SUVファン

SUVをメインにした車の総合サイト

エクストレイルクリーンディーゼルのオイル漏れに注意!寿命や交換時期は?

エクストレイルクリーンディーゼルのオイル漏れに注意!寿命や交換時期は?

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

①ディーラーでの下取り、買取店は大損!

②売却はオークション型の「安心車jp」が一番高い!

③購入の際、ある方法でディーラーと値引き交渉!

大幅値引きでグレードアップやオプションをつける!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・最大50万円高く売れる

45秒であなたの車を無料査定してみる

エクストレイルにはガソリン車とクリーンディーゼル車の設定があり、どちらもメリット、デメリットがあります。

メンテナンスをしっかり行えば、大きな不具合もなくエクストレイルの寿命を延ばすことができます。

しかし、中古車やメンテナンスを怠った場合、クリーンディーゼル車のオイル漏れの不具合が発生しています。

今回の記事では、エクストレイルクリーンディーゼルのオイル漏れの原因、交換時期について解説します。

また、オイル交換の料金や交換周期、適正オイルについても触れていきます。

今回の内容をしっかり理解すれば、オイル交換に対する知識が高まり、エクストレイルクリーンディーゼルのトラブルや不具合をなくすことができます。

スポンサーリンク

エクストレイルクリーンディーゼルのオイル漏れに注意!!

ディーゼル車のオイル漏れがなぜ起こるのか調べてみました。

エクストレイルディーゼルのオイル

引用:https://minkara.carview.co.jp/userid/442040/car/358106/6299012/parts.aspx

主にオイルシールというオイルが入る部分の繋ぎ目を埋めているゴム部品の劣化が一番多いです。

低温から高温まで過酷な状況にさらされる部分でもあるので、どうしてもゴムが固まりやすく、機能しなくなります。

 

オイルシールはエンジン内部に使用されているので、個人的なチェックは不可能に近いです。

そこで普段からチェックしやすい部分として、オイルを抜くネジの部分にもオイルシールが使用されています。

このオイルシールをチェックしてください。

 

オイルシールという名称ではなく、オイルドレインパッキンやオイルドレインワッシャーなどと呼ばれることもあります。

ホームセンターなどでも販売しているので、簡単に購入できます。

 

オイルシールが劣化してくると、オイルが漏れだしてきます。

ネジ部にオイルがついているかいないかをチェックしてください。

ついていたら、オイルシールを交換するか、修理に出したほうがいいでしょう。

エクストレイルディーゼルのオイルの働き

引用:https://www.autobacs.com/static_html/shp/knowledge/oil.html

それと同時にオイルの粘度も問題になってきます。

走行し続けていると粘度がなくなってくるのがオイルの特徴です。

オイルがサラサラ過ぎて漏れてしまうなんて場合も考えられます。

 

ディーゼル車の場合、オイルと燃料が混ざってしまい、オイルの粘度が失われることもあります。

燃料とオイルが一緒に燃えてしまう為、オイルの量が減っていくという現象が起こります。

こうなるとオイルを交換するしかありません。

 

交換サイクルはガソリン車と変わらないですが、古くなればなるほどオイルに注意が必要となるので、交換サイクル前にオイルがなくなっているなんてこともありえます。

エクストレイルディーゼルのオイル交換

引用:https://kawada-auto3.blog.so-net.ne.jp/2010-04-21

オイルが漏れる前には、必ず前兆があります。

オイルに入っている部分についているネジ部にオイルがついていたりすると、初期のオイル漏れとなるので、この時期に対処するのがベストです。

ただチェックするには、車の底面を見なくてはいけないので、少し大変になりますね。

引用:https://blog.nissan.co.jp/DEALER/1300/241/entry1666

以前仕事で、ディーゼル車に乗っていたことがあり、トラブルが多くて大変な思いをしたことがありました。

近くのガソリンスタンドで定期的にオイル交換をしていたのですが、ガソリンスタンド側で交換するオイルを間違えていたということがありました。

 

