CX-8の値引き額はいくらまでいける?最新値引きレポート、情報、交渉術!!

【車・査定】30万円~80万円の差!なぜ?

なぜ車を売るときにこんなに差が出るのか?

なぜ【一括査定】が楽・かんたん・お得なのか?

↓その理由はこちらをクリック!↓↓

自動車業界全体が値引きの渋くなっている傾向にありますが、CX-8の値引き相場はいったいどのくらいなのでしょうか?

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/
車種や時期によっては、数万円の値引きなんてのも普通になってきました。

そこでCX-8の実際の値引き額の限界、相場、交渉術を含めて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

CX-8の限界値引きリポート!いくらまで可能か?

引用:https://words-free.com/04-letters-text/343-3d-character.html

実際にCX-8を購入した方の値引き額を調べてみました。
・車両値引き額 0~40万円

オプション値引き額 0~15万円
合計0~55万円となっています。
車両値引き額で40万円とは、なかなか大きな値引き額だと思います。

ここまでの値引きは普通ではあり得ないと私は思うので、何か裏があると思います。

程度の良い車両を下取りに出す変わりに、値引きしますというパターンも考えられます。

引用:https://www.webcartop.jp/2019/01/318323
CX-8に限らずどのメーカーの車も、車両本体価格の値引き額より、オプション値引き額が少ないです。

以前の車の購入というのは車両価格とオプションのトータルの価格という売り方でしたが、最近は各項目ごとにきちんと利益をださないといけないようです。

最近、車の査定をするために大手の買取会社に行ったのですが、査定額の低さにびっくりしました。

そこで担当の方に話を聞いたところ、買取でも販売でも利益を出さないといけないとのことでした。

これは、お客さんにとってデメリットになりますね。

昔のように大ざっぱな売り方ではなく、きちんと利益を考えた売り方に変わってきているんです。

リコールが出ると、たくさんの車種が対象となるように、売り方も効率よく利益が出るようになってるんですね。

スポンサーリンク

CX-8の値引き相場はいくら?

引用:https://kabu-maga.com/manabi/range-market/

実際のCX-8の値引き相場を調べたところ、0~55万円となっていました。

しかし、55万円という値引き額は下取り、紹介、常連客など、かなり好条件がそろわなければ無理な金額です。

そこで一般的なCX-8の値引き額の相場はというと
車両値引き額 15万円
オプション値引き額 10万円
合計25万円が相場のようです。

この価格は実際の値引きデータを参照して算出しました。

引用:https://automove.jp/?p=51557

では、ライバル車でもある、トヨタハリアー、日産エクストレイルの値引き相場と比較してみたいと思います。

車種 値引き相場
ハリアー 35万円
エクストレイル 35万円

CX-8と比較すると、若干値引きが大きいのかなというところですね。

この相場は、ガソリン車やハイブリッド車を含めた金額なので多少変化はあります。

ハリアーハイブリッドのベースグレードとCX-8ディーゼルのベースグレードで比較すると、車両本体価格で約10万円の差、燃費はあまり変わらないという結果になっているので、ハリアーのほうが安いかもしれません。

私の調べた感じでは、ハリアーハイブリッド、エクストレイルハイブリッド、CX-8ディーゼルでは、ほぼ同じ値引き額のようです。

メーカー側もライバル車を意識して値引き額を決めている部分もあると思います。

引用:https://toyokeizai.net/articles/-/204884

CX-8の値引き相場は上昇傾向にありますが、25万円という値引き額も厳しくなっているようです。

ですので値引き目標としては
車両値引き額 10万円

オプション値引き額 5万円

という価格を値引き目標として設定して交渉を進めていき、反応を見ながら相場に近づくように交渉を進めていくのがベストだと思います。

私の予想では20万円が相場だと思うので、まずは20万円を狙っていきましょう。

引用:https://telemark-hama.at.webry.info/201311/article_2.html

以前は、乗りつぶすならマツダという考え方がありましたが、現在は大きく軌道修正され、日本を代表する自動車メーカーとなっています。

以前のマツダは他メーカーより新車でも安い傾向にあり、安い新車を買って長く乗るという考え方が定着していたと思います。

車がないと生活できない地域は多く、どうしてもランニングコストを考えるとそうなってしまうのです。

現在では日本国内では諦めてしまったディーゼルエンジンを復活させ、塗装など各パーツにこだわりを持ち、プレミアム感のあるラインナップに変わったこともあり、他社にはない技術があるので、マツダ側もきちんと利益がとれる、価値のある車を販売をしているという自信があるのでしょうね。

スポンサーリンク

CX-8の値引き交渉でお得に購入するには?

引用:https://jfc-guide.com/basic-knowledge/6529/
値引き交渉で重要になるのは、販売店側の売りたい時を見極めることにあります。

一般的には決算時期である3月近辺が売りたい時期となっていますが、販売店によって、キャンペーンなどで売りたい時期があります。

引用:http://u-note.me/note/47489949
一番良いのは、友人や知人や親族が車を購入した販売店を紹介してもらうことです。情報収集、交渉を進める上でも、とても有利となります。
紹介があるとないとでは、価格が違ってくるので、一番オススメな方法です。
なぜなら、紹介してくれたお客さんとの信用を失わないように販売店側も交渉を進めないと、一度のミスで2人のお客さんを失ってしまう可能性もあるからです。

お客さんによって、ランク付けみたいなものも販売店側でしてますからね。

なので、毎回新車がでたら買い替えているような知り合いがいると、とても有利になります。

そういう知り合いがいるといいのですが、

引用:https://xn--3kq2bv77bbkgiviey3dq1g.com/jiko_koushou/

でもなかなか、そのような知り合いを作るというのも難しいので、地道に交渉するのが現実的かなと思います。
交渉で気を付けなければいけない点は、「1回の交渉で決めないこと」です。
1回で決めなければ、販売店側も高すぎたかな?など、何かしら考えてくれるものです。

これを何度か繰り返して、お互いの落としどころを探っていくのが値引き交渉のコツです。

交渉は根気が必要なので、自分を見失わずに冷静に行いましょう。

CX-8の値引き額、値引きレポート まとめ

CX-8は2017年4月発売ということもあり、発売から2年程度経過してるので、販売台数も低迷してくる時期にあります。

値引きは、ライバル車とほとんど同様で、相場としては25万円程度になりますが、20万円程度が一般的かなと思います。

発売当初からすると、値引き額は増えつつありますが、必ずどこかでストップがかかります。

値引き額が30万円以上は厳しいと思います。

今後は特別仕様車の展開も考えられるので、日々情報収集が大切になります。

2020年3月頃には、何かしらの変化があると予想していますので、気を付けて見ていきたいですね。

と、ここまで説明してきましたが、CX-8の値引き相場以上に実は購入価格を下げるテクニックがあるんです。
この方法を使えばトータルで50万円くらいお得に購入できます。

カンタンな方法なので、ぜひご覧くださいね!

欲しかったSUVを値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

「SUVが欲しいけど予算オーバーだ…」

「新型SUVをなるべく安く買いたい…」

「もう少し上のグレードが欲しいけど高い!」

「値引き交渉がどうも苦手で…」

「今の愛車を高く売りたい!」

など、SUVの購入を検討してるけど、悩みが尽きない…

車を購入するときは、いろんな悩みが出てきますね。

家族や友達に相談しても、どうにもならないし、クラウンには手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使わないと損します!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

一括査定サイトを使うと、大手買取会社が最大10社であなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的にあなたの車の価格が吊り上がるのです!

車の査定は後回しにすると損・損・損!!