SUVファン

SUVをメインにした車の総合サイト

新型ノア・ヴォクシーと旧型との違い。シートアレンジと初装備が進化!

新型ノア・ヴォクシーと旧型との違い。シートアレンジと初装備が進化!

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

①ディーラーでの下取り、買取店は大損!

②売却はオークション型の「安心車jp」が一番高い!

③購入の際、ある方法でディーラーと値引き交渉!

大幅値引きでグレードアップやオプションをつける!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・最大50万円高く売れる

45秒であなたの車を無料査定してみる

2022年1月、ミニバンのホットな話題として、新型ノアとヴォクシーが発表されました。

トヨタのミドルクラスミニバンを構成するこれらのモデルについて、今回は新旧のボディサイズと室内の広さの比較やシートアレンジ、安全装備といった目玉となる場所をそれぞれ紹介していきます。

まず新型ノアとヴォクシーについて、最初に気になるのは価格とサイズです。

価格はベースモデルでも価格が若干上がっており、その分装備を豪華にして内容を充実させています。

そして、サイズも従来のノア、ヴォクシーは主に5ナンバーでしたが、車幅が広がったことで3ナンバーになりました。

こういった点も踏まえて、新しいノア、ヴォクシーはどんな違いがあるのかについて紹介していきましょう。

スポンサーリンク

新旧ノアとヴォクシーのボディーサイズ、室内の広さを比較

最初に新旧のボディーサイズ、室内の広さを比較していきます。

まず、ボディーサイズですが従来の5ナンバーから3ナンバーになりました。

つまり車幅が旧型のノア、ヴォクシーに比べて広がっています。

ノアは、旧型モデルのサイズが全長×全幅×全高が4,695×1,695×1,825㎜です。

続いて新型モデルは4,695×1,730×1,895㎜になりました。

全長こそ旧モデルと変わらないものの、全幅で35㎜、全高で70㎜の大型化されています。

次にヴォクシーの旧モデルサイズは4,710×1,735×1,825㎜、一方で新型モデルは4,695×1,730×1,895㎜です。

実はヴォクシーに至ってはややサイズがコンパクトになっており、高さ以外は5~15㎜小さくなっています。

ただ、これだけのサイズ変化の他に最低地上高は、先代がFFで160mm、4WD車でも155mm確保されていたものが、新型ではFF車で140mm、4WDで125mmと大幅に低下しています。

これによって低床化しているのも注目です。

このメリットとしては、

  • 地上からの高さが低いので、荷物の積み下ろしがしやすい
  • 乗り降りがしやすい
  • コーナー時に車体が安定

などが挙げられます。

次に室内のサイズ比較をしましょう。

実はノアとヴォクシーの室内サイズは車両のサイズ変化に合わせて若干狭くなっているのです。

比較するとノアは旧型が2,930×1,540×1,400㎜、新型が2,805xx 1,470 x 1,405㎜と外観の幅が広がっているのに対し狭くなっています。

ヴォクシーも同様です。

旧モデルが2,930×1,540×1,400㎜に対して、新型ヴォクシー2,80×1,470×1,405mmなのです。

こちらも若干狭くなってしまっていますが、実は新型には変化する理由があります。

その点について次の項目で説明します。

スポンサーリンク

新型ノアとヴォクシーのシートアレンジ

 

新型ノアとヴォクシーは、室内のスペースが旧型に比べて減少してしまっています。

しかし、シートアレンジなどの面でかなり変更が加えられ、快適性が増しているのです。

実は2列目に大幅な改変が行われていて、キャプテンシートとベンチシートが両方用意されている点は踏襲されているものの、ホイールハウス部分の干渉を回避してスライドに変更されています。

