SUVファン

SUVをメインにした車の総合サイト

フォレスターエンジンオイルのおすすめは?ベストな交換時期とオイル量を解説!!

フォレスターエンジンオイルのおすすめは?ベストな交換時期とオイル量を解説!!

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

①ディーラーでの下取り、買取店は大損!

②売却はオークション型の「セルカ」が一番高い!

③購入の際、ある方法でディーラーと値引き交渉!

大幅値引きでグレードアップやオプションをつける!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・最大50万円高く売れる

45秒であなたの車を無料査定してみる

海に山にと、日本の四季に合わせてアクティブに使用される方が多いフォレスターですが、最近は寒暖差の大きい異常気象となっているので、オイルの劣化も心配になってきます。

そこで、フォレスターにおすすめなエンジンオイル、交換時期、交換量、ディーラーと量販店のどっちで交換がいいのかについて見ていきたいと思います。

フォレスターエンジンオイルのおすすめ

引用:https://www.autobacs.com/static_html/shp/knowledge/oil.html

スポンサーリンク

フォレスターエンジンオイルのおすすめはコレ!!

フォレスターには、ガソリン車とe-BOXERを搭載したハイブリッド車があります。

ガソリン車とハイブリッド車では同じオイルを使用することはできません。

正確には使用することはできますが、燃費が悪化したり、不具合が起こりやすくなったりします。

引用:http://kygnus.jp/products/barn/check/02.html

ガソリン車とハイブリッド車のオイルでは何が違うかというと、オイルの粘度が違います。

一般的に、ガソリン車はドロドロの粘度が高めのオイル、ハイブリッド車はサラサラな粘度が低めのオイルを使用しています。

フォレスターエンジンオイルのおすすめ

引用:https://news.infoseek.co.jp/article/goodspress_170958/

ガソリン車は、ガソリンを爆発させて走行しますが、ハイブリッド車(e-BOXER)は、モーターのみでの走行はできないものの、モーターが走行をアシストしてくれます。

よってハイブリッド車では、常にガソリンを爆発させて動かすわけではないので、燃費も変わりオイルの役目もかわってくるのです。

 

通常はこの違いだけで済むのですが、スバルは独自の水平対向エンジンを使用しているので、少しやっかいです。

一般のエンジンと比較すると、ノイズが出やすかったり、オイルの消費量が多かったりします。

ただこれは、オイルによって改善できる場合もあるので、オイル選びは慎重に行った方が良いと思います。

フォレスターエンジンオイルのおすすめ

引用:https://www.cockpit.co.jp/shop/107/diary/38138/

水平対向エンジン専用オイルなんてのも存在しますが、こだわる方は専用オイルを使うというのもいいでしょう。

ガソリン車、ハイブリッド車のオイルについて理解していただけたと思うので、次に私がオススメするオイルを3つ紹介したいと思います。

SUBARU MOTOR OIL

シーンや車種を選ばないトータルバランスに優れる万能オイルでガソリン車用。

フォレスターのエンジンオイルSUBARU MOTOR OIL

引用:https://minkara.carview.co.jp/userid/522600/car/453971/5789455/parts.aspx

SUBARU MOTOR OIL ECO

スバル車のために開発された、省燃費性能スバル純正NO.1のサラサラオイルでハイブリッド車用。

フォレスターのエンジンオイルおすすめSUBARU MOTOR OIL ECO引用:https://minkara.carview.co.jp/userid/2680250/car/2252908/8876574/parts.aspx

Castrol SLX Professional

強力なエンジンオイル保護性能で、ハードなドライブ好きも満足させるオイルでガソリン車用。

フォレスターのおすすめエンジンオイルCastrol SLX Professional

引用:http://www.miyagi-subaru.co.jp/post_report/484

これらは、全て純正品になりますが、やはり安心の面からも純正品が一番良いと思います。

スバルもカストロールのオイルを使用しているようですが、カストロールを使用しているメーカーさんは最近増えましたね。

カストロールなら、ディーラーでなくとも、カー用品店やホームセンターなどでも購入することができます。

引用:http://www.suzutaka.com/service_tenken.html

なぜ純正品が良いかというと、スバルには、3パターンに合わせたメンテナンスパックが用意されています。

新車購入時、車検時、中古車購入時の3種類です。

 

これだけパターンがあるというのは、ユーザーにとって嬉しいことですね。

加入には条件があるものの、入っておいて損はないと思います。

何かあったときに安心ですからね。

 

オイルの粘度から考えるとオススメする粘度は、ガソリン車には10W30、10W50ハイブリッド車には0W20、0W30が良いと思います。

粘度によって燃費も変わってくるので、様々な粘度を試してみるのもおもしろいです。

生活環境や季節、使用状況によって変わる部分もあるので、一概に「これです!」とは言い切れない部分もあるんです。

スポンサーリンク

フォレスターエンジンオイルの交換時期と量

フォレスターエンジンオイルの交換時期と量

引用:https://b-cles.jp/car/maintenance/flat_engine.html

スバル特有の水平対向エンジンということで、オイルの量が多いのではないかと思う方もいると思います。

独特の音がするエンジンなので、ディーゼル車をイメージする方もいるかもしれませんね。

結論から言うと、一般的なエンジンと同じと思ってもらって大丈夫です。

オイルの量についてですが、一般的な2リッタークラスの車と変わりありません。

フォレスターエンジンオイルの交換時期と量

引用:http://xn--n8ji4313brs5a3fc.jp.net/sinsyaoiru.html

オイル交換時の量について調べてみました。

・4.6L(フィルター交換無し) 

