SUVファン

SUVをメインにした車の総合サイト

新型レクサスLXとベンツGゲレンデを比較!買うならどっちがおすすめ?

新型レクサスLXとベンツGゲレンデを比較!買うならどっちがおすすめ?

【9割が成功!】誰でもできる車体価格10%以上の値引きをする方法

①ディーラーでの下取り、買取店は大損!

②購入の際、ある方法でディーラーと値引き交渉!

大幅値引きでグレードアップやオプションをつける!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・最大50万円高く売れる

45秒であなたの車を無料査定してみる

最も知名度が高い高級自動車ブランドの一つであるメルセデスベンツ。

そのメルセデスベンツの中で最も売れている車種の一つであるGクラスは元々軍用車としてのルーツがあります。

軍用車として悪路を走る走破性と無骨なデザインとして愛されて、40年近く外観のモデルチェンジがありませんでした。

そんなGクラスですが2018年にフルモデルチェンジをしてから街中で目撃する機会が格段に増えました。

経済的に成功したビジネスマンがステータスの一つとして乗っている光景も決して珍しくありません。

それに対してレクサスのLXは、TOYOTAのランドクルーザーがルーツにあります。

こちらもGクラスと同じようにステータス性と愛される圧倒的な走破性があり、オンロード、オフロード問わず優雅な移動体験を提供してくれる車です。

今回の内容を見れば、ベンツGクラスとレクサス新型LXのエクステリア、インテリアの比較や燃費性能や特徴的な装備を知ることができます。

スポンサーリンク

レクサス新型LXとベンツGクラスのエクステリアを比較

昨今のトレンドに乗るようにLXはライトが横長に対して、Gクラスは反対に丸形です。

LXのグリルはフロントマスク全面にインパクトのあるグリルに対して、Gクラスは控えめです。

しかし、GクラスにはG63という通常のGクラスよりもハイグレードが存在します。

こちらはLX程ではありませんが、通常のGクラスよりも迫力が増すデザインとなります。

他には、G63になるとマフラーの位置がサイドになったりホイールのデザインがより高級感を持ちます。

どちらの車種も流石はフラッグシップSUVということもあって、横幅は堂々の1900mm越えです。

正直なところ、狭い駐車場等ではどちらも苦労をしそうな点は否めないです。

逆に車高はLXの方が1900mm未満で若干低くなっておりますが、どちらも車重が2.4tを超えているので立体駐車場での駐車は断られる可能性が高いですね。

大まかなエクステリアの差としてはLXの方がフロントウィンドウの角度が寝ているのに対して、Gクラスは角度が垂直に近いです。

それによって走行時の視認性はGクラスの方が高くはなりますが、空気抵抗が強くなってしまいます。

逆にLXの方は視認性がGクラスよりも劣りますが、走行時の空気抵抗が少なくなるので運転が楽になります。

どちらも普通自動車としては超重量級なので走行時に風の影響は大きくないですが、影響の少なさの面ではLXに軍配が上がります。

ボディーカラーはGクラスが12色に対してLXは7色でメルセデスに軍配が上がります。

では、気になるインテリアはどのような違いがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

レクサス新型LXとベンツGクラスのインテリアを比較

先代のGクラスから大幅に進歩したので、現行のGクラスは他のメルセデスと同様のインパネでコマンドシステムの採用となっております。

そのため、現在の流行であるタッチ式ではなく中央のコマンドを操作して確実に入力する形式となっております。

ハンドルも他のメルセデス同様にマルチファンクションが付いた仕様となっています。

シフトレバーも他のグレードと同様にコラム式となっております。

LXも先代から確実に進歩しておりインパネ周りのモニターの枚数が増えています。

タッチ式を多用しており他の自動車でも多く見受けられるシフトレバー式を採用しております。

面白い機能としては盗難対策のために指紋認証でのエンジンスタートになっています。

LXは盗難車の24%を占めるほど被害を受けています。

Gクラスとの大きな違いとしては、LXにはエグゼクティブグレードという後部座席の快適さを重視した仕様があります。

SUVブームは様々なカテゴリーの車種にも影響を及ぼしました。

その中でもロールスロイスやベントレーなどの後ろにVIPを乗せて走ることが重視されるブランドにもSUVが登場しました。

メルセデスベンツの場合は、それがメルセデスマイバッハというメルセデスのサブブランドで選ぶことができ、その中でもGLSマイバッハがメルセデスにおけるSUVのショーファーカーとして活用されています。

それに対してLXは車種の変更をする必要なくエグゼクティブグレードを選ぶことで、通常ならば3列シートである設計を2列シートの仕様で注文が出来ます。

スポンサーリンク

レクサス新型LXとベンツGクラスの価格や燃費、装備を比較

Gクラスは1000万円~2500万円程度と価格に1500万円程度の差があります。

これはエンジンの出力やグレードの違いが大きく関係してきます。

対してLXは1200万円~1800万円と価格レンジは600万円程度でGクラスよりも狭くなっております。

エンジンの出力以外としては、LXはガソリンエンジンしか採用していないのに対して、Gクラスはガソリンエンジンとディーゼルエンジンも採用しております。

ディーゼルエンジンとしての特徴はエンジン音がトラックのような音になってしまいますが、燃料代もハイオクガソリンと比較して単価も3割以上安くて燃費が格段に上がります。

この価格帯の車の持ち主には燃料代が最重要視される可能性は決して高くはないかもしれませんが、給油するという手間が少なくなるのは確実にメリットとなります。

燃費が良くなるのはメリットですが、排出ガスをキレイにするために定期的にアドブルーという液を入れる必要があります。

対してLXはガソリンエンジンしかなく、かつそのグレードはV6とV8があります。

環境への配慮を考える必要もありGクラスのようなV8エンジンは今後廃れていく可能性があります。

Gクラスにはグレードが大きく分けて4種類(対してLXにはの3グレードがあります。

納車まで2年~4年待ちの状態

フルモデルチェンジをしたとはいえGクラスも2018年の登場ですから、より新しいLXの方が機能性や装備に利点があります。

その反面、LXはデビューしたてかつ中東からの受注が沢山ありすぎて納車まで4年程度を要すると言われます。

半導体不測の影響もあるのでGクラスも長いですが2年程度で納車されます。

LXは中古であっても高い耐久性が魅力で世界中から需要があるので、どうしても盗難対策が必要不可欠となります。

そのために指紋認証でのエンジンスターターがありますが、対策されるのは時間の問題です。

Gクラスも人気なのは間違いありませんが、LXほど盗難対策に気を遣う必要がないのはメリットです。

どちらも納車までに時間を要するため中古相場で所謂プレミアがついております。

そのためどちらを買っても大きく損をする可能性は低いので、ステータス性重視の方にはGクラスを、自宅で盗難対策に注力ができて高い実用性や最新の設備を求める方にはLXをおすすめします。

【9割が成功!】誰でもできる車体価格10%以上の値引きをする方法

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

買い取り、下取りは大損します!

①ディーラーは新車がメイン、買取店と比べると買取価格が安くなる。

②少しでも愛車を高く売るなら、一括査定がおすすめ!

③成功率90%!誰でもかんたんに成功する!

この方法を詳しく知りたい方はこちら