SUVファン

人気SUVについての総合サイト

CX-8のおすすめグレードとオプション!!6人乗りと7人乗りどっちがいい?

CX-8のおすすめグレードとオプション!!6人乗りと7人乗りどっちがいい?

愛車が一番高く売れる方法とは?

①ディーラーでの下取り、買取店は大損!

②売却はオークション型の「安心車.jp」が一番高い!

③購入の際、ある方法でディーラーと値引き交渉!

大幅値引きでグレードアップやオプションをつける!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・最大50万円高く売れる

1分であなたの車を無料査定してみる

CX-8はマツダの最上級SUVで車両本体価格も高額になるので、おすすめグレードとオプションは押さえておきたいですね。

家族や大人数での使用を考えると、6人乗りと7人乗りが選べるので、どちらを選ぶべきかも気になります。

また、CX-8はオプションでルーフレールを付けることができますが、アウトドアが趣味の方以外ならいらないという意見もあります。

今回はCX-8のおすすめの人気グレードと価格比較、6人乗りと7人乗りのシートの違いについて、またルーフレールをつけるメリットデメリット、後付けする方法について紹介します。

スポンサーリンク

CX-8のおすすめグレード!どれが人気?

CX-8のおすすめグレードとオプション

画像転載:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

CX-8はガソリンモデルとディーゼルモデルがあります。

グレード展開ですが、ガソリンモデルは

2500cc自然吸気エンジン搭載の25S

・スタンダードグレードの25S

・安全装備充実の25Sプロアクティブ

・豪華装備の25S Lパッケージ

 

ディーゼルモデル

2200ccディーゼルターボエンジン搭載のXD

スタンダードグレードのXD。

安全装備充実のXDプロアクティブ。

豪華装備のXD Lパッケージ。

という構成です。

XDと25T全グレードはフルタイム4WDのみ。25S全グレードは2WDのみ。

残りのグレードは2WDと4WDが選べます。

さらに全グレードで6人乗りと7人乗りが選べます。

CX-8のおすすめグレードとオプション

画像転載:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

CX-8の場合、ガソリンモデルとディーゼルモデルのどちらを選ぶかで選択肢が変わります。

車両本体価格はガソリンの25SはディーゼルのXDより約43万円高額になります。

初期費用を抑えたいならガソリンモデル。リセールバリューやランニングコストを考えるならディーゼルモデルになります。

おすすめグレードはガソリンもディーゼルもプロアクティブです。

・25Sプロアクティブ2WD  3,256,200円
・XDプロアクティブ2WD  3,693,600円

このどちらかになります。

個人的おすすめはディーゼルモデルになります。

車両本体価格43万円の差は大きいです。

ただディーゼルモデルはクリーンーディーゼル扱いなので、諸費用が安く、さらに燃費の良さが購入後のメリットとなります。

25Sプロアクティブのカタログ燃費はリッター12.4キロ。

XDプロアクティブのカタログ燃費はリッター15.8キロです。

このリッター3キロの差は大きいです。

 

しかも25Sがガソリンなのに対し、XDは燃料代が安い軽油です。

トータルランニングコストはXDが圧倒的に安いです。

気になるのは、総額400万円クラスの車にはディーゼルエンジン独特のノイズが似つかわしくないという点です。

それでも国産SUVの輸出需要や、リセールバリューを考えるとやはりディーゼルモデルを買っておいたほうが無難です。

CX-8のおすすめオプションはなに?

CX-8のおすすめグレードとオプション

画像転載:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

CX-8はマツダの最上級SUVになります。

そのため高額になりますが、そのクラスに相応しい装備も欲しいです。

おすすめグレードはXDプロアクティブになります。

このグレードでも最上級SUVに相応しい豪華装備が標準装備になっています。

ただ、若干物足りない部分もあるので、それを補うメーカーオプションが欲しいところですね。

 