・4.8L(フィルター交換あり)

フォレスターのエンジンオイルも一般的な量ですね。

フォレスターエンジンオイルの交換時期と量

引用:http://motor7.jp/?p=205

カー用品店やホームセンターで売られている、大きめのサイズのものが4L入りなので、毎回1缶と少し使用するイメージです。

他メーカーの車とエンジンオイルの量は変わらないということがわかると思います。

次に交換時期ですが、スバルホームページで次のように記載されています。

約1年、または約10,000kmごと
(理想では約6か月または、約5,000kmごとのどちらか早い方で実施)

こちらも一般的な車と変わらないですね。

引用:https://matome.response.jp/articles/1133

どんな症状があったらオイル交換をした方が良いのかも掲載されていたので紹介します。

・エンジンの調子が悪くなった
・スムーズに加速しない
・パワー不足を感じる
・エンジン音が以前より大きくなった
・以前より燃費が悪くなった

気づきやすいのは、発進や加速時のスムーズさがなくなった時だと思います。

揺れだったり、音が大きくなったりするので、小さな変化を感じれるようにしましょう。

ですが気付かない方も多いので、そういう方には燃費で見るしかありません。

 

燃費が悪くなった時点で、オイルはかなり劣化しているということなので、早急なオイル交換が必要となります。

この辺のタイミングが難しいんですよね。

オイルは車を動かさなくても劣化するので、3ヶ月、6か月、1年という期間を決めてやるのが交換を忘れることもなくおすすめの方法です。

スポンサーリンク

フォレスターエンジンオイル交換、ディーラーか量販店どっちが良い?

先ほど紹介したメンテンナンスパックに加入していれば、ディーラーでの交換となりますが、加入していない場合は、量販店や整備工場などでの交換となります。

まずはディーラと量販店での価格について調べてみました。

オイルによって大きく変わってしまいますが、一般的な相場として考えてください。

・量販店 1000~3000円

フォレスターエンジンオイル交換、ディーラーか量販店

引用:https://www.chengchia.com.tw/ja/html/album/show.php?pid=167&cid=52

・ディーラー 5000円~15000円

フォレスターエンジンオイル交換、ディーラーか量販店

引用:http://www.friend-auto.net/

やはりディーラーのほうが、ずば抜けて高いですね。

ただ個人的にはディーラーのほうが安心だと思います。

フォレスターエンジンオイル交換、ディーラーか量販店

引用:https://www.webcartop.jp/2018/08/265497

年代物の車に乗っている友人がいて、以前、量販店でオイル交換をしてもらったのですが、帰り道にオイルのランプがついたそうです。

車の下回りを確認したら、なんとオイルのドレインボルトがついていなかったそうです。

信じられないミスですよね。

オイルを抜くだけ抜いて終わってボルトを締めるのを忘れてしまったのでしょうね。

低料金ですぐに交換してくれるのがメリットですが、交換してくれる人によって技量に差があるというデメリットもあります。

それに比べてディーラーは、プロがきちんと確認して誰がオイル交換しても同じ品質でやってくれるというのがメリットですね!

引用:http://www.ideal-hp.com/shop/peugeot-sendai.html

ただフォレスターなどの水平対向エンジンには、グレードの高いオイルを使用したほうが良いという意見も多いです。

相場を見てもらってもわかりますが、1回のオイル交換で1万円を超える国産車は数少ないと思います。

様々な選択肢がありますが、オイルの種類が多く、低価格で交換できるのは量販店ですが、技術に不安が残ります。

ディーラーは、メーカー専用オイルの中から選び、高い技術で交換してくれるので、価格は高くなります。

私でしたらディーラーを選びますが、予算の問題が一番大きいと思うので、じっくり下調べをしたうえで決めたいですね。

フォレスターエンジンオイルのおすすめ、時期と量 まとめ

フォレスターのエンジンは、オイルにシビアなエンジンなので、オイルの種類、交換時期が重要になってきます。

ですが、一般的な車の交換サイクル、交換量と同じです。

専用オイルが販売されるほど、オイルの種類は充実していてオイル選びで車の寿命に差が出てくるので、価格は高くなりますが、ディーラーでの交換をオススメします。

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

買い取り、下取りは大損!

①ディーラーは新車がメイン、買取店と比べると買取価格が安くなる。

②少しでも愛車を高く売るなら、オークション型買取がおすすめ!

③「セルカ」なら最大6000社から買取価格を提示!

④一番高い価格の業者に売るだけ!連絡は1回のみ!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・オークションなので、価格が上がりやすい

45秒であなたの車を無料査定してみる