとだめなのかといえば、そうではありません。

ガソリン車とハイブリッドのどちらも、同じエンジンオイルを使用しても問題ないため、オイル交換費用は同じ金額になります。

 

その他の消耗部品に関しても、共通部品が多いので費用的にハイブリッドでも安く費用を抑えられそうです。

ただし、年間の走行距離が少ない人や5年以内で手放すことを考えるなら、ハイブリッドは損をする計算になります。

また、ハイブリッドはバッテリーの寿命というものが必ずやってきます。

その際の交換費用やハイブリッドバッテリー本体の価格は意外に高いため注意が必要です。

 

こちらのトヨタクラウンハイブリッドのバッテリー寿命と交換費用を参考にしてください。

10年以上乗り続けるという方は、ハイブリッドのほうが燃料代やエコカー減税などが適用されるのでお得度が高くなります。

車両価格差を考慮した場合どっちがお得なのか?

実際にRAV4の見積もりはオプションを付けるとどちらも400万円を超えました。

色々とオプションを取り付けた状態ですが、どちらも同じ条件で見積もりをしてみた結果は、「386,900円」の差がでました。

ハイブリッドは「ハンズフリーパワーバックドア」が装備されないので、キーのコントローラーでバックドアを開閉することになります。

燃料代だけを考えればハイブリッドのほうが安いですが、維持費と車両本体価格を比較していくとガソリン車のほうがお得感なように感じます。

ハイブリッドを試乗した感想ですが、個人的に走り出しのモッサリ感はストレスが溜まると感じました。

車は一度買うと数年は乗り続けないといけません。

値段が高いので買ってすぐに乗り換えるわけにもいかないことを考えれば、妥協して購入したくはありません。

RAV4ガソリンとハイブリッド比較 まとめ

RAV4はグレードも豊富なため260万円から購入することができます。

予算が厳しいという場合は、Xグレードに少しオプションを付ける程度でも十分な装備だと感じます。

上級グレードを買っても、使わない機能が多いなら中間グレードか下級グレードで問題ありません。

ただ、RAV4に限っては見た目で「G“Z package”」を選ぶ方も多いようです。

ホイールが19インチで見た目がカッコ良く、ハンズフリーパワーバックドアも標準装備となっています。

実際にディーラーに行って、いろんなグレードを比較して判断をしてみると良いですね。

欲しかったSUVを値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

「SUVが欲しいけど予算オーバーだ…」

「新型SUVをなるべく安く買いたい…」

「もう少し上のグレードが欲しいけど高い!」

「値引き交渉がどうも苦手で…」

「今の愛車を高く売りたい!」

など、SUVの購入を検討してるけど、悩みが尽きない…

車を購入するときは、いろんな悩みが出てきますね。

家族や友達に相談しても、どうにもならないし、クラウンには手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使わないと損します!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

一括査定サイトを使うと、大手買取会社が最大10社であなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的にあなたの車の価格が吊り上がるのです!

車の査定は後回しにすると損・損・損!!