DPF装備のディーゼル車には、専用オイルがあるということを知らなかったようです。

最近になって、ガソリン車、ディーゼル車共用のオイルなんかもありますが、当時はありませんでした。

そんなオイルのせいなのか、マフラーから煙がでやすかったり、DPFの警告灯が点灯したりと不安が多かったです。

 

DPFの手動クリーンアップをしてみましたが、効果はありませんでした。

おそらくクリーンアップできなくらいになってしまっていたのでしょう。

会社の先輩などに相談しましたが、走れるから大丈夫とのことで、警告灯がついたまま走行していました。

エクストレイルディーゼルのオイルdpf

引用:http://tes-factory.way-nifty.com/blog/2016/09/dpf-0395.html

ディーゼル車にこういうトラブルが起こるのは、ほとんどがDPFというシステムが存在するからなのです。

スポンサーリンク

エクストレイルクリーンディーゼルのオイル寿命、交換時期(周期)は?

ディーゼル車はガソリン車とエンジン内部の構造が違い、ガソリン車より過酷な状況で動いている為、オイルの汚れがひどかったり、オイル量が減っていたりということが起こりやすいです。

エクストレイルディーゼルのオイル寿命と交換時期

引用:https://carnext.jp/magazine/article/oil-change/

エクストレイルクリーンディーゼルは2代目に設定されていたエンジンで、現在の3代目には設定されていません。

その2代目エクストレイルクリーンディーゼルのオイル交換は10,000㎞もしくは1年での交換が推奨されています。

ディーゼル車の取扱説明書には、10000キロまたは1年、5000キロまたは半年と記載されているケースが多いですが、あくまでも目安となります。

オイルは、走行しなくても酸化して劣化してしまうものなんです。

使用状態などによって変わってくるので、使用しながらオイルを確かめることが必要になります。

エクストレイルクリーンディーゼルのオイル交換

日産はシビアコンディションを設定していますが、このディーゼルエンジンにはその設定はありません。

シビアコンディションとは「一般的な使用条件よりも厳しい使用条件」で車を使うことです。

またメーカーが指定しているオイルは5W-30となっており、オイル交換と同時にエレメントの交換が推奨されています。

エンジンオイルの量はオイル交換のみで7.0L、エレメントと同時交換の場合7.4Lとなっています。

ガソリンエンジンに比べるとエンジンオイルの量は約2倍になっていますので、けっこうな量が必要になります。

 

エクストレイルディーゼル車は、新車として発売されていない今は中古車という選択肢しかなく、1台1台の車両状況に相当な違いがあると予想できます。

なので、蓄積したデータから交換サイクルをご自身で作っていく方法が一番かなと思います。

引用:http://kokoro.mhlw.go.jp/etc/kaiseianeihou/

車好きな方は、そういうところを魅力に感じる方もいますね!

ただ現代のオイル交換時期を知らせてくれたりする最新の車からすると、面倒に感じてしまいますよね?

ディーゼル車にとっては、切っても切り離せない問題なので、うまく付き合っていくしかありません。

スポンサーリンク

エクストレイルクリーンディーゼルのおすすめオイル

まずオイルを選ぶにあたって気を付けなければいけないのが、エクストレイルクリーンディーゼルに適切なのかというとこが大前提になります。

ディーゼルには、ルノー社のディーゼルエンジンが使われているので、自然と欧州の規格で判断していくことになります。

エクストレイルディーゼルのおすすめオイル

引用:https://www.volvocars.com/jp/Own/Maintenance/Maintenance/Parts/Parts3

欧州のオイル規格は、ACEAという名称で区別されています。

欧州車のディーゼル車を購入すると、取扱説明書には、ACEA○○を推奨と記載してあります。

 

この規格から探すとなると、様々な言語表記があったり、たくさんの種類があってどれを選んだらいいのかわからなくなり、本当に信頼できるのかという不安もあります。

そこで、日産純正のディーゼル車用オイルが発売されているので、そちらを使用することをオススメします。

 