まずひとつ目が、パワーリフトゲート、オートバックドアとも呼ばれる装備です。

バックドアの開閉がボタンひとつで可能な装備になります。

ミドルクラスSUVでは必要としない装備ですが、最上級SUVなら欲しい装備です。

次にアウトドアが趣味の方におすすめなのがルーフレール

別にいらないのでは?と思われる方々も多いでしょう。

たしかに屋根にルーフキャリア等を付けないのであれば特にいらない装備になります。

ルーフレール装着分だけ、車高も高くなります。

CX-8ルーフレール

引用:https://cx-8fan.com/?p=559

いらない人には不要な装備ですが、ルーフレールの有無でリセールバリューが変わってきます。

もちろんあったほうがリセールバリューが高いです。

パワーリフトゲートと合わせて欲しいメーカーオプションです。

CX-8のルーフレールを付けるメリット、デメリット

CX-8ルーフレールいらないのか

ルーフレールを取り付けるメリットは、やはり荷物の積載ができることです。

特にルーフレールに自転車を載せて走行しているCX-8をよく道路で見かけます。

アタッチメントの取り付けが容易というメリットもあり、逆にこれがなければアタッチメントが取り付けづらくなります。

他にも、ファッション性があり、これがあることでよりSUVらしくなります。

その一方でデメリットも存在し、単純に車が重くなり燃費が下がったり、車両が高くなることで立体駐車場などに入れなくなる可能性もあります。

その他にも、値段が高いことやルーフレールが逆にダサいと感じるユーザーも存在します。

このように、メリットとデメリットの両方が存在するのでユーザーが必要かどうかを、考えて選ぶことが大切です。

スポンサーリンク

CX-8のルーフレールはいらない?

CX-8ルーフレールいらないのか

ルーフレールがいらないというユーザーの理由は、大半が洗車の時に邪魔になることです。

例えば、ガソリンスタンドにある洗車機を利用する際、洗車機の天井がルーフレールより低く、洗車機を利用できない場所もあります。

CX-8自体がかなり大きくその上で、ルーフレールを取り付けると高くなるので通れない場所がところもあります。

しかし、いらないという意見がある一方で必要性があるという意見もあります。

一つは車の中に載せきれないアウトドアの荷物や道具を運ぶときです。

例としてはサーファーの人が愛用するサーフーボードやロードレーサーが乗るロードバイクなどの需要も必ず存在しており、一方的にいらないということはないはずです。

ルーフレールを後付けする方法

結論から言うと、CX-8にルーフレールを後付けすることはできません。

絶対にできないわけではありませんが、車のルーフの部分を大幅に工事する必要が出てきます。

時間や手間、お金のことを考えると後付けは現実的ではないので、購入時にオプションでつけることをおすすめします。

価格はルーフレール、パワーリフトゲート、後席サンシェードがセットで約12万という抱き合わせ販売となっています。

CX-8ルーフレールいらないのか

しかし、画像のようにルーフレールがなくてもルーフキャリアは取り付けが可能です。

よほど、ルーフレールが必要な方でない限りは、「ルーフレールはいらない」という選択肢もありでしょう。

迷う場合は購入時にメーカーオプションで付けた方が後から後悔をせずに済みます。

ちなみに、メーカーオプションは契約書に印鑑を押したら変更ができないので、慎重に選びましょう。

 

最後に、BOSEサウンドシステムもおすすめです。

CX-8のおすすめグレードとオプション

画像転載:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

BOSEはカーオーディオでは世界最高級ブランドです。

その音質はカー用品店で購入出来るスピーカーでは味わえない素晴らしい音質を届けます。

そしてBOSEのオーディオ類は、カー用品店では取り扱っていません。

カーオーディオは重低音が不足がちになります。

そのため重低音を強調するサブウーハー等の装備が多いですが、それでは重低音が強調され過ぎでバランスが崩れます。

その辺りはさすがBOSE!

重低音を強調しつつ、クリアな高音とのマッチングも素晴らしい!

10スピーカーの性能を十分に活かしています。

 

あとはディーラーオプションでオススメなのは

・フロアマット
・バイザー
・ナンバー盗難防止ナット

この3つは欲しいですね!

