SUVファン

人気SUVについての総合サイト

スピード違反、交通マナーの多い県ワースト5

スピード違反、交通マナーの多い県ワースト5

【車・査定】30万円~80万円の差!なぜ?

なぜ車を売るときにこんなに差が出るのか?

ディーラーは安く下取りするので絶対ダメです!

完全無料、1分ほどであなたの愛車の査定額がわかります!

日頃、車を運転していると、交通マナーの悪い車に出会うことがありませんか?

急な割り込み、スピード違反、信号無視など、交通マナーの悪さにイラっとしたり、ヒヤッとしたことがある人はいるでしょう。

今回は、警察のデータをもとにスピード違反や交通マナーの悪いワースト5をお伝えします。

あなたの住んでいる県が入っているかもしれませんね!

スポンサーリンク

第5位 京都府

京都府は観光スポットが多くあり一見穏やかに見えますが、スピード違反が多い県第5位です。

車に乗っていてもルールを無視しているところは、京都府の人はウインカーを出さない人もいるし、止まれがあっても徐行しながら走ることをしない人が多いです。

人口の密度は狭い中、歴史があり基本的に自分の体は自分で守り、他の人のことはあまり考えない人が多いです。

サービスをすることが嫌だという無関心な人が多くスピード違反をしています。

しかし誰かが死亡した、交通事故に遭った数は京都では少ないというデータがあります。

運転者の自覚が足りない人が多い一方、京都の取り締まりはあまり厳しくないため、自分勝手な運転をする人が多いようです。

スポンサーリンク

第4位 長崎県

第5位の京都府の人とは違い、長崎県の人は優しい人が多くいます。

しかし交通事故や運転のマナーが悪いのは京都と同じです。

海と山に囲まれている町並みのため、どこへ行くにも市の中心部を通るような構造になっています。

市内は路面電車も通っているので、初めて来た方は慣れないため運転が難しいようです。

問題は取り締まりが厳しくないところです。

取り締まりが厳しくないから少しスピード出しても誰にも怒られないし、違反にならないし、リスクもあまりないと自意識過剰な人が多くいます。

そのため、スピード違反の検挙数は第4位となっています。

取り締まりさえあればきちんと守る県ですが、取り締まりが少ない上に調子に乗っている人が多くいます。

運転をすると自分に自信が出てしまい黄色信号などの急にアクシデントが起こっても感情を変えるのが難しいため、止まらず走行してしまいます。

第3位 石川県

石川県や北陸地方は関東と比較すると車を走っている数が少ないため、逆を言うと自由自在に走ることができます。

前に誰も走っていないからスピードが簡単に出てしまうのか、スピード違反検挙数は第3位です。

また、基本的に車間距離は狭いという意見が多く、後続車は煽っているつもりでなくても、煽られている感じがするという声もあります。

他には、ウインカーを出すタイミングが遅いというデータもあり、車が曲がり始めるまで点灯しないようです。

ひどい人になると、ウインカーを出さずに曲がる人もいるようです。県外から仕事の転勤で来る人は、まずこれに驚きます。

道路事情の悪さ、渋滞事情も影響して強引な運転をしないといけない状況になっているのも事実です。

スポンサーリンク

第2位 大阪府

大阪の車も人も自分勝手な車が多いです。

普段から大阪は物を値下げしたりしようと頑張るところがあり、自分にとって利益があればいいという都合のいいように解釈する人間も多くいます。

この性格が運転にも出ており、少しスピード出しても大丈夫、言い返せば問題ないという考え方をする人も多くいます。

その結果、スピード違反検挙数は第2位です。

交通マナーが悪そうなイメージでは、大阪がダントツとなっています。

引用:しらべぇ

他の都道府県に来たら分かりますが、大阪府から来た人間が運転している車はナンバープレートを見なくてもすぐ分かるほど乱暴な運転をしています。

また大阪府は大きい道路も多いし人口が多いために交通量も多いです。

10年ほど前に大阪で「引きずり事故」がありました。

歩行者が車に引っかかった状態で数キロ逃走して遺棄したという痛ましい事件がありました。

車が歩道に突っ込んできたといった事故も大阪である場合が多く、全国最悪と言われて大阪人自身が納得するほどです。

さらに、大阪の人からも最悪と言われるのが「和泉ナンバー」です。

 

大阪の運転について「青は進め、黄色は進め、赤は気をつけて進め」という冗談のような言葉もあります。

第1位 北海道

北海道がスピード違反検挙数が1位の理由は運転のマナーの悪さ以前に地形に問題があります。

車が走る道路は真っすぐ伸びた道が多く信号が少ないため、どうしても自然にスピードが出てしまいます。

さらに雪もよく降るためスリップや視界不良など事故が起きやすい土地的な問題もあります。

人はいい人ばかりですが車が少ない上に走りやすい条件が整っているためにスピードが出てしまいます。

北海道で片側一車線と言っても、東京や大阪と比較すると、かなりの違いがあります。

また、ある程度都会である札幌を除けば、車が生活する上で必需品となります。

最近では北海道のスピードを取り締まるために、速度を早めに抑えるように注意を促しています。

高速道路でも雪が降っている上にスピードを出すと早いですが、早めに規制をかけるように注意を配っています。

北海道のように土地柄、環境にゆとりがあると、人間自体もいい意味で「おおらか」悪い意味で「雑」になりがちです。

スピード違反、交通マナーの悪い県 まとめ

今回お伝えした交通マナーの悪い県ですが、すべての人がこのような運転をするわけではありません。

スピード違反については警察のデータをもとにランク付けをしています。

北海道が1位となっていますが、交通マナーではJAFの調べでは「香川県」となっています。

「県民性」などもあるでしょうし、人によってもマナーの悪さの感じ方は様々なので、一概にどこが一番悪いと言えるわけではありません。

中には、他の県の方が交通マナーやスピード違反が多いと思う方もいるでしょう。

ただ1つ言えるのは、どこの県の方が悪いなどというのではなく、日頃からみんなが交通マナーを守って思いやりを持つことが、事故の減少につながるのではないでしょうか。

 

 

欲しかったSUVを値引き額から、さらに50万円安くなる裏ワザとは?

お客さんお客さん

いくらまで値引きができますか?

ディーラーディーラー

お客様の車の下取りと合わせて、20万円の値引きですね。

お客さんお客さん

えっ?たったの20万円?

お客さんお客さん

思ってたより、安くならないな~、どうしよう…

このままだと、グレードを下げる…、仕方なく中古車にする…、最悪あきらめて他の車にする…ということになってしまいます。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します!

車は下取りではなく買取りを使わないと損します!

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者なら80万円になることもよくあります。

無料で大手買取会社が最大5000社で車の買取価格を競ってくれるので、あなたの車の価格が吊り上がるのです!

結果的に、ディーラーに下取りを出すよりも欲しい車を安く購入することができます。

車の査定は後回しにすると損・損・損!!