SUVファン

SUVをメインにした車の総合サイト

マツダCX-60が日本発売!価格は600万円越えか?外装や内装は?

マツダCX-60が日本発売!価格は600万円越えか?外装や内装は?

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

①ディーラーでの下取り、買取店は大損!

②売却はオークション型の「安心車jp」が一番高い!

③購入の際、ある方法でディーラーと値引き交渉!

大幅値引きでグレードアップやオプションをつける!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・最大50万円高く売れる

45秒であなたの車を無料査定してみる

「マツダCX-60って、どんな車になるのかな?」

「価格が高いみたいだけど、インテリアや装備はどうなの?」

「CX-60発売まで待った方がいいのだろうか?」

など悩む方もいるのではないでしょうか?

マツダはヨーロッパで公開した新型クロスオーバーCX-60について、日本向けモデルを発表しました。

CX-60はマツダが導入するラージ商品群であるCX-70やCX-80、CX-90などの第1弾です。

最大のトピックが新世代の後輪駆動プラットフォームを採用しているということです。

需要が高まることが予想されるSUV市場において、次々とリリースする予定です。

ヨーロッパで公開されたCX-60は直列4気筒2.5Lガソリンエンジンや電動モーターなどを組み合わせた、プラグインハイブリッド・システムが搭載されたモデルです。

2列シートを採用しており、SUVとしてはミッドサイズになります。

今回は、日本での発売が予定されているマツダCX-60のエクステリアとインテリアの紹介、またエンジン性能や燃費について解説していきます。

スポンサーリンク

 マツダCX-60のエクステリアの特徴

マツダC-60のエクステリアについて、自然と調和しながらタフさと緻密さなどを追及しており、機能などを通じて表現されたデザインになっています。

大型フロントグリルやスポーティなホイールが特徴的で、流れるようなルーフになります。

グレードはExclusive LineやHomura、Takumiなどがあり、トップグレードのTakumiの場合、約730万円になるでしょう。

20インチのホイールを採用していたり、フロントグリル回りにはクロームメッキが施されています。

ラジエターグリルが目を引くようになっており、強い個性を感じることが可能です。

空間の静けさや美しさなどを強調したミニマルなアプローチになっており、ダッシュボードにソフトファブリックを使ったインテリアなども採用されています。

運転手や同乗者に対して新しい体験を提供しており、上半分は外光による明るくクリーンな世界になっており、下半分は影に沈むというコントラストを体験することが可能です。

持続可能なモビリティに対してマルチソリューション的なアプローチを行っており、適切なタイミングにおいて適切なソリューションを利用することができます。

スムーズで効率的に運転することができ、力強い加速を実現することができるでしょう。

街乗りはもちろんアクティビティなど幅広い走行シーンに対応することができ、ドライバーに対して安心感を与えることができドライビングの楽しさも体験することが可能です。

カラーについてヨーロッパではソウルレッドクリスタルや、マシーングレーなど8色のボディカラーを選択できます。

スポンサーリンク

マツダCX-60のインテイリアの特徴

マツダCX-60のインテリアはナッパレザーや、メープルウッドなどが使われています。

2列シートの仕様になっており、顔認証システムであるドライバー・パーソナライズシステムが搭載されているので便利です。

専用カメラを使ってドライバーを認識することができ、シートやハンドル、ヘッドアップディスプレイやエアコンなどの設定を自動的に呼び出すことができます。

先進の安全技術が採用されており、高い360度カメラシステムを利用することが可能です。

より見やすくなっており、ヒルディセント・コントロールは滑りやすい道路や、荒れた道路などでも安全に運転することができます。

アダプティブクルーズ・コントロールは交通標識認識機能などが追加されており、インテリアは高級車並みです。

ウッド部分は淡いカラーを選択することができ温かみがあります。

レザーはホワイトになっており、アクセントとしてブラックを使っており絶妙なデザインです。

ディスプレイがインパネ上部に設置されていますが、それほど大きくはなく控えめになっています。

上質な空間になっており、ディスプレイは操作しやすいです。

ディスプレイなどの装置はできるだけミニマムになっており、車内空間を妨げるようなものはありません。

プレミアムな仕上がりになっており、メープルウッドやナッパレザーといった素材には独自加工された、日本のテキスタイルやクロームの装飾などを眺めることが可能です。

インテリアはドライバーを中心に人馬一体思想を踏襲しており、ディテールへのこだわりを感じることができます。

スポンサーリンク

マツダCX-60のエンジンや排気量、燃費、価格

英国マツダのホームページでは、ベースグレードとなる「エクスクルーシブ・ライン」が日本円で約665万円、また最上級の「タクミ(匠)」は約727万円となっており、高級SUVに匹敵する価格になっています。

日本ではどのくらいになるか未定ですが、このままの価格では「かなり高い」という印象をもつユーザーは多いでしょう。

マツダCX-60は2.5L自然吸気4気筒のガソリンエンジンを採用しており、電気モーターを8速トランスミッションと組み合わせています。

327ps出力と50.9kg-mトルクを発生するマツダにおいて強力なモデルです。

17.8kWh(キロワットアワー)バッテリーを採用しており、電気で約63km走行することができます。

0~100km/h加速は5.8秒で、複合サイクルのCO2排出量は33g/kmと言われています。

3.3Lディーゼルエンジン車や3.0L化した次世代SUVです。

CX-60は新しい後輪駆動プラットフォームが搭載されており、このプラットフォームはCX-80やCX-70などに使用される予定です。

プラットフォーム開発においてダイナミックな魅力が引き出されており、重量配分の最適化やダブルウィッシュボーンタイプのフロントサスペンションなどが採用されています。

マルチリンクタイプのリアサスペンションが搭載されており、新しい技術であるキネマティックポスチャー・コントロールを標準装備される予定です。

フラットなコーナリングを実現することができ、全長4,745mm、全幅1,890mm、全高1,675mmになります。

CX-5よりも大きなサイズで、フロントエンドの処理やそのシルエットが特徴的です。

CX-60にはマツダで最初になるプラグインハイブリッド車のCX-60 PHEVが提供されます。

マツダCX-60の足回りや駆動方式

マツダCX-60はラージ商品の第1弾で、2列シートのミッドサイズになります。

環境に優しく安全性能を備えながら、一般道や長距離ドライブなど余裕を持って運転を楽しむことができるモデルです。

後輪駆動用アーキテクチャーが採用されており、2.5L直4ガソリンエンジンや、電動モーターを合わせたプラグインハイブリッドシステムが搭載されています。

フロントがダブルウイッシュボーンタイプで、リアはマルチリンクタイプです。

KPCが採用されており、リア内輪に制動をかけることによってロールを抑制しつつ、車両を安定することができます。

マツダでは最も強力なロードカーと言われており、インテリアには最高水準の技術が搭載されており、人間工学なども採用されています。

マツダは世界的に需要が高いSUVマーケットにおいて、CX-60を含むラージ商品4車種を導入する予定で今後の展開が楽しみです。

元ディーラーが暴露する、値引き額より50万円安く買える方法

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

買い取り、下取りは大損します!

①ディーラーは新車がメイン、買取店と比べると買取価格が安くなる。

②少しでも愛車を高く売るなら、一括査定がおすすめ!

③「安心車jp」なら社から買取価格を提示!

④一番高い価格の業者に売るだけ!連絡は1回のみ!

この方法を詳しく知りたい方はこちら

・ディーラーのように安く下取りされない。

・買取店のように安く買い取りされない。

・ガリバーやビッグモーターなどの優良企業なので安心!

45秒であなたの車を無料査定してみる