SUVファン

人気SUVについての総合サイト

新型ハリアーフルモデルチェンジの人気ボディー色、見積もり書と買い時は?

新型ハリアーフルモデルチェンジの人気ボディー色、見積もり書と買い時は?

愛車が一番高く売れる方法とは?

①ディーラーでの下取り、買取店は大損!

②売却はオークション型の「ユーカーパック」が一番高い!

③購入の際、ある方法でディーラーと値引き交渉!

大幅値引きでグレードアップやオプションをつける!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・一括査定のように営業電話はかかってこない。

30秒であなたの車を無料査定

6月17日に発売されたフルモデルチェンジの新型ハリアーですが、とても人気が高く納期も数か月後となっています。

「人気のボディーカラーって何色かな?」

「実際の見積もりってどのくらいになるだろう…」

「なるべく安い買い時っていつなのかな?」

などについても、説明していきます。

今回のフルモデルチェンジで4代目となったハリアーはグレードが3種類となっており、300万円をきるグレードもあります。

しかし、後ほどご紹介する実際のSグレードの見積もり書を見ると、意外に高くなることがわかります。

今回の記事を読めば、フルモデルチェンジされた新型ハリアーの人気ボディー色と見積もり額、また一番安く購入できる買い時について知ることができます。

記事用

一番最後に、この記事が動画でご覧になれますので、お楽しみに!

スポンサーリンク

新型ハリアーフルモデルチェンジ後のボディー色を紹介

新型ハリアーフルモデルチェンジボディーカラー

ハリアーのフルモデルチェンジにより高級感あふれるフォルムと雰囲気をシンプルに引き立たせることができるボディー色となっています。

ハリアーのボディー色には黒、パール塗装の黒、白、赤、青、淡い赤、薄めの青の7色があります。

そのカラーの中で特に人気なのが高級感の映える黒とパール塗装の黒、そして多くの自動車のスタンダードカラーである白です。

黒は漆黒と表現できる吸い込まれるような黒さで、高級感をシンプルかつストレートに活かせるボディー色です。

新型ハリアーフルモデルチェンジボディーカラーブラック

パール塗装の黒は、艶やかな黒さが輝く高級感のある美しいカラーです。

黒の高級感の中にツヤやかな光の反射による新鮮さがあるのが特長的で、ダークさの中にも明るさを感じさせます。

新型ハリアーフルモデルチェンジボディーカラーホワイト

自動車の定番カラーとも言える白(ホワイトパールクリスタルシャイン)は、パール塗装の白で、ツヤがありながらも落ち着いた白色のカラーです。

そのたたずまはシンプルでありながらも高級感を損なっていません。

しかし、白も黒も汚れや傷が目立ちやすいボディー色なので、洗車は欠かせません。

特に黒は汚れが目立つので、メンテナンスに手間が掛かります。

しかし、そんな手間があったとしても、なおこの高級感には勝てない!

という感じで人気が高いカラーです。

新型ハリアーフルモデルチェンジボディーカラー

新型ハリアーフルモデルチェンジの薄めの青(スレートグレーメタリック)はグレーと表記されていますが、やや薄めの落ち着いた青色で、こちらも高級さを感じさせるカラーです。

黒と白の定番カラーからちょっと違いを出したい人におすすめのボディーカラーです。

記事用

どのカラーもそれぞれいいところがあってカッコいい!

それ以外のカラーリングも高級感に配慮された美しさがあります。新型ハリアーフルモデルチェンジの新たな門出において遜色のない出来栄えのボディー色です。

ハリアーフルモデルチェンジの見積もりはいくら?

ハリアーフルモデルチェンジには、

基本的な標準装備を搭載したグレードS

ガラスのUVカットやバンパーやドアハンドルのメッキ加工などが施され、7インチのインフォメーションディスプレイなどを実装したグレードG

最上位グレードZがあります。

それぞれにガソリン車とハイブリッド車が用意され、FFと4WDを選択できます。

Sの価格はオプションなしで税込み2,990,000円です。

これはFFでガソリン仕様時の価格で、4WDにすると見積もり額は高くなります。

何とか300万を切り、お求めやすくしようというメーカー側の意気込みが感じられます。

 

