SUVファン

SUVをメインにした車の総合サイト

マツダ3の燃費比較!ガソリン車とディーゼルはどっちがお得?

マツダ3の燃費比較!ガソリン車とディーゼルはどっちがお得?

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

①ディーラーでの下取り、買取店は大損!

②売却はオークション型の「安心車jp」が一番高い!

③購入の際、ある方法でディーラーと値引き交渉!

大幅値引きでグレードアップやオプションをつける!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・最大50万円高く売れる

45秒であなたの車を無料査定してみる

マツダ3にはガソリン車とディーゼル車が、ラインナップされています。

ディーゼル車の燃費とガソリン車の燃費は、同じマツダ3でも全く違うのです。

マツダ3のガソリン車とディーゼル車の実燃費と、カタログ燃費を紹介していきます。

そして、マツダ3のガソリン車とディーゼル車は結局どっちがお得なのか、一般道や高速道路を走行した時の燃費を、ガソリン車とディーゼル車それぞれ紹介していきます。

引用:https://www.mazda.co.jp/

スポンサーリンク

マツダ3 ガソリン車の燃費

引用:https://www.mazda.co.jp/
マツダ3はガソリン車の「1500cc」「2000cc」と、ディーゼルの「1800cc」があります。

マツダ3のガソリン車とディーゼル車のカタログ燃費を、まずは紹介していきます。

ガソリン車のカタログ燃費

引用:https://www.mazda.co.jp/
ガソリン車のカタログ燃費は、「ファストバック」も「セダン」も同じです。

燃費は「WLTCモード」で計測され、燃費を表示しています。

WLTCモードとは世界統一試験サイクルという試験方法の一つで、走行環境に応じた燃費を知ることができる方法です。

マツダ3の燃費はWLTCモード燃費 「16.6km/L」です。

市街地モードでは、「13.7km/L」となっています。

 

マツダ3の1500ccと2000ccを市街地モード同士で比較しても、あまり違いがなく、少し頑張れば2000ccでも1500ccの燃費に、勝てそうな気がします。

マツダ3(ガソリン車)のカタログ燃費は、次の通りとなります。

ガソリン車の実燃費

引用:https://www.mazda.co.jp/
マツダ3の実燃費は発売されて間もないため、e燃費や価格ドットコムなどでは、まだ実燃費情報がないというのが現状です。

そんな中で、みんカラの情報ですがマツダ3の実燃費は「13.2km/L」となっています。

引用:https://www.mazda.co.jp/
高速道路を走行したという実燃費も今はまだない状態なので予想してみますね。

マツダ3のWLTCモード燃費 高速道路モードは「18.4km/L」です。

マツダ3の実燃費「13.2km/L」と、WLTCモード燃費 市街地モードのカタログ燃費がほとんど変わらないので、高速道路モードもそれほど変わらないか高速なのでそれ以上と予想されます。

※マツダ3で高速道路を走行した時の予想される実燃費は「17km/L~20km/L」だと考えられます。

CX-3の高速道路の実燃費が「20km/L」になっているので、マツダ3も実燃費が「20km/L」前後になると思われます。

スポンサーリンク

マツダ3 ディーゼル車の燃費

引用:https://www.mazda.co.jp/

マツダ3のディーゼルのカタログ燃費WLTCモードは「19.8km/L」です。

ガソリン車と比較をすると、ディーゼルのほうが燃費が良いのが特徴です。

市街地モードの場合は、「16.4km/L」となっています。

ガソリン車の市街地モードよりも、「2.7km/L」ディーゼルのほうが、燃費が良いです。

ディーゼルの高速道路モードの燃費は「21.8km/L」で、ガソリン車の高速道路モードよりも、かなり燃費が良いみたいですね。

マツダ3(ディーゼル)の、カタログ燃費は以下のとおりです。

ディーゼル車の実燃費

引用:https://www.mazda.co.jp/
マツダ3のディーゼルの実燃費は、市街地走行で「14.5km/L」です。

マツダ3の燃費情報自体が、かなり少ないため高速道路等のデータはまだありませんが、みんカラの情報をもとにすると、「14.5km/L」のようですね。

ディーゼルの加速に関しては、ガソリン車と比較すると発進がモッサリしているとのことでした。

人によても加速は感じ方が違いますが、ディーゼルターボでも加速はガソリン車のほうが上のようです。

スポンサーリンク

ガソリン車とディーゼル車の維持費 どっちがお得?