これによって大幅なスライドが可能となり、745㎜ものロングスライドを達成しました

これによって折り畳み式のテーブルが使えるなどのアレンジも可能になっているのです。

実はこのスペースはアルファードのトップグレードであるエグゼプティブラウンジよりも広くなっており、3列目を用意しつつ、2列目に大幅な改変を加えたことを意味します。

ただ、ここまで3列目を犠牲にしたような印象を与えますが、実は3列目のシードもかなり改善されています。

ウレタンとネットを組み合わせたシートを採用し座り心地が向上しており、リクライニング機構付きです。

さらにワンタッチで跳ね上げた後に自動で固定されるため、とても簡単に格納できるようになっているのもうれしいポイントといえるでしょう。

このように素早く快適になった3列目シートを展開したり、3列目シートをワンタッチで格納して2列目の間隔を一気に広げたりといったアレンジが可能になっているのは新型ノアとヴォクシーの大きなポイントといえるでしょう。

ファミリーカーの印象が強かったノアとヴォクシーですが、このシートアレンジの改善によって上級クラスに比肩する性能を手にしたといっても過言ではありません。

最後に後方へロングスライドさせるため左右方向にもスライドさせるとほぼベンチシートになっていた旧型からカップルディスタンスが174mm拡大されつつ左右スライドが廃止された点も加筆しておきます。

スポンサーリンク

新型ノアとヴォクシーの最新安全装備

新型ノアとヴォクシーで発となる安全装備も注目です。

プロアクティブドライビングアシスト、安心降車アシスト、アドバンストパークについても解説します。

まず、プロアクティブドライビングアシストは新型ノアとヴォクシーに初搭載された最新装備です。

歩行者の横断や飛び出してくるかもしれないを予測し支援するものでレクサスの一部モデルにしか導入されていませんでした。

具体的な内容は、危険を察知したらステアリングやブレーキングをサポートして相手との距離を保ったり、事故を未然に回避する機能です。

安心降車アシストは、スライドドアOPENを緊急停止する安全機能を指します。

ブラインドスポットモニター[BSM]のセンサーを活用し、ドア開閉時に後方からくる自転車などの接近車両を検知するものです。

危険を察知した瞬間にインジケーターを転倒させて注意喚起し、パワースライドドアを途中停止したり、キャンセルします。

停車時に小さなお子様が急に車を降りて危険な目に合わないようになっています。

加えてブザー、ドアミラー内のインジケーターの点滅など注意喚起を行う安全装備です。

3つ目のアドバンストパークは安全な駐車を行うためのアシスト機能です。

パノラミックビューモニターによって周囲を撮影しアドバンスト パークスイッチを押して駐車位置し、開始スイッチを押すと、カメラとソナーによって周囲を監視しながら駐車をアシストします。

つまり、自動駐車装置に近い機能になります。

さらに動く対象物や細いポール等を含む障害物を検知した場合には警報を鳴らし、ブレーキをアシストしてくれる安全装備なのです。

安全面と快適性が向上した新型ノア、ヴォクシー

新型ノアとヴォクシーはサイズが拡大している点が特徴です。

しかし、その反面、室内空間が狭くなっている点はデメリットのように思えます。

このような改変が行われているものの2列目シートを大幅に後退させたり、ワンタッチで3列シートを収納したりといった操作ができるのはかなり改善されたポイントといえます。

また重要な安全装備もカメラの性能向上とセンサーの改良によって事故の未然回避や駐車アシスト、さらにはドア開閉の安全装備などファミリー層にもうれしい変更が加えられているのは重要なポイントといえるでしょう。

機能を追加している分、価格は若干高くなっていますが、旧型に比べて、より快適で安全な運転ができるようになるのは確かといえます。

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

買い取り、下取りは大損します!

①ディーラーは新車がメイン、買取店と比べると買取価格が安くなる。

②少しでも愛車を高く売るなら、一括査定がおすすめ!

③「安心車jp」なら社から買取価格を提示!

④一番高い価格の業者に売るだけ!連絡は1回のみ!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・ガリバーやビッグモーターなどの優良企業なので安心!

45秒であなたの車を無料査定してみる