ただし、ハリアーフルモデルチェンジのハイブリッド車はそこから59万円ほど価格が上がります。

見積もり額はガソリン車がハイブリッド車の選択で大きく上下します。

新型ハリアーフルモデルチェンジナビ

Sは高級車に求められる標準機能がそろっており、とくにオーディオシステムが8インチのディスプレイ付きで搭載されているのがトヨタらしい感じです。

そこから一つの上のグレードであるGになると価格は3,410,000円になります。

新型ハリアーフルモデルチェンジデジタルインナーミラー

ホイールの換装、デジタルインナーミラーの実装(後方録画機能付き)、上記のガラスのUVカット化や7インチ情報ディスプレイなどが追加搭載されています。

LEDによる電飾・投光系が追加され、内部のイルミネーションやヘッドライトの利便性が向上しているのも特長です。

※以下ツイッターより引用

新型ハリアーフルモデルチェンジタイヤ

ハリアーフルモデルチェンジの最上位グレードのZはカラーヘッドアップディスプレイが追加され、スイッチ操作でバックドアを自動全開閉できるパワーバックドア機能が付きます。

比較的、SからGへの追加と比べると機能の追加量が少なめとなっています。

こちらの価格は3,930,000円、レザー仕様が4,230,000円となっています。

新型ハリアーの見積もり額はオプションにもよりますが、平均で車両価格プラス次のようになります。

メーカーオプション価格:10万4500円
付属品価格:18万5350円
税金・保険等:4万970円
課税販売諸費用等:3万6700円
預り法定費用等:1万9000円

値引予想額:20万円 (店舗により異なる)

一番安いSグレードの見積もり書を紹介します。

各グレードには各種のオプションも用意されています。

オプションは盛りすぎると納車が遅れますが、必要ならば実装しましょう。

購入時に提示される見積もり額は当然オプションの込みの価格です。

記事用

メーカーオプションは契約後は後付けできないから注意してね!

各種キャンペーンによって予想の見積もり額より安くなるかもしれませんので、あらかじめチェックしておくと良いかもしれません。

見積もり額に対しての価格交渉も迷惑の掛からない範囲で有効な手段でしょう。

ハリアー フルモデルチェンジの買い時はいつ頃?

ハリアー フルモデルチェンジの買い時は、一般な車の買い時と同様のタイミングとなります。

それはトヨタも含めた車メーカーが最も車を売りたい時期となり、そのタイミングの代表的な例は「決算時」となります。

各販売店は決算に向けてとにかく売る姿勢で色めき立ちます。

これは他の業態でも言えることですね。

株式会社なので、とにかく良い業績を投資家に示したいわけです。

そういった状態では購入価格の交渉による譲歩も引き出しやすくなるかもしれません(ただし、交渉はくれぐれも失礼の無いように)

特にハリアー フルモデルチェンジ版は新しいモデルなので、メーカー側としても新商品の実績のためにもより売っていきたいはずです。

価格交渉にはトーク力も必要です。

そのトークで重要なのは「迷ってる感じ」を出すことです。

価格が高くて他のメーカーの車と迷っている感じを出せば「じゃあ安くしましょう」という話に持って行きやすいです。

相手は買わせることに前向きにさせたいので、その部分をうまく値引き交渉に活かしましょう。

他の買い時としてはボーナスの時期があります。

これは人々がお金を持っている時期を狙ってメーカー側が販売攻勢をかけるタイミングとなります。

記事用

ディーラー同士を競合させたり、ほかの車を値引き交渉に出すといいよ!

ここでも買わせるためのキャンペーンなどで安くなることが期待できるでしょう。

一般的な車の買い時となるボーナスシーズンは夏と冬となります。

ハリアー フルモデルチェンジの購入はこれらの買い時の時期を狙っていきましょう。

スポンサーリンク

新型ハリアーフルモデルチェンジ まとめ

高級感あふれるハリアーのフルモデルチェンジは魅力的な様々なボディー色、優れた装備の数々と、単なるブランドだけでなく確実な価値をもたらしてくれます。

もし新型ハリアーの魅力を感じたなら、ディーラーで余すことなくチェックして、できれば試乗も行うことをおすすめします。

どのグレードを購入するかをじっくり決めた上で価格交渉も行い購入しましょう。

値下げ交渉する際に、通常の値下げよりもさらに安く購入する方法をお伝えしていますので、ぜひ試してみてくださいね。

記事用

この方法が一番ディーラーが苦手とする値引き交渉ね!

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

 

SUVを値引き額から、さらに50万円安く購入する裏ワザとは?

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

買い取り、下取り、一括査定はもう古い!

①ディーラーは新車がメイン、買取店と比べると買取価格が安くなる。

②少しでも愛車を高く売るなら、オークション型買取がおすすめ!

③「ユーカーパック」なら一括査定のような営業電話もなく、最大5000社から買取価格を提示!

④一番高い価格の業者に売るだけ!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・一括査定のように営業電話はかかってこない。

30秒であなたの車を無料査定