本音を言えば、欧州での車の使い方と日本の車の使い方では違いがあると思うので、あまり欧州規格にこだわる必要はないのかなとも思います。

エンジンオイルは、粘度など様々な状況に応じて使い分けるものですが、一般的にはメーカーに推奨されたオイルを使用するということになっています。

エクストレイルディーゼルに適したオイルはというと、現在の日本では、APIという米国の規格とILSACという日米合同での規格のものが一般的となっています。

エクストレイルディーゼルの純正オイル

引用:https://buyee.jp/item/yahoo/shopping/sundaymeca-om_2bai-057?lang=en

エクストレイルディーゼルには、日産純正のAPI規格C3、クリーンディーゼル専用オイルがメーカー推奨となっています。

エクストレイルディーゼルのオイル量は、一般的なガソリン車より多いです。

現行のエクストレイルガソリン車で、3.6Lに対して、エクストレイルディーゼル車では7Lも必要となります。

エクストレイルクリーンディーゼルは約7.5Lのエンジンオイルが必要ですので、オイル交換の料金は通常8,000円~9,000円になります。

エンジンオイルの値段は1,000円/Lで、エレメントの値段も加えるとこのくらいの料金になります。

エクストレイルクリーンディーゼルのオイル交換

ガソリン車なら4∼5Lのオイルが入りますが、クリーンディーゼルでは量が多いため割高になります。

毎回ディーラーで交換している方で、オイル交換のたびに10000円以上の出費がかかると嘆いている方もいたました。

オイルの単価は安くても、一般的なオイル量の倍を交換しなければいけないとなれば、値段も倍になってきますよね。

オイル交換の料金はディーラーやカー用品店でも大きな差はなく、どこで交換しても特に問題はありません。

しかし、オイルは10,000㎞、もしくは1年で必ず交換するようにしましょう。

交換を怠ると故障の原因になりますので注意が必要です。

ガソリン車とクリーンディーゼルのメリット、デメリット

エクストレイルクリーンディーゼルのオイル交換

エクストレイルのクリーンディーゼルは今でも中古車市場で人気があります。

エクストレイルクリーンディーゼルもそうですが、ディーゼル車はガソリン車に比べると価格が割高であるというデメリットがあります。

エクストレイルもディーゼルはガソリン車よりも約50万円割高になります。

しかし、燃費は約14.0㎞/Lでかなり低燃費かつ、軽油は燃料代が安いためお得です。

また、ディーゼルエンジンは低回転でトルクが出るので、高速道路などを長距離ドライブするときには疲れにくくおすすめだと言えます。

一方、ディーゼルエンジンはガソリン車に比べると多少ガラガラ音がするのがデメリットだと言えます。

特にエクストレイルクリーンディーゼルは少し古いので最新型のディーゼル車と比べると少し音が大きく、気になる方もいるでしょう。

エクストレイルディーゼルのオイル交換 まとめ

エクストレイルディーゼル車では、オイル漏れを含めトラブルが多いので、車両コンディションを把握して、走行してみての状況などから適切なオイル交換サイクルを自分で決めることが必要です。

日々車両のチェックを行い、早いうちに不具合をいかに見つけられるかが問題になります。

DPF専用のオイルを必ず使用し、部品一つ一つにあまり負担をかけないようなサイクルで交換していけば、オイル漏れなどの不具合も防げるかと思います。

エクストレイルの購入を考えている方は、お得な購入方法があるので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

買い取り、下取りは大損します!

①ディーラーは新車がメイン、買取店と比べると買取価格が安くなる。

②少しでも愛車を高く売るなら、一括査定がおすすめ!

③「安心車jp」なら社から買取価格を提示!

④一番高い価格の業者に売るだけ!連絡は1回のみ!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・ガリバーやビッグモーターなどの優良企業なので安心!

45秒であなたの車を無料査定してみる