SUVファン

人気SUVについての総合サイト

ランドクルーザーとレクサスLX【高級SUV】を比較!どっちがおすすめ?

ランドクルーザーとレクサスLX【高級SUV】を比較!どっちがおすすめ?

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

①ディーラーでの下取り、買取店は大損!

②売却はオークション型の「安心車.jp」が一番高い!

③購入の際、ある方法でディーラーと値引き交渉!

大幅値引きでグレードアップやオプションをつける!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・最大50万円高く売れる

45秒であなたの車を無料査定してみる

トヨタランドクルーザーとその姉妹車であるレクサスLX。

どちらも迫力満点のボディーサイズで日本を代表する高級SUVです。

ランドクルーザーは世界中で人気が高く、走りや性能の信頼が高い車種でアウトドアがよく似合うアクティブな車です。

一方、レクサスLXは街中をスーツで運転しても様になるラグジュアリー感漂うオシャレなSUVです。

もちろん価格や仕様用途も違うため、購入層も違ってくるのが当然ですが、今回はこの姉妹車をあえて比較してみます。

内装の豪華さや実燃費、馬力などを比較して、どっちがおすすめなのかを解説します。

スポンサーリンク

 ランドクルーザーとLXのエクステリア、内装比較

レクサスLX570のフルモデルチェンジ情報 新開発ラダーフレームとハイブリッドエンジン採用 - COBBY

引用:https://cobby.jp

引用:https://autoc-one.jp/

レクサスLXはベースがランドクルーザーではあるものの、そのエクステリアはまったく違います。

5mを超える大柄なボディーがよりLXの存在感を強調しており、フロントのスピンドルグリルに切れ長なヘッドライト、またバンパーに配置されている鋭いシェイプのフォグランプなど、

SUVでありながらスタイリッシュなエクステリアとなっています。

LEXUS ‐ LX

引用:https://lexus.jp/models/lx/

レクサスLXのエクステリアは、豪華な本革シートや12.3インチワイドモニター、広い内装はどの席に座っても開放的な気分になります。

メタルや本革、ウォールナットの木目などをセンス良く組み合わせて、上質感を演出する室内に仕上がっています。

エアコンには、「ナノイー」を搭載しており、車内の空気をキレイな状態に保ちます。

またベンツやBMWでもお馴染みのGPS補正アナログ時計が装備されています。

LXに装備されているアナログ時計

当初は3列シート8人乗りのみでしたが、2017年8月には2列シート5人乗りモデルを追加されています。

ランクルとLXの違いを比較!エンジンと内装に秘密があった - COBBY

引用:https://cobby.jp/lankle-lx.html

シートには高級素材の本革を全席に使用し、後席は視点が高くなるように設計されており、後部座席からも景色が見えて開放感を保つ工夫がされています。

引用:https://www.suv-land.jp/

一方でランドクルーザーはLXほどボディーサイズは大きくありませんが、それでも4.9mと迫力あるサイズになります。

LXと比べると、ボディーは丸みを帯びたデザインを採用しており、フロントグリルはスピンドルではなく3本の太いグリルを採用しています。

ヘッドライト、フォグランプはマイナーチェン後からLEDになり、視認性も高くなっています。

フロントグリルと一体感のあるヘッドライトのデザインも良いですね。

トヨタ ランドクルーザー | トヨタ自動車WEBサイト

引用:https://toyota.jp/landcruiser/

Special edition Toyota LandCruiser 200 Sahara Horizon launched

引用:https://www.whichcar.com.au/

内装についてはアウトドアを重視しているためLXほど力を入れていませんが、シートに至っては触り心地のよいプレミアムナッパ本革を採用しています。

レクサスLXに劣らず、乗り心地もよく快適さも充分に考えられた上質な車内となっています。

アウトドアが似合うランドクルーザーですが、グレードによっては高級車としての品格も備えています。

内装・使い勝手】ランドクルーザーの内装ってどんな感じ?居心地やインテリアを深掘り! | カルモマガジン

引用:https://car-mo.jp

安全装備は、歩行者や障害物を検出するプリクラッシュセーフティがランドクルーザー200から搭載されている装備でレクサスLXと共通です。

これら装備については実はランドクルーザー200から搭載されている技術を再利用されているので大きな差はありません。

一方でランドクルーザーは、シリーズ200から路面コンディションをコンピューターが自動で判断し駆動配分を変えるシステムを採用しており、不安定な道でも安定した走りができます。

