トヨタRAV4とスバルXVを比較【サイズ・燃費・装備】一番人気グレードは?

【車・査定】30万円~80万円の差!なぜ?

なぜ車を売るときにこんなに差が出るのか?

なぜ【一括査定】が楽・かんたん・お得なのか?

↓その理由はこちらをクリック!↓↓

トヨタRAV4とスバルXVは同じSUVとして比較されることがありますが、ボディーサイズや燃費等や装備なども気になるところです。

見た目は、トヨタRAV4とスバルXVのボディーサイズは、どちらも同じくらいの大きさに見えます。

ボディーサイズや燃費、装備はどちらが優れているのかを比較していきます。

スポンサーリンク

トヨタRAV4とスバルXVのボディーサイズと室内の広さを比較!


引用:https://toyota.jp/rav4/index_a.html

トヨタRAV4は5代目から再び日本で販売されるようになったクロスオーバーSUVです。

一方、スバルXVはインプレッサのハッチバッグモデルと共用となっています。

ボディーサイズや室内サイズはどれくらいの広さなのかを比較していきます。

トヨタRAV4とスバルXVのボディーサイズ比較


引用:https://toyota.jp/rav4/index_a.html

トヨタRAV4のボディーサイズは「全長4600×全幅1855×全高1685mm」です。

ボディサイズが大きいからという理由で、運転しにくいのかといえば、まったくそんな事はありません。

フロントガラスが大きいので、左右にいる歩行者の動きを確認しやすく、後方のリアガラスも視認性が高くSUVの弱点である後方確認も比較的良い車です。

トヨタRAV4は室内が広い分、逆に死角が多くなります。

それをカバーするために、トヨタRAV4はグレードによって「デジタルインナーミラー」が標準装備なので、後方の死角もほとんどなくなります。


引用:https://toyota.jp/rav4/index_a.html

「デジタルインナーミラー」は、バックドアにカメラが取り付けられていて、後方の確認をカメラを通して確認をすることができます。

なので、後方の死角もどういう状況なのかが、わかるようになっています。

スバルXVのボディーサイズは「全長4465×全幅1800×全高1550mm」です。

トヨタRAV4と比較すると、全体的にトヨタRAV4のほうがボディーサイズは大きいです。

トヨタRAV4 全長4600×全幅1855×全高1685mm
スバルXV 全長4465×全幅1800×全高1550mm

スバルXVもアラウンドビューモニターをオプションで取り付けれることができるので、周囲の状況をモニターで確認することができます。

トヨタRAV4とスバルXVの室内サイズ比較


引用:https://toyota.jp/rav4/index_a.html

トヨタRAV4とスバルXVの室内サイズは、以下の通りとなります。

ボディーサイズはRAV4の方が大きかったですが、室内サイズはスバルXVの方が広い設計になっています。

運転席と助手席の間も余裕があり、きゅうくつな感じは一切しません。

スバルXV室内

引用:https://www.webcartop.jp/2017/05/115686/2

引用:https://www.carsensor.net/contents

 

一方、トヨタRAV4の運転席や助手席も広々としていて、ゆったりと運転することができます。

後部座席の足元はけっこう広いので、ゆったりと座ることが出来ます。

横幅も余裕があるので3人乗車しても、それほど狭いとは感じないでしょう。

トヨタRAV4室内

引用:https://cardays.net/自動車/rav4-size

スポンサーリンク

トヨタRAV4とスバルXVの実燃費比較!

トヨタRAV4にはガソリン車と、ハイブリッドがあります。

カタログ燃費はガソリン車で「15.2km/L」で、ハイブリッドで「20.6km/L」です。

スバルXVにもガソリン車と、ハイブリッドグレードで「アドバンス」があります。

ガソリン車のカタログ燃費は「16.2km/L」で、ハイブリッドのグレード「アドバンス」のカタログ燃費は「19.2km/L」となっています。

では実燃費は、どれくらいなのかトヨタRAV4とスバルXVの比較をしていきます。

トヨタRAV4の実燃費に関する口コミ


引用:https://toyota.jp/rav4/index_a.html

オーナーさんの口コミ

・街乗りで10km/Lくらいで高速で15km/Lくらいです。

・一般道で18km/L程度に落ち着いてきた感じ。

・市街で11km/L、郊外では16km/Lぐらいです

450キロ走行で高速を6割で最高速度100キロで20.7キロです。
 一般道が増えれば燃費落ちるでしょうがエクストレイルより良いでしょう。

トヨタRAV4はカタログ燃費よりも、実燃費のほうが良いときもあるようです。

口コミでは一般道で「18km/L」と言う実燃費を出している人もいますので、運転の仕方しだいでかなり差があるようです。

スバルXVの実燃費に関する口コミ


引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/

続いてスバルXVの実燃費をみてみましょう。

オーナーさんの口コミ

市街地燃費はリッターあたり10キロ少々、しかし高速道路の燃費は素晴らしく、リッター15キロ少々は走ります。ハイブリッドでない普通の2000㏄のフルタイムAWDでこれだけの燃費はありがたい

