SUVファン

人気SUVについての総合サイト

実際にあったトラックドライバーの感動する話、さらに奇跡が!

実際にあったトラックドライバーの感動する話、さらに奇跡が!

【車・査定】30万円~80万円の差!なぜ?

なぜ車を売るときにこんなに差が出るのか?

ディーラーは安く下取りするので絶対ダメです!

完全無料、1分ほどであなたの愛車の査定額がわかります!

2010年、受験シーズン真っ只中のその日、日本海側は大雪に見舞われました。

そんな中、一人の女子中学生とその母親が受験前日の夜、試験会場から300km以上離れた場所で足止めになってしまいます。

絶望的な状況に二人は一度は諦めかけましたが、その後、信じられない奇跡が!

スポンサーリンク

女子中学生の夢

受験会場に向かう人たちにとって交通機関のダイヤの乱れは特に気がかりなはず。

少女は、中1の頃に航空自衛隊のブルーインパルスを見たときから、パイロットになる夢を持ち続けていました。そして中3になったとき、石川県輪島市にある航空高校を受験することにしました。

両親からは学費の高い日本航空高等学校は私立なので最初は進学を反対されました。

しかし、少女は実技が学べる日本航空高等学校に行きたかったので、推薦入学がダメならあきらめると約束し受験に挑みました

スポンサーリンク

母の思い

入試前日の2010年1月16日、少女とお母さんは新幹線で新潟県長岡市まで行きました。

そこから電車とバスを乗り継いで高校のある輪島まで行く予定でした。ところが、その日の新潟はあいにくの大雪。

乗るはずだった列車が運休してしまったことを知ります。

時刻は午前0時。

航空高校までの道のりは、まだ300km。

このままでは試験開始の9時に間に合わないかもしれないと同時に夢は「終わった」と思いがこみ上げてきます。

「もう間に合わない」と母とともに立ちすくむ静かなホームで少女は泣きだします。

しかしお母さんは諦めていませんでした。

娘の夢のために何かできる事はないかと必死に考えた母は、あるアイディアにたどり着きます。

「ヒッチハイクしかない・・」

この可能性にかけてみることにした母と娘は高速道路のインタージェンジまで歩き、大雪が降りしきる中、数台に断られながらも母は必死に石川方面に向かう車に傘を振り回して合図。

吹雪の中を約2時間半歩き続けました。

10km先の給油所までたどり着きましたが、吹雪の中ではもうこれ以上歩けません。この給油所で乗せてもらえる車を待ちました。

 

そしてやっと停まってくれた車を2台乗り継ぎ、午前2時半に新潟県直江津駅に到着しますが、電車はもちろん動いていません。途方に暮れる瑠美子さんをお母さんは再び励まし、2人は少しでも前進しようと雪の中を歩きつづけました。

試験まで残り4時間。時間は刻々とせまっています。

午前5時、24時間営業のガソリンスタンドにたどり着いた2人はそこに停車していた1台の運送トラックを見つけます。

トラックは神戸へ向かう途中だったため、金沢までなら乗せてもらえることになりました。

運転手さんの優しさに感謝

親子を乗せたトラックは北陸道を走り、新潟から富山、そして石川へ。

道中、お母さんは運転手のおじさんに、ことの成り行きを話しました。

おじさんは無口でしたが優しい男性で「寝た方がいいよ、受験でしょ」「お母さんも疲れたでしょう?」と気遣ってくれました。

やがて石川県に入ると国道の分かれ道にきました。

「金沢までなら」という約束で乗せてくれたおじさんは仕事で神戸に向かわなければいけません。

しかし彼は、何も言わずにそこから神戸方向ではない北へと走り始めます。

途中で彼はトラックを路肩に止めると、外に出て電話で配送先に連絡をしていました。

「本当にすみません。時間が4時間ほど遅れそうです」

無口なおじさんが一言、二人に言いました。

「輪島までいっちゃる」

このままのペースだと金沢着が7時半、金沢に到着しても試験会場の輪島まではバスで2時間以上、試験開始の9時には間に合わないことを彼は心配してくれたのです。

 

そこから試験会場の輪島まではおよそ100km。

おじさんにとっては往復で200kmのロスになります。

配送先に4時間遅れてまで送ってくれると言う彼に、母娘は感謝の言葉が見つかりませんでした。

試験開始の約10分前に2人は学校に到着。

欠席だと連絡を受けていた受験生が大型トラックに乗って到着したことに、学校側も驚きました。

出迎えた学校の教職員が、乗せてくれた運転手にお礼を言おうとしたら、

おじさんは、

「うちの娘も受験生だから気持ちはよく分かる」と控えめに語り、「がんばってね」と励まして去って行きました。

 

スポンサーリンク

試験会場でも奇跡が!

少女は、トラックのおじさんのおかげで無事入試に挑むことができました。

そして作文試験に出題された課題を見て驚きました。

そのタイトルは

『私が感動したこと』

少女は迷うことなく、直前まで起こった「感動」をありのまま書き記しました。

深夜に見ず知らずの親子を運んだ運転手さんの温かさ、

「絶対にあきらめない」と懸命に車を探してくれた母

 

後日、少女のもとに合格通知が届けられました。

真っ先にあのおじさんに知らせたかったのですが、連絡先はわかりません。

少女は「感謝の気持ちを周りの人に少しずつ返していきたい」と思って、現在は航空会社で頑張っています。

 

欲しかったSUVを値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

車は下取りではなく買取りを使わないと損します!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

無料で大手買取会社が最大5000社で車の買取価格を競ってくれるので、あなたの車の価格が吊り上がるのです!

結果的に、ディーラーに下取りを出すよりも欲しい車を安く購入することができます。

車の査定は後回しにすると損・損・損!!