そのため、よりアクティブでアウトドアなど幅広い分野において活動できるのはランドクルーザー200シリーズに軍配が上がります。

LXは8速ATでランドクルーザーの6速よりも2段多いのは、やはりオンロードでの走行性能やオーバードライブギヤによる燃費効率を考えての事で、ギア比を見ても、レクサスLXは乗用車に近い、オンロード仕様のギヤ比に近くなっています。

マシン自体のポテンシャルについては、ランドクルーザーとレクサスLXは共通シャーシであるため一見すると性能差はなさそうに思えますが、LXの排気量は5.7L、ランドクルーザー200は4.7Lと1L以上も差があるため、パワーについてはLXが高くなります。

しかし、その分、燃費性能はランドクルーザーが有利になります。

スポンサーリンク

トヨタランドクルーザーとレクサスLXのグレードと価格比較

ランドクルーザーは4つのグレードが設定されており、482万円台~697万円台という価格帯になります。

なお、GXグレード以外は3列シートの8人乗り仕様になっています。

特に人気のグレードは最上級のZXと中級グレードのAXです。

内装の豪華さやホイールなどの違いで価格が変わりますが、エンジン性能においては同じであるため走りのみを重視する方はGXでも十分満足できます。

一方レクサスLXについては、国内のSUVで唯一1千万以上するSUVで、価格は1135万円となっており、グレードは1つのみです。

ランドクルーザーと比較した場合、安全装備は共通システムですが、スマートカードキーに対応するなどの他空気圧警告灯を装備するなど一部システムに異なりがあります。

また、エンジン自体の性能も異なりランドクルーザーは4.8Lであるに際して、レクサスLXは5.7Lといった違いがあり、エンジンが大型化されています。

レクサスは高級感を出すためにアナログ時計やセミアニリン本革シートを全席使用するなどの努力をしており、一方でランドクルーザーは悪路を走破するために様々なシステムを導入しているためコンセプトが異なると言えます。

スポンサーリンク

ランドクルーザーとLXの実燃費比較

トヨタ ランドクルーザー|価格・新型情報・グレード諸元 - 価格.com

ランドクルーザーは燃料にガソリン、特にハイオクを使用しての走行を主としておりますが、トヨタのホームページにはレギュラーガソリンも使用可能と記載されています。

最高出力は318馬力で、実燃費はハイオクで平均5.78㎞となっています。

LEXUS ‐ LX

一方でレクサスに関しては完全なるハイオクを使用して走行することを想定して作られているエンジンで、最高出力377馬力、実燃費は3.5~5.7km/Lとなっています。

レギュラーガソリンについてはエンジン性能を著しく低下させ、損傷させる恐れがあることから推奨されていません。

燃費においては基本的には排気量に比例していますのでランドクルーザーのほうが燃費が良いと言えます。

ランドクルーザーにおいてはガソリン以外にディーゼルという選択肢もありますが海外のみの販売となっています。

ランクルプラドであれば、ディーゼルの設定もあり、その場合、実燃費は市街地で9.6km/Lとなり大幅に燃費が向上します。

トヨタランドクルーザーとレクサスLXどっちがおすすめ?

ランクルとLX570

トヨタランドクルーザーとレクサスLXはどっちがおすすめなのかですが、使用目的が主にアウトドアで普段行くことができない道を走行するということであればランドクルーザーがおすすめです。

安全装備として路面をAIが自動で判断し適正な駆動配分にするなどの機能もランドクルーザーをおすすめする要因で、悪路を走行する場合においては高い安定性能を誇ります。

また、LXに比べ、車両自体が市場に多く流通しているため、外観を損傷しても即座に修理可能であることです。

両車ともシャーシは同じなので、どちらもホイールベースは2,850mm、最小回転半径は5.9mと大回りになります。

一方でラグジュアリー感を求めるなら、内装にも力を入れているレクサスLXをおすすめします。

安全装備についてはランドクルーザーと同じですが、高級感を漂わせる全席革製シートや高級車に使われているアナログ時計を採用するなどインテリアにもこだわりがあります。

街乗りでも、あまり見かけることがないので存在感を放ち目立つこと間違いありません。

どちらもトヨタの技術の結晶であり、素晴らしい車ということは言うまでもありません。

あとは、使い道や見た目の好み、そして価格ということになりますね!

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

買い取り、下取りは大損!

①ディーラーは新車がメイン、買取店と比べると買取価格が安くなる。

②少しでも愛車を高く売るなら、オークション型買取がおすすめ!

③「安心車.jp」なら最大8社から買取価格を提示!

④一番高い価格の業者に売るだけ!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・オークションなので、価格が上がりやすい

45秒であなたの車を無料査定してみる