市街地での燃費は良くないです。エアコン使用では二桁に届きません。

街乗り、チョイ乗り、高速道路、アイドリング全て混ざって12~14km/Lぐらい
 燃費重視で選んでいないので特に不満無し。

市内だけ燃費はリッター11キロ台
 市街地燃費はリッター13.5キロ 
 長距離燃費はリッター14.5キロ
 高速でエコクルーズでリッター18キロぐらいです。

スバルXVで市街地走行をしたという口コミでは、「11km/L」と言う声がありました。

良くても「15km/L」ということで、トヨタRAV4と実燃費はあまり変わりはないという結果になりました。

スポンサーリンク

トヨタRAV4とスバルXV それぞれの人気グレードを比較


引用:https://toyota.jp/rav4/index_a.html

トヨタRAV4とスバルXVは、どちらも外観はとてもカッコ良くデザインで選ぶなら、かなり迷うところです。

車を選ぶ場合は、デザインだけではなく機能や装備なども比較して、満足できそうな車を選ぶほうが良いでしょう。

次はトヨタRAV4とスバルXVの人気グレードを比較していきます。

トヨタRAV4とスバルXVの室内装備比較


引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/

トヨタRAV4の人気グレードはトヨタ公式を参考にすると「HYBRID G」です。

「HYBRID G」には「TRAILモード」が装備されています。

「TRAILモード」とはブレーキをかけたときに、反対側のタイヤにトルクがかかるように制御し、設置するタイヤに最適な駆動トルクを配分することにより、悪路でもスムーズに脱出することができます。

つまり、片方のタイヤが「ぬかるみ」にはまり空転しても、反対側のタイヤにトルクが加わり、「ぬかるみ」から脱出できるということです。

トヨタRAV4には、「エコモード」「ノーマルモード」「スポーツモード」の、3つのモードがあります。

この3つのモードは走行する状況に応じて、最適な走りを自分で選択することができます。

実際に試乗して、それぞれのボタンを操作してみましたが、体感的に走りはそこまで変わらなかったです。

営業マンの方も「あまり変化ないですけどね」と、苦笑しながら説明していました。

ハイブリッドの方は「パワーバックドア」が装備されますが、ガソリン車の方は「ハンズフリーバックドア」が装備されます。

人気グレードに関しては、私自身がトヨタディーラーの営業マンに直接質問をしました。

その結果、ガソリン車では「G“Z package”」が人気グレードらしいですが、理由は「ハンズフリーバックドア」と19インチホイールに惹かれるお客さんが多いだそうです。

 

この記事が動画でご覧になれます。

トヨタRAV4とスバルXVの安全装備比較


引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/

スバルXVの人気グレードは、「2.0i-S アイサイト」です。

装備としては「運転席&助手席8ウェイパワーシート」や、18インチホイールが目立つグレードです。

機能面と装備面に惹かれて「2.0i-S アイサイト」を選ぶ人が多いかもしれません。

スバルXVの一番の魅力は「アイサイトセイフティプラス」です。

車の左斜め後ろは死角になることが多いのですが、センサーにより死角に車がいるときに車線変更をしようとすると、警報と表示により運転手に注意を促します。

長距離ドライブで疲れにくくする「全車速追従機能付クルーズコントロール」なども装備されています。

安全装備に関して比較するとトヨタRAV4はスバルXVより劣ります。

しかし、運転のし易やすさやデジタルインナーミラーなどの装備を見ると、トヨタRAV4も負けてはいません。

トヨタRAV4とスバルXVの比較 まとめ


引用:https://toyota.jp/rav4/index_a.html

トヨタRAV4とスバルXVを比較してみて、どちらもメリット・デメリットがありました。

燃費に関しては、両車ともそこまで大きな差はありません。

しかし、安全装備に関してはスバルXVが、機能面に関してはトヨタRAV4のほうが優れている感じでした。

実際に試乗して乗り比べてみて、自分に合った運転しやすい車を選ぶことをおすすめします。

欲しかったSUVを値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

「SUVが欲しいけど予算オーバーだ…」

「新型SUVをなるべく安く買いたい…」

「もう少し上のグレードが欲しいけど高い!」

「値引き交渉がどうも苦手で…」

「今の愛車を高く売りたい!」

など、SUVの購入を検討してるけど、悩みが尽きない…

車を購入するときは、いろんな悩みが出てきますね。

家族や友達に相談しても、どうにもならないし、クラウンには手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使わないと損します!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

一括査定サイトを使うと、大手買取会社が最大10社であなたの車の買取価格を競ってくれるので、結果的にあなたの車の価格が吊り上がるのです!

車の査定は後回しにすると損・損・損!!