マツダ3の購入を考えている方は、維持費がどれくらいになるか気になるのではないでしょうか。

マツダ3はファストバックやセダンには、「1500cc」「2000cc」「1800cc」の3種類のエンジンがあります。

1500cc自動車税は「34,500円」となります。

2000ccと1800ccは「39,500円」で、1500ccとの差は「5000円」です。

マツダ3を維持していくためには、オイル交換などもしていく必要があります。

オイル交換時期は、ノンターボの場合は「15,000kmまたは1年」です。

値段的に「4000円」くらいで、大手カー用品店で販売しています。

引用:https://www.mazda.co.jp/
ディーラーにもよりますが、8,500円でオイル交換をしてくれる店もあります。

マツダのクリーンディーゼルの場合は、「アドブルー」を補充する必要がないので、そのぶん安く費用を抑えられます。

アドブルーってなに?

クリーンディーゼル車両にも採用されている排気ガスをクリーンにするために使用されている尿素水

NOx(窒素酸化物)』をクリーンにするために使われる

ディーゼルのオイル交換費用はディーラーによりますが、3000円クラスで交換が可能だという口コミもありました。

マツダディーラーに聞いたところ、基本的に以下の値段だと思ったほうが無難です。

オイルのみ交換時:\9000円前後

オイル+フィルター交換時:\12000円前後

ディーゼルは軽油なので、燃料単価がガソリンよりも安いのがメリットです。

なので、年間の燃料代はディーゼルのほうが、かなり安く抑えられるので単純に考えると、ディーゼルのほうがお得だと言えます。

まずは、マツダ3の車両価格について、紹介をしていきます。

 

この記事が動画でご覧になれます。

ガソリン車とディーゼル車の車両価格、

パーフォレーションレザー・レッド マツダ3

引用:https://www.mazda.co.jp/
マツダ3のガソリン車の車両価格は、ファストバックで「2,181,000円~2,719,200円」です。

セダンになると少し値段が上がり、「2,470,000円~2,649,000円」となります。

ファストバックのディーゼルになると、200万円を超えて300万円近くなります。

ファストバックとセダンの車両価格は、以下にまとめてみました。

ガソリン車とディーゼル車の税金

引用:https://www.mazda.co.jp/
マツダ3は以下の税金を、支払わないといけません。

・自動車税

・重量税

・自動車取得税

マツダ3の排気量に関しての自動車税は、以下の表を参考にしてくださいね。

表を参考にしていただくとわかりますが、ガソリン車とディーゼルは値段が変わりません。

1500ccは別としてハイブリッドの「1800cc」と、ガソリン車の「2000cc」の自動車税は同じ金額です。

マツダ3の車両重量は「1,340kg」なので、重量税は1年あたり「12,300円」となります。

重量税は車検と一緒に支払う税金でディーゼルもガソリン車も同じです。

ガソリン車とディーゼル車の年間の燃料代の比較

引用:https://www.mazda.co.jp/
マツダ3のガソリン車とディーゼル車が、1年間1万キロ走行するとして「みんカラ」にあった実燃費で計算をしてみました。

その結果は、以下の通りとなります。

年間の燃料代といっても、ときには渋滞があったり、信号機が少なくて、スイスイ走れたりと、いろいろな道路状況が考えられます。

人によって運転の仕方が違い、燃料の減り方も変わるので確実に表の通りになるとは限りません。

表を確認するとディーゼルのほうが、「21,484円」ガソリン車より安いです。

みんカラの口コミを見ると、ディーゼルは走りに関しては期待しないほうが良いようです。

燃費と燃料代を考えればディーゼルのほうがお得と言えますね。

マツダ3の燃費比較!ガソリン車とディーゼル まとめ

引用:https://www.mazda.co.jp/
ガソリン車もディーゼルも、自動車税は同じ金額です。

重量税もほとんど変わらない税額だったので、維持費に関してはほぼ同じような感じだと言えます。

基本的に、ディーゼルのエンジンオイルのほうが、値段が高いので年間のメンテナンス代を考えるとディーゼルのほうが若干高くなりそうですね。

結局どっちがお得なのかと言えば、燃料代が安いディーゼルだと言えます。

理由は、燃料代が安いし、燃費も良いからです。

ガソリン車、ディーゼルどちらもメリット、デメリットがありますが、マツダ3の購入を考えいる方は、値引き額以上に安く購入する方法があるのでオススメですよ!

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

買い取り、下取りは大損します!

①ディーラーは新車がメイン、買取店と比べると買取価格が安くなる。

②少しでも愛車を高く売るなら、一括査定がおすすめ!

③「安心車jp」なら社から買取価格を提示!

④一番高い価格の業者に売るだけ!連絡は1回のみ!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・ガリバーやビッグモーターなどの優良企業なので安心!

45秒であなたの車を無料査定してみる