『マットとバイザーはともかく、盗難防止ナットは不要では?』

と思われる方も少なくないでしょう。

ですが近年の日本では、盗難防止ナットは不可欠です。

ナンバーが盗難されると、再発行されるまでその車に乗れません。

そうなると不便なので、盗難防止ナットをつけることもオススメします。

CX-8 6人乗りと7人乗りどっちがおすすめ?

CX-8のおすすめグレードとオプション

画像転載:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

CX-8には6人乗りと7人乗りがあり、大きな違いは2列目のシートです。

6人乗りは2名乗車の独立したキャプテンシート。

7人乗りは3名乗車のベンチシート。

この2列目シートの違いが乗車定員の違いになっています。

よって2列目はキャプテンシートの2人乗りがいいか、ベンチシートの3人乗りがいいかの選択になります。

キャプテンシートの場合、Lパッケージ以外はセンター部分から3列目へのアクセスが容易になります。

Lパッケージは2列目センターにコンソールが付くので、3列目へのアクセスはやや困難になります。

 

ここでのキーポイントは、

『3列目シートを日常的に使うか?』

という点です。

2列目シートは快適ですが、3列目を使用するとなると快適性が若干損なわれます。

やはりSUVの場合、3列目シートの改定規制には難があり、スペースも狭いです。

3列目を使わずに2列シートとして使い、3列目は畳んでラゲッジスペースとして使うのが一般的になります。

そうなると6人乗りの場合は4人乗り、7人乗りの場合は5人乗りになります。

これがミニバンになると、2列目キャプテンシートは7人乗り、ベンチシートは8人乗りになります。

ミニバンなら、3列目でも快適な空間になります。

よって8人乗りより7人乗りのほうが人気が高く、高額査定になります。

CX-8のおすすめグレードとオプション

画像転載:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

ただCX-8の2列目キャプテンシートでは、実質4人乗りになります。

これではやはり乗車定員が少なく、使い勝手が悪いですね。

ベンチシートなら3人乗車が可能で、5人乗りとして使えます。

CX-5はボディサイズが大きいので、2列目ベンチシート3人乗りでも快適な室内空間になります。

それに対し3列目の乗車はやはり狭く、長時間の移動は少しきついかもしれません。

SUVとしての使い勝手を求めるのであれば、2列目ベンチシートの5人乗りがおすすめです。

新車価格は6人乗りと7人乗りでの差はありません。

ただリセールバリューは7人乗りのほうが高いでしょう。

高級感が高いのは、2列目キャプテンシートの6人乗りです。

ただ実際の使い勝手を考慮すると、やはり3列目は使えません。

そうなると4人しか乗れないことになり、これはデメリットになるでしょう。

これが日産エクストレイルのように、3列目の有無で乗車定員が変わる場合は高額査定になります。

ただCX-8は全車3列シート仕様です。

そうなると単純に乗車定員が多い7人乗りのほうが、需要は高いです。

CX-8のおすすめグレードとオプション まとめ

CX-8のおすすめグレードとオプション

画像転載:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/

CX-8はマツダの最高級SUVだけあって車両価格も高額でトヨタハリアークラスに肩を並べます。

そのような高級SUVには、それにふさわしい装備も欲しいところです。

最低限パワーリフトゲートは欲しいところです。

できればLパッケージのナッパーレザーシートとも欲しいですが、Lパッケージは車両本体価格が高額になるので、予算に余裕のある方は検討されるのをおすすめします。

CX-8の購入額を安くすることができれば、浮いた費用でグレードアップやオプションも可能となりますね!

実はに総支払額を下げる方法があるのをご存知ですか?

誰でも簡単にできるので、ぜひ試してみてくださいね!

SUVを値引き額から、さらに50万円安く購入する裏ワザとは?

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

買い取り、下取りは大損!

①ディーラーは新車がメイン、買取店と比べると買取価格が安くなる。

②少しでも愛車を高く売るなら、オークション型買取がおすすめ!

③「安心車.jp」なら最大8社から買取価格を提示!

④一番高い価格の業者に売るだけ!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・オークションなので、価格が上がりやすい

1分であなたの車を無料査定してみる