SUVファン

人気SUVについての総合サイト

CX-5で車中泊するには?シートアレンジとグッズで段差をなくす方法とは?

CX-5で車中泊するには?シートアレンジとグッズで段差をなくす方法とは?

愛車が一番高く売れる方法とは?

①ディーラーでの下取り、買取店は大損!

②売却はオークション型の「安心車.jp」が一番高い!

③購入の際、ある方法でディーラーと値引き交渉!

大幅値引きでグレードアップやオプションをつける!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・最大50万円高く売れる

1分であなたの車を無料査定してみる

SUV車として人気の高い「マツダCX-5」は2012年に初代モデルが登場して、最近では2017年の2月にモデルチェンジしました。

車を通勤や買い物だけでなく、旅行の足として車中泊に使う方もいるでしょう。

「箱形のワゴン車なら車内を広く使えそうだけど、CX-5で車中泊はどうなの?」という声も聞かれます。

今回の記事では、マツダCX-5のシートアレンジと車中泊グッズについてご紹介します。

 

CX-5で車中泊

引用:https://車-life.jp/wp-content/uploads/2018/11/cx-5%E3%81%AE%E5%86%85%E8%A3%857.jpg

スポンサーリンク

CX-5で車中泊は可能か?画像で紹介!

CX-5で車中泊

引用:https://www.rakuten.ne.jp/gold/onlystyle/carmatrev/mazda/cx5/444_3.jpg

まず車中泊に密接に関係するのが「室内サイズ」です。

「マツダCX-5」の室内サイズは、

・室内長 1,890mm
・室内幅 1,540mm
・室内高 1,265mm
となっています。
この限られた室内サイズを最大限に活かすのに役立つのがシートアレンジと車中泊グッズです。

CX-5のシートアレンジとグッズで段差をなくそう!

先程ご紹介した室内サイズを見ると、大人が横になる余裕はありそうです。
しかし、シートアレンジをしても座席に段差が生まれますので、これを解消するために車中泊グッズを使ってより快適にしましょう!

シートアレンジと「マツダCX-5」のオフィシャルサイトに掲載されていた車中泊グッズについて解説します。

フラットなシートアレンジが可能

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/interior/functionality/

上の画像のように、後部座席のリモコンレバーを引けば、ラゲッジルームから運転席・助手席の後ろまでフラットな空間が生まれます。

これは「マツダCX-5」の全車に共通するシートアレンジの方法の1つです。

さらに車中泊グッズを使うことで、より快適なドライブを楽しむことができます。

ラゲッジトレイ(ハードタイプ)

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/accessories/detail/KF436-6010/

画像はハードタイプのラゲッジトレイです。

車中泊では、車の中で飲食したり、雨に濡れたものを積み込むこともあります。

このハードタイプのトレイは、防水加工になっているので、汚れてもサッとふき取ることができストレスなく室内で過ごすことができます。
海や山、スキーなどに行ったあと、濡れたものや汚れたものを積んでも室内にしみこまず、お手入れも簡単にできるのが特徴です。

ラゲッジトレイ(ソフトタイプ)

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/accessories/detail/KF436-7543/

ハードタイプのようなゴツゴツ感に抵抗のある方には、画像のようなソフトタイプがオススメです。

ソフトタイプと言っても、荷物を載せる時に起きやすい傷などから車内をしっかりと保護することができます。

ベッドクッション

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/accessories/detail/KF474-5182/

車中泊にあると便利なベッドクッションです。

長距離ドライブでは、「いかにドライブの疲れやストレスを取り除くか?」が安全運転の鍵となります。

このベッドクッションを使えばCX-5のシートアレンジに段差のない室内空間を作り出すことができます。

また枕もセットされているので、車中泊にはぜひ用意しておきたいグッズですね!

 

さらに燃えにくい素材を使用しているので、室内でたばこを吸う方や調理器具を使う方にもおすすめです。

折りたためば、ラゲッジスペースに収納できるので場所も取りません。

このように、「マツダCX-5」には室内空間を最大限有効活用できるグッズがあり、車中泊がより楽しくなるでしょう♪

 

以下の記事ではおすすめのSUV車3選、車中泊でのメリットやデメリット、おすすめグッズについてご紹介します。

CX-5の車中泊グッズであったら便利なもの!

市販されているグッズの中にも「マツダCX-5」の車中泊を快適にするものが多くあります。

車中泊をするために、あったら便利なものをご紹介します。

サイドタープ

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/accessories/detail/KF474-5360/

キャンプ場などアウトドアのシーンで車中泊をすることもあるでしょう。

このサイドタープは、屋根に吸盤で固定するだけで設置できるので簡単です。

夏場の暑さをしのぐことや、プライバシーの確保にも役立ちます。

サイズは縦2,500㎜×横2,500㎜×高さ2,200㎜と十分な大きさなので、この下にテーブルセットなどを置いて食事をすることも可能です。

 

この記事が動画でご覧になれます。

サンシェード

引用:https://www.amazon.co.jp/CX-5

車中泊で一番気になるのは「車外からの視線」ではないでしょうか?

このサンシェードを使えば、CX-5の全ての窓に隙間がないようにでき、車内での睡眠や着替えに重宝するでしょう。

また、太陽の光も遮断してくれるので、CX-5の車内でゆっくりと安眠することもできます。

カーインバータ

引用:https://www.amazon.co.jp/
車中泊は長時間になるため、スマホなどの充電は欠かせないものです。
カーインバータを使えば、USBケーブルでスマホなどを充電できるだけでなく、コンセントも付いているため小型の冷蔵庫などにも対応できます。
このように、「マツダCX-5」には車中泊に役立つ周辺グッズも多く販売されています。
スポンサーリンク

CX-5の車中泊グッズとシートアレンジ まとめ

CX-5で車中泊

引用:https://www.rakuten.ne.jp/gold/onlystyle/carmatrev/mazda/cx5/444.jpg

いかがでしたか?

今回は「マツダCX-5」のシートアレンジと車中泊グッズについてご紹介しました。

昔の車は一部の箱型ワゴンを除いて居住スペースは限られており、またシートアレンジも乏しく車中泊は快適なものとは言えませんでした。

しかし、各自動車メーカーは様々な工夫を凝らしており、「マツダCX-5」も多くの方が満足のいく仕上がりとなっています。

また多くの車中泊グッズが販売されており、個人の好みでカスタムして組み合わせることで、さらに車中泊が楽しいものとなるでしょう!

「マツダCX-5」で素敵な車中泊を楽しんでいただければと思います。
また、これからCX-5の購入を考えている方には、値引き額からもっと安く購入できる裏ワザもお伝えしますので、お得にCX-5 を購入してくださいね!

SUVを値引き額から、さらに50万円安く購入する裏ワザとは?

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

買い取り、下取りは大損!

①ディーラーは新車がメイン、買取店と比べると買取価格が安くなる。

②少しでも愛車を高く売るなら、オークション型買取がおすすめ!

③「安心車.jp」なら最大8社から買取価格を提示!

④一番高い価格の業者に売るだけ!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・オークションなので、価格が上がりやすい

1分であなたの車を